2016年10月13日

「吊り橋の真ん中」へ連れていく前に



 先日、お酒の席で、ある話が始まりそうになった。私自身と直接関係がある話ではなかったが、私は「その話をするのはやめてほしい」と言ってしまった。これから始まるその話は、いまの私にはきっと耐えられない、怖い話だと思ったからだ。でも、結局その話は始まり、私は思わずトイレへ「避難」した。

 それがテレビから聞こえてくる発言ならば、私は電源を消すことができる。それが新聞や雑誌に掲載されている文章ならば、私はページをめくることができる。だが、目の前の相手はテレビでも雑誌でもない。あの時の私は恐怖を避けるため、相手が話している途中でもその場を離れるしかなかった。

 他の人の目には、私が急に不機嫌になったように見えたかもしれない。あるいは単純にトイレへ用を足しに行っただけに見えたかもしれない。でも、実際はそのどちらでもなかった。あの時、私は怖くて逃げた。

 相手はその話が私を怖がらせることを知らなかった。私が逃げたのは誰のせいでもない。しかし、そのことを相手に説明するのは難しい。「私に謝ってほしいということなのか」と誤解される可能性がある。「あいつの『地雷』が何なのか分からないから、あいつともう関わるのはやめよう」と思われる可能性もある。



 私がなぜこんな話をしているのかというと、「人によって怖いものは違う」(宮地尚子)からだ。結局のところ、残念ながら、私たちは相手が何を怖がっているのかよく知らない。よく知らないまま相手と接している。悪意はなくとも、私たちは、高所恐怖症の人を吊り橋の真ん中へ連れていっているかもしれない。

 そして実は本人も、自分が何を怖がっているのか、あらかじめ把握できていなかったりする。だから、「ああ、このまま連れていかれると怖いな」と感じた時点で、「その話は怖い」と言い合えるようでありたい。そうすれば私もあなたも、相手の怖がる話をしないで済む。相手を吊り橋の真ん中へ連れていかずに済む。

 どうしてもその話をしなければならなかったり、その話をすることが理に適っていたりすることもある。そういう環境に私たちがいることもある。ただし、そういう環境下でも、せめてトイレへ「避難」することは許されていてほしい。私にも、あなたにも、すべての人に許されていてほしい。

 「その話は怖いからやめて」と言う人や、トイレに「避難」する人のことを面倒くさがる人もいるかもしれない。でも、不機嫌になっていると誤解されたくない。会話の途中で突然席を立つ失礼なやつだと片付けられたくない。どうせ面倒くさがられるとしても、本当のことで面倒くさがられたい。――そう思うときはある。

posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年09月06日

“コメディ化”された番外編 『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』


先日、TOHOシネマズ川崎で
映画『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』(字幕版)を観ました。

alice_through_the_looking_glass.jpg


 <あらすじ>
貿易船での長い航海を終えて帰郷したアリス(ミア・ワシコウスカ)は、
「アンダーランド」の帽子屋マッドハッター(ジョニー・デップ)が
家族を失った悲しみゆえに心を閉ざしていることを知る。
過去にさかのぼり、かつて殺されたマッドハッターの家族を救うため、
アリスは「時間の旅」(=タイムトラベル)に出ることを決意するが……。



全世界でヒットした『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)から6年。
まさか続編が製作されるとは思ってもみませんでした。
ましてや前作では『不思議の国のアリス』の登場人物だけでなく
『鏡の国のアリス』の登場人物も登場し、原作キャラは“品切れ”状態。
前作を監督したティム・バートンが再びメガホンを取るならまだしも、
別の人物が監督を務めると聞いた時は、嫌な予感しかしませんでした。

そしていま、映画を観終わった感想を率直に申し上げましょう――。
『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』はとんでもなく面白かった!
前作が「ファンタジードラマ」「ファンタジーアクション」だとしたら、
本作は「ファンタジーコメディ」「ファンタジーアトラクション」。
キャラクターも物語も前作で出来上がっていることを逆手にとって、
世界観はそのままに、『アリス――』の“コメディ化”に成功したのです。

成功もむべなるかなで、なにしろ本作の監督はジェームズ・ボビン。
長編デビュー作『ザ・マペッツ』(2011年)で最高の娯楽精神を現出し、
エンターテインメントとコメディの融合にこだわってきた制作者です。
続編というよりは番外編として、前作からちょっとだけ逸脱する――。
この度の『アリス――』のコメディ化には、『グレムリン』(1984年)と
『グレムリン2 新・種・誕・生』(1990年)の関係性を思い起こされます。



『アリス・イン・ワンダーランド』の見事なコメディ化の背景として、
“タイム”役:サシャ・バロン・コーエンの活躍に触れずにはいられません。
21世紀を象徴するこのコメディアンは映画俳優としても折り紙つきで、
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(2007年)でも
与えられた以上の役割をこなし、表現者としての新境地を開きました。
(かくいう私も、他人の作品で演技するコーエンが好きだったりします。)

ルイス・キャロルの原作に登場しない“タイム”というキャラクターは、
コーエンのような芸達者にしか演じることができなかったでしょう。
敵でもなく味方でもなく、虚構の存在でもあり現実的な存在でもあり、
重厚さもいかがわしさも求められるキャラクターを、彼は演じ切りました。
もちろん、演技を引き出すボビンの演出力も高く評価されるべきで、
本作はボビンの「ディレクター」としての才気が輝く作品でもあります。

バートン監督の前作が「夢の強さと脆さ」をテーマにしていたとすれば、
本作は「現実は怖くない」というメッセージを優しく訴えている作品です。
「過去は変えられない」という非情な事実を娯楽に変換できるのは、
コメディというものが現実に照準を合わせているからにほかなりません。
いつだって、コメディは夢の中にではなく現実の中にあるのです。
現実を意識する本作は、コメディ的であるがゆえに躍動していました。
(もっとも、それは「ニワトリが先か、卵が先か」という話にすぎませんが。)



 <おまけ>
サシャ・バロン・コーエンのエッセンスを詰め合わせたものといえば、
やはり、2013年ブリタニア・アワード授賞式での「車椅子コント」でしょう。
「車椅子に乗っている高齢の女性」を悲惨な目に遭わせたことよりも、
神聖不可侵の「チャップリン」という権威を利用したことが衝撃的でした。

posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年09月03日

みつよしが選ぶ! 21世紀の偉大な映画ベストテン(予告編付き)


21st_centurys_greatest_movies.jpg


 先日、イギリスの放送局BBCが「21世紀の偉大な映画ベスト100(The 21st Century's 100 greatest films)」を発表しました()。

 さすがに現在の私には100本を選ぶ気力も体力も知識もありませんが、昨年(2015年)10月にこのブログで公開した「これぞ傑作! 私の映画オールタイムベスト」が大好評だったことだし(?)、10本だけ選んでみました。

 題して、「みつよしが選ぶ! 21世紀の偉大な映画ベストテン」。
 10作品に順位はありません。原題のアルファベット順でご紹介します。
 なお、「これぞ傑作! 私の映画オールタイムベスト」で取り上げた『クリビアにおまかせ!』(2002年)と『監督・ばんざい!』(2007年)は除外しました。



<< The 21st Century's 10 greatest films >>


 ● 『21ジャンプストリート』 (2012年/米)
   監督:フィル・ロード&クリストファー・ミラー
   脚本:マイケル・バコール


 一時期流行った「ブロマンス映画」の延長線上にあると見せかけておきながら、そんな枠組みを笑いの力で軽く超越している。ちなみに、続編の『22ジャンプストリート』(2014年)も本作に勝るとも劣らない傑作。続編であることを逆手にとったギャグがメタになりすぎていなくて心地よい。



 ● 『ブルージャスミン』 (2013年/米)
   監督・脚本:ウディ・アレン


 自分は『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)で映画人生を締めくくるような人間じゃないんだぞ、とでも言うかのようにウディ・アレンが解き放った『ブルージャスミン』。悲劇と喜劇は紙一重どころかイコールであり、人生は征服しようとすべきものではなく寄り添うべきものなのだ。



 ● 『シカゴ』 (2002年/米)
   監督:ロブ・マーシャル
   脚本:ビル・コンドン / 作詞・作曲:ジョン・カンダー&フレッド・エッブ


 『雨に唄えば』(1952年)がミュージカル映画の歴史を変えた作品だとすれば、『シカゴ』は21世紀のミュージカル映画の在り方を示した作品だろう。カメラワークではなく編集で魅せる面白さ、「映画」としての完成度の高さ。天国のボブ・フォッシーもこの出来にはきっと満足なはず。



 ● 『銀河ヒッチハイク・ガイド』 (2005年/英)
   監督:ガース・ジェニングス
   脚本:ダグラス・アダムス、キャリー・カークパトリック


 名作SF小説をついに映画化してしまった『銀河ヒッチハイク・ガイド』。イギリス人のシュールでシニカルなユーモアが炸裂している。そして、ラストシーンで流れる『さようなら、いままで魚をありがとう』のオーケストラの美しさよ――。ありきたりで奇跡的な毎日を生きていこう。



 ● 『J・エドガー』 (2011年/米)
   監督:クリント・イーストウッド
   脚本:ダスティン・ランス・ブラック


 私はこの作品をラヴストーリーとして観た。同性愛がとにもかくにも特別なものとして描かれがちな世界にあって、巨匠イーストウッドは一切の偏見を切り捨てる。同性同士だからといって鍵カッコ付きの「夫婦」や「カップル」には落とし込まない。イーストウッドの演出は実にたくましい。



 ● 『ライフ・アクアティック』 (2004年/米)
   監督:ウェス・アンダーソン
   脚本:ウェス・アンダーソン、ノア・バームバック


 ウェス・アンダーソン作品を観ると、まるで古きよき海外小説を読んだ後のようなカタルシスを得る。孤独で不器用で本当は優しい者たちが織り成す人間ドラマ。中でも『ライフ・アクアティック』はアートとコメディの要素を絶妙にかけ合わせ、生きることの真実に迫った名作だ。



 ● 『モンスターVSエイリアン』 (2009年/米)
   監督:ロブ・レターマン、コンラッド・ヴァーノン
   脚本:マヤ・フォーブス&ウォーリー・ウォロダースキー、
       ロブ・レターマン、ジョナサン・エイベル&グレン・バーガー


 このフルCGアニメ作品を楽しめるか否かが私にとっての「映画センス」の基準。女性の精神的自立や差別の理不尽を背景としながらも、説教くささを微塵も感じさせないところがありがたい。日本の怪獣映画へのオマージュも込められている。あくまでも娯楽性にこだわるドリームワークス魂に敬礼!



 ● 『ナポレオン・ダイナマイト』 (2004年/米)
   監督:ジャレッド・ヘス
   脚本:ジャレッド・ヘス、ジェルーシャ・ヘス


 かつてこれほどまでにダサくてイタい主人公がいただろうか。これまでに何度観たか分からないが、いつ観ても安心をくれる映画だ。一言で言うならば、この映画に出会えてよかった。ちなみに、この作品のリリース当初の邦題は『バス男』でございました(2013年に改題)。



 ● 『なんちゃって家族』 (2013年/米)
   監督:ローソン・マーシャル・サーバー
   脚本:ボブ・フィッシャー、スティーヴ・フェイバー、
       ショーン・アンダース、ジョン・モリス


 21世紀のアメコメ映画はつまらない、という私の偏見を見事に拭い去ってくれた作品。脚本が佳いのか、ジェイソン・サダイキスが佳いのか、ジェニファー・アニストンが佳いのか。たぶん、それぞれの佳さがちょうどいい具合に絡み合っているのだろう。素直になれない人間は愛らしい。



 ● 『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』 (2013年/英)
   監督:エドガー・ライト
   脚本:エドガー・ライト、サイモン・ペッグ


 映画史的には『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)、巷間では『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(2007年)が秀作なのだろうが、個人的には本作を推したい。友情や人間性についての映画であり、自由や善悪二元論についての映画である。さすがはチャーチルの国、英国かな。


(2016年9月記)
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(4) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE