2016年10月13日

「吊り橋の真ん中」へ連れていく前に



 先日、お酒の席で、ある話が始まりそうになった。私自身と直接関係がある話ではなかったが、私は「その話をするのはやめてほしい」と言ってしまった。これから始まるその話は、いまの私にはきっと耐えられない、怖い話だと思ったからだ。でも、結局その話は始まり、私は思わずトイレへ「避難」した。

 それがテレビから聞こえてくる発言ならば、私は電源を消すことができる。それが新聞や雑誌に掲載されている文章ならば、私はページをめくることができる。だが、目の前の相手はテレビでも雑誌でもない。あの時の私は恐怖を避けるため、相手が話している途中でもその場を離れるしかなかった。

 他の人の目には、私が急に不機嫌になったように見えたかもしれない。あるいは単純にトイレへ用を足しに行っただけに見えたかもしれない。でも、実際はそのどちらでもなかった。あの時、私は怖くて逃げた。

 相手はその話が私を怖がらせることを知らなかった。私が逃げたのは誰のせいでもない。しかし、そのことを相手に説明するのは難しい。「私に謝ってほしいということなのか」と誤解される可能性がある。「あいつの『地雷』が何なのか分からないから、あいつともう関わるのはやめよう」と思われる可能性もある。



 私がなぜこんな話をしているのかというと、「人によって怖いものは違う」(宮地尚子)からだ。結局のところ、残念ながら、私たちは相手が何を怖がっているのかよく知らない。よく知らないまま相手と接している。悪意はなくとも、私たちは、高所恐怖症の人を吊り橋の真ん中へ連れていっているかもしれない。

 そして実は本人も、自分が何を怖がっているのか、あらかじめ把握できていなかったりする。だから、「ああ、このまま連れていかれると怖いな」と感じた時点で、「その話は怖い」と言い合えるようでありたい。そうすれば私もあなたも、相手の怖がる話をしないで済む。相手を吊り橋の真ん中へ連れていかずに済む。

 どうしてもその話をしなければならなかったり、その話をすることが理に適っていたりすることもある。そういう環境に私たちがいることもある。ただし、そういう環境下でも、せめてトイレへ「避難」することは許されていてほしい。私にも、あなたにも、すべての人に許されていてほしい。

 「その話は怖いからやめて」と言う人や、トイレに「避難」する人のことを面倒くさがる人もいるかもしれない。でも、不機嫌になっていると誤解されたくない。会話の途中で突然席を立つ失礼なやつだと片付けられたくない。どうせ面倒くさがられるとしても、本当のことで面倒くさがられたい。――そう思うときはある。

posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年08月19日

歌丸の生まれ育った横浜で… 『笑点 放送50周年特別記念展』


先日、横浜高島屋ギャラリーで開催された
『笑点 放送50周年特別記念展』へ行ってきました。

kanban.jpg



1階の正面口では、
歌丸師匠がビデオメッセージでお出迎え。

message-from-utamaru.jpg



8階のギャラリーに入ると、
これまでの演芸コーナー出演者を一覧したパネルが。
(※このエリアは写真撮影禁止。)

三笑亭夢太師匠のお名前が
「三笑亭夢太」とされているのは誤植だろうか……。



そして、歌丸時代の大喜利メンバーが登場!

member-shimote.jpg

member-kamite.jpg


たい平師匠 & 山田隆夫さん

taihei-and-yamada.jpg


昇太師匠 & 円楽師匠

enraku-and-shota.jpg


好楽師匠 & 木久扇師匠

kikuou-and-kouraku.jpg


歌丸師匠 & 小遊三師匠

utamaru-and-koyuuza.jpg



さらに、巨大歌丸人形(2013年完成)が
歌丸師匠の地元・横浜に降臨!

utamaru-ningyou-shomen.jpg

utamaru-ningyou-kamite.jpg

utamaru-ningyou-shimote.jpg


横顔はこんな感じになっております。

utamaru-ningyou-side-face.jpg


材質(?)はこんな感じになっております。

utamaru-ningyou-right-arm.jpg


歌丸師匠の回答者時代のお着物も展示。

utamaru-kimono.jpg



このほか、過去の大喜利映像を上映するブースなどもあり、
大勢のお客さんが笑い声を上げておりました。



物販コーナー「笑点商店」。

shoten-shoten.jpg


このような商品が販売されておりました。

goods.jpg


メンバーカラーを彩った「今治マフラー」も。
三平師匠のカラー:丁子色が早くも用意されておりました。



帰り際には歴代司会者がお見送り。
左から歌丸、5代目圓楽、三波伸介、前田武彦、談志 (敬称略)

hosts.jpg



昇太師匠が6代目司会者に就任し、
51年目を迎えた演芸ドキュメンタリー番組『笑点』。

日曜夕方5時半がますます見逃せません!

(日曜夕方5時25分〜 『もう笑点』
 水曜ヨル9時〜 BS日テレ『笑点特大号』もお忘れなく……。)

posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年05月02日

「誰がやるか」で政治は変わる 『JFK−その生涯と遺産』展


今日は、国立公文書館の
『JFK−その生涯と遺産』展へ行ってきました。

JFK01.png

JFK02.png

JFK03.png

JFK04.png


日本でも根強い人気を誇る
第35代アメリカ合衆国大統領、ジョン・F・ケネディ。
国立公文書館『JFK−その生涯と遺産』展では、
彼の生い立ちから暗殺までの「生涯」と
日米外交を含む政治的「遺産」が紹介されていました。

私たちは昨年(2014年)も国立公文書館を訪れ
『高度成長の時代へ』展などというものを見学したのですが、
昨年と比べて今年の混雑具合はハンパなかった!
見学者の列は遅々として前に進まず、
日本での安定したJFK人気を物語っていましたね……。

本展では、JFKの実弟である
ロバート・F・ケネディ来日時の様子も紹介されており、
ボビーファンとしてはそれなりに嬉しかったです。
講談社「週刊少女フレンド」で連載されていたという
『キャロリン日記』の切り抜きも見ることができて感激(笑)。



物販もありました。
戦利品は図録(800円)、クリアファイルB、
そして「宇宙船を覗き込むJFK」のポストカード(150円)。

JFKGoods.png

――ほら、こう見えて(?)私は高校時代は天文部員でして、
「我々が10年以内に月に行くことを決めたのは、
 それが容易だからではなく、むしろ困難だからだ」
というJFK大統領の名演説が大のお気に入りでしたからね!



ちなみに、本展の監修は阿川尚之先生と蓑原俊洋先生。
図録には両先生らのコラムも掲載されており、蓑原先生は
「政治的リーダーシップの世界では結果がすべて」との観点から
JFKの最大の功績は「キューバ危機の解決」だと語っています。

キューバ危機発生時、エクスコム内で軍事攻撃論も叫ばれる中、
海上封鎖と「対話」による危機解決を先導したのが
JFKの実弟:RFK司法長官(当時)だったことは有名です。
しかしJFKの「決断」次第では、国際社会が、否、人類が
最悪に絶望的な針路を辿っただろうことは疑う余地もありません。

いくら統治機構がシステマティックであるとしても
国際政治には、首脳の政治決断によって左右される領域があります。
今年(2015年)3月にNHK出版新書から刊行された
ゴルバチョフが語る 冷戦終結の真実と21世紀の危機』という本では、
首脳同士による「対話」の重要性が強調されていました。

NHK出版 | NHK出版新書(NS新書)

――この本には、表題のミハイル・ゴルバチョフ以外にも
マーリン・フィッツウォーター、ジャック・マトロック、
ホルスト・テルチク、そしてジャック・アタリといった
冷戦を終結へと導いた“張本人”たちの証言が採録されています。

1985年、ジュネーブでの米ソ首脳会談でロナルド・レーガンが
「皆さん、一緒にテーブルを叩こう!」と叫んだという逸話や
「レーガンは本当に核兵器を憎んでいた」という証言を読むと、
政治にとってまず問われるのは「誰がやるか」なのだと痛感します。
「誰がやっても同じ」なんてことは絶対にあり得ないのですね。



もしもJFKが暗殺されていなかったら
大統領在任中、彼はさらにどのような功績を残したでしょうか。
同じようにRFKが暗殺されていなかったら
第37代「RFK大統領」はどのような功績を残したでしょうか――。

それらを考えることで希望が湧いてくるのだとしたら、
「歴史のif」を夢想してみることもそう悪いことではないでしょう。
ジャック(没後51年)もボビー(没後46年)もこの世にはいませんが、
こんにち、彼らの「遺産」はますます特別な価値を見出しています。



<おまけ>

TokyoStation.jpg

その後、同伴者の提案で東京駅まで歩きました。
写真は東京駅地下一番街、東京キャラクターストリートです。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE