2018年06月04日

共産主義者の“バディムービー” 『マルクス・エンゲルス』


先日、岩波ホールで
映画『マルクス・エンゲルス』を観ました。

the-young-karl-marx_japanese-poster.jpeg


 <あらすじ>
26歳のジャーナリストだったカール・マルクス(アウグスト・ディール)は、
その過激な言論活動のため、妻とともにドイツ政府から国を追われる。
パリへ移ったマルクスは、マンチェスターにある紡績工場の御曹司:
フリードリヒ・エンゲルス(シュテファン・コナルスケ)と偶然にも出会う。
互いの第一印象は最悪だったものの、2人はたちまち意気投合し……。



ドイツの思想家とその協力者の若き日々を描いたこの映画を観ながら、
私はロバート・ダウニー・Jr.とジュード・ロウが主演するハリウッド映画
シャーロック・ホームズ』シリーズ(2009年〜)を思い出していました。
19世紀のヨーロッパで青年世代の男性コンビが活躍するばかりでなく、
対等でありながらも同等ではない2人の関係性が共通しているのです。

また、エンゲルスがアイリッシュパブで労働者の男に殴られるシーンや、
マルクスとエンゲルスが官憲に追われて街路を逃げ回るシーンなどは、
ハリウッド流の“エンターテインメント映画”的なタッチで描かれています。
ラウル・ペック監督の狙いはさておき、本作は教育的な映画ではなく、
あくまでも青年たちとその妻の友情を描くドラマ映画だと言えるでしょう。

実際、この映画を観ても、2人がなぜあのような思想を構築できたのか、
世界を“変革”するために“批判”を重視していたのかは分かりません。
たしかに、冒頭にはエンゲルスが労働者の声と直面する場面が存在し、
中盤ではマルクスが図書館で学習に励む様子が描かれてもいますが、
彼らの思想の根拠となる明瞭な“事件”が示されるわけではないのです。

まさしくそれゆえに、この映画は劇映画として信頼に値する作品であり
(シャーロック・ホームズが探偵を志した理由なんてどうでもいい!)、
結局のところは典型的な“バディ映画”となっているということもあって、
マルクスに関心がない観客にも通じる普遍的な力強さを持っています。
本作を機に『共産党宣言』を紐解く若者も現れるのではないでしょうか。

かくいう私は“科学的社会主義者”でも共産主義者でもあり得ませんが、
現代社会を生き抜くためには、『資本論』第1巻で解き明かされている
資本主義に対する分析を把握することがとても重要だと考えています。
「能力が向上すれば賃金も上がる」という誤解に足をすくわれないよう、
まずは池上彰著『高校生からわかる「資本論」』(ホーム社)をどうぞ!

さて、最後にこの映画についてやはり書いておきたいことがあります。
それは、シュテファン・コナルスケ演じるエンゲルスの魅力について──。
“ワトソン君”の立場でありながら、演説シーンでは見せ場を与えられ、
人間的な“誠実さ”と“優しさ”を常に秘めているそのキャラクター造型は、
エンゲルスに勝手な親近感を抱いてきた私も満足の出来栄えでした。



▲ 『マルクス・エンゲルス』 (2017年) 予告編



 <追記>
『マルクス・エンゲルス』を観ながら連想した映画が もう一つあります。
ジョン・ランディス監督の最近作『バーク アンド ヘア』(2010年)です。
19世紀に実際にあった連続殺人事件を題材にしたブラックコメディで、
英国喜劇の伝説的撮影所:イーリング・スタジオの製作による作品で、
私の隠れた(隠す必要はないのですが)お気に入り映画でもあります。

革命家が主人公の“真面目な”映画『マルクス・エンゲルス』とは違い、
“バディ映画”という点では共通するものの、『バーク アンド ヘア』は、
コメディという視点からこの世界や人間の在り方を“解釈”しています。
逆説的かつ横柄な説明になりますが、『マルクス・エンゲルス』を観て、
私はコメディ的な視点を忘れない人間であり続けたいと再認しました。
posted at 23:59 | Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2018年05月02日

“アメコメ色”の青春映画 『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』


先日、TOHOシネマズ渋谷で
映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観ました。

jumanji-welcome-to-the-jungle-japanese-poster.jpg


 <あらすじ>
ニューハンプシャー州の高校に通うスペンサー(アレックス・ウルフ)、
フリッジ(サーダリウス・ブレイン)、マーサ(モーガン・ターナー)ら4人は、
問題行為を起こしたため、罰として地下室を掃除するよう命じられる。
掃除の途中で見つけたテレビゲームをプレイしてみようとしたところ、
4人はそれぞれのアバターとしてゲームの世界に吸い込まれてしまう。
そこは野生動物たちが襲ってくる、危険いっぱいのジャングルだった。



ロビン・ウィリアムズとボニー・ハントが共演した1990年代のヒット作、
『ジュマンジ』(1995年)のラストシーンから本作の物語は始まります。
舞台は1996年、ニューハンプシャー州ブラントフォードの海岸──
砂浜に埋もれていたあの忌まわしきボードゲームが拾われるのです。
本作は1995年公開作のリブートではなく続編という位置付けであり、
オリジナル版の世界観を侵すことなく、ストーリーが進行していきます。

本編冒頭に表示されるフォントが前作のそれと酷似したものだったり、
ウィリアムズが演じた“アラン・パリッシュ”の名前が登場するなど、
本作にはオリジナル=前作へのオマージュが散りばめられています。
とはいえ、決して前作を知らなければ楽しめないわけではありません。
“ジュマンジ”をボードゲームからテレビゲームへと“進化”させたりと、
前作に敬意を払いつつ、新たな世界観を作品に採り入れていました。



本作は、2016年の米国を生きる高校生4人(男子2人&女子2人)が
ゲームの世界の“ジャングル”に入り込む──という設定の映画です。
そのため、ゲームの世界の“ジャングル”ではドウェイン・ジョンソンや
ジャック・ブラック、ケヴィン・ハートらの姿が拝借され続けていても、
この映画は終始一貫して“ティーンエイジャーの物語”であり続けます。
『――ウェルカム・トゥ・ジャングル』の主人公は常に高校生なのです。

その意味で本作は、アトラクション・アドベンチャー映画である以前に、
ユニークな設定を通して描かれた青春映画と見做されるべきでしょう。
ジョン・ヒューズ脚本・監督作『ブレックファスト・クラブ』(1985年)の
21世紀版を狙って制作されたブライアン・ロビンス監督の青春映画
スカーレット・ヨハンソンの百点満点大作戦』(2004年)を想起させる、
自律的な方向への成長を描いた“ティーンエイジャーの物語”でした。

もう一つ感心したのは、この映画がファミリー層向けであると同時に、
コメディマニアをも射程に入れたアメリカンコメディ映画だった点です。
ジョンソンの“キメ顔”、ブラックのちょっとした下ネタやダンスなど、
俳優の持ち味を活かしながらシャープなギャグを盛り込んでいます。
マーシャル博士の恐竜ランド』(2009年)ほどではありませんが、
アメリカンコメディ色が濃厚なアドベンチャー映画だと称えるでしょう。

カレン・ギランの“ダンスファイト”シーンでは、エドガー・ライト監督作
『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)の名シーンを彷彿とさせる、
往時のポピュラーソングを使った“音楽アクション”ギャグが提示され、
ジェイク・カスダン監督のまっすぐなコメディ愛を感じさせられました。
特定の属性を嘲り笑うステレオタイプな笑いに走らない点も特徴的で、
本作の出来には天国のウィリアムズもきっと満足しているはずです。



▲ 『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』 (2017年) テレビコマーシャル
posted at 23:59 | Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2018年04月15日

“よくできた噺”を明瞭な口跡で… 歌丸の『小間物屋政談』


今日は、国立演芸場 4月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu-2018-04-nakaseki-poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 春風亭べん橋 『黄金の大黒』
落語:(交互) 春風亭昇也 『動物園』
落語:(交互) 桂枝太郎 『源平盛衰記』
落語:(交互) 桂米多朗 『ちりとてちん』
漫才:Wモアモア
落語:(交互) 桂米助 『もう半分』

 〜仲入り〜

落語:(交互) 三遊亭遊雀 『四段目』
俗曲:桧山うめ吉
落語:(主任) 桂歌丸 『小間物屋政談』



★べん橋 『黄金の大黒』
開口一番は柳橋門下のべん橋さん。
各リアクションに間があるのがやや気になるものの、
“与太郎”像がニンに合っていて好感と期待が持てる。

★昇也 『動物園』
「嫁探し」「酪農家」「九官鳥」などの小噺を経てから、
“ブラック獅子”VS.“ホワイト虎”の『動物園』へ。
「パンちょーだい(小声)」とのフレーズもキマっていた。

★枝太郎 『源平盛衰記』
「3列目の客の双眼鏡が気になる。何が見えるの?」。
「出川」「着物の帯」のギャグで爆笑をかっさらうが、
なぜかサゲ間近で超シリアスモードに没入してしまう。

★米多朗 『ちりとてちん』
「大正14年生まれ」米丸&笑三両師匠のエピソードで
冷え切った空気の客席を快復させ、『ちりとてちん』。
噺本来のおもしろさで客を愉しませていく姿勢に感謝!
「多摩川梨」を登場させるところも米多朗師匠らしい。

★Wモアモア
「歌丸師匠、入りました。日曜は道が空いているね」。
今日が米助師匠の誕生日であることに言及してから、
マイナーチェンジ版「娘の結婚式」で笑いを積み重ねる。

★米助 『もう半分』
「金日成と同じ誕生日です。……“アンニョンハセヨ”?」。
「おめでとう!」という掛け声に呼応してこれだけ語ると、
自らの大師匠・5代目今輔の十八番『もう半分』へ入る。
米助師匠は数年前から大師匠のネタに取り組んでいる。
それだけでも十分に偉大だが、本日の『もう半分』には
米助師匠にしか出せない“江戸庶民の迫真さ”があった。
決して熱演ではない、自然体の奇談ドキュメントである。

★遊雀 『四段目』
「私の着物は火を点けると燃える。前座のは溶ける」。
“後ろ”の劇場に言及してからおなじみの『四段目』へ。
「“定吉”に自由を与えろッ! 働き方を改革しろーッ!」。

★うめ吉
かんたんごはん』(NHK総合)のテーマ曲を生披露し、
「梅は咲いたか」→「淡海節」→「箱入り旦那」などを。
最後は照明と小道具を使った「藤娘」で客の歓心を得る。

★歌丸 『小間物屋政談』
「先ほどはかわいい女の子、そのあとはかわいい男の子」。
今更だが煙草を吸ってきたことを後悔すると明かしてから、
小間物屋という商いの解説を経て『小間物屋政談』へ入る。
「昨晩、『木久蔵ラーメン』を食べたので腹の調子が悪い」
「体が悪いといっても酸素吸入するほどではありませんが」
「初代と二代目」などの個性的なクスグリを織り交ぜながら、
まるでシェイクスピア作品のような“よくできた噺”を語る。
テンポはどうしても遅くなるがその口跡は極めて明瞭であり、
適宜説明を挿みながら、落語の世界の中へ客を惹き込む。
病に惑わされてたまるか──名人歌丸、圧巻の話芸だった。



── というわけで、本日は、毎年おなじみの国立演芸場 4月中席で
歌丸師匠の十八番の一つ『小間物屋政談』を聴くことができました。
この一年間だけでも何度も入退院を繰り返している歌丸師匠ですが、
そのことを一般客には感じさせない、相変わらずの勢いのある話芸。
歌丸師匠の噺家としての凄さ、存在の大きさを改めて痛感しました。

さらに、大師匠のネタに取り組む米助師匠の偉大さにも言及したい。
この数年間でネタおろししてきた『ラーメン屋』や『表札』とは異なり、
『もう半分』は先代今輔師匠のネタの中でも“奇抜度”の高い噺です。
一歩間違えればありふれた古臭い怪談話となりかねないところを、
米助師匠は庶民の息遣いが滲む古典落語へと昇華させていました。

昨年、歌丸師匠が「落語界の未来を託したい3人」のうちの一人に
米助師匠を挙げたことを意外に感じたひともいるかもしれませんが、
米助師匠が数年前から寄席の出番を増やし、ネタおろしを続け、
歌丸師匠の最初の師匠のネタに挑んできたことを知る私からすれば、
弟弟子になお発破をかける趣旨でも、その回答は当然なものでした。


kokuritsu-2018-04-15-endai.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE