2014年06月18日

伝説の「ハーフタイムショー」再び!? 44年越しのキャロル・チャニング


ワールドカップ開催期間中にふさわしくない話題なのは承知の上で、
今夜は、スーパーボウルの「ハーフタイムショー」にまつわるお話です。
(決してサッカーファンに喧嘩を売りたいわけではありません。)

halftimeshow_2014.png
スーパーボウルのハーフタイムショー(2014年)

スーパーボウルとは、毎年2月に実施されるNFL優勝決定戦のこと。
米国では、試合中継がそれはもう物凄い視聴率を叩きだす……らしい。
その休憩時間中に行なわれるエンターテインメントショーこそ、
「ハーフタイムショー」と呼ばれるもう一つのビッグイベントです。

ハーフタイムショーで歌うことができるのは超一流歌手のみ。
過去にはスティーヴィー・ワンダー、ポール・マッカートニー、
ザ・ローリング・ストーンズ、マドンナなどの大物が登場してきました。
(もちろん、ジャネット・ジャクソンの乳首ポロリ事件もお忘れなく。)



第1回(1967年)から第3回(1969年)までのハーフタイムショーでは
大学のマーチングバンドが楽曲を“演奏”するのみでしたが、
第4回(1970年)スーパーボウルのハーフタイムショーにて
ハーフタイムショー史上初めて、ある女性パフォーマーが“歌唱”します。

carol_haiftimeshow_1970.png
ハーフタイムショーで『聖者の行進』を歌うキャロル・チャニング(1970年

その女性こそ、『ハロー・ドーリー!』の初代ドーリー役として有名な
歴史的ミュージカル女優:キャロル・チャニング(Carol Channing)。
「アメリカの森光子」的存在、とでも申し上げればよいでしょうか。
93歳になった現在もご健在です(2014年6月18日現在)。
ちなみに、彼女については過去にもこのブログで言及しています。



そんなブロードウェイの名女優キャロル・チャニングが
44年の歳月を超えて、なんとハーフタイムショーに戻ってくる!
(※ただし、敬老ビンゴ大会の「ハーフタイムショー」に、だが。)
――というのが、今年(2014年)1月に制作されたペプシコーラのCM。
翌2月の本家ハーフタイムショーを盛り上げるための企画でした。


「44年前のハーフタイムショーの思い出を語ってください」という
ニセ企画(あながちニセ企画でもないのだが)に騙されたオコナーさん。
「あの年のハーフタイムにはキャロル・チャニングが出ていたよ」と、
記録映像の残っていない(と推測される)「あの時」を語りだします。
そしてビンゴ大会の「ハーフタイム(休憩)」が訪れると、
会場奥の舞台からチャニングが登場し、オコナーさんたちは驚きの表情。
かくしてドッキリは成功し、三波伸介は小野ヤスシの労をねぎらった(完)。



私はこのCMを視聴して鳥肌が立ちました。涙さえ出そうになりました。
このドッキリ企画が感動的だったからではありません。
期待に反してオコナーさんがそこまで驚いていないからでもありません。
キャロル・チャニング(御年93歳)の歌声が――
 『聖者の行進』を歌う声が――私の心を理由もなく揺さぶったからです。

あの美しきしわがれ声! ブロードウェイの象徴とも言うべき歌声!
キャロル・チャニングの歌う『聖者の行進』を聴いて、
私は何の他意もなく、何の皮肉でもなく、ただただ感動しました。
もはや歌唱力だとか技術だとかの問題ではない。
「ブロードウェイの生きる伝説」の歌声に私は感動させられたのです。

――このようなことは落語や音楽を聴いていてもごく稀に体験します。
「魂を吸い寄せられる」、あるいは「虜になる」という体験です。
「聴いている自分」「客体である自分」の存在を忘れ、
目の前の演者の創りだす世界にすっかり嵌まり込んでしまう――。
客にそんな体験を与えることのできる者を「スター」と呼ぶのでしょう。
『聖者の行進』によってもたらされたひとしきりの感動の後、
私はキャロル・チャニングが真のスターであることを再認識しました。


2014_pepsi_halftime_carol_channing.png
ペプシのCMで『聖者の行進』を歌うキャロル・チャニング(2014年)
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年03月29日

“ベルギーのM・ブーブレ”!? 新進歌手ヤニック・ボヴィの魅力とは


yannick-bovy-better-man.png


普段の私は、名人上手の「落語」CDを聴きながら眠りに就きます
(残念なことに翌朝には目が覚めてしまうのですが)。
落語以外の「音楽」を聴きながら眠ることもないわけじゃないですが、
「音楽」といっても聴くのはミュージカルのサントラばかり。
Betty Blue Eyes』のサントラは最強の安眠アイテムですね。

ところが、ここ最近の私ったらどうしたことでしょう。
就寝時に「ミュージカルじゃない普通の音楽」を聴いているのです!
ベルギー人男性歌手 ヤニック・ボヴィ(Yannick Bovy)
1stアルバム『Better Man』を聴きながら眠る日々を迎えるなんて、
わずか1か月前の自分からは想像もできません!(大げさな……。)



――ヤニック・ボヴィは、1986年10月にベルギーで生まれました。
2011年に『She's Even More Beautiful』でシングルデビューし、
2012年には1stアルバム『Better Man』を発表。
その後、オランダや中国、インドネシアでもライヴ活動を展開し、
今年(2014年)9月には待望の2ndアルバムをリリース予定です。

1stアルバム『Better Man』には、6曲のオリジナル曲と
9曲のカヴァー曲(ボーナストラック含む)が収録されています。
カヴァー曲の多くはスタンダードジャズのカヴァーなので、
私のような「ジャズカヴァー好き」にとってはとっても楽しいアルバム。
(ちなみに、ヤニックは子どもの頃から、フランク・シナトラや
ナット・キング・コールのジャズアルバムをよく聴いていたそうです。)



それでは、アルバム『Better Man』収録曲をいくつかご紹介します。
(例によって、YouTubeからライヴ映像を引っ張ってきました。)
『Better Man』 International Edition
Tracklist 青字はオリジナル曲、赤字はカヴァー曲)

1. All My Loving
2. I've Got You Under My Skin
3. She's Even More Beautiful
4. She Don't Know It
5. Better Man
6. My Cherie Amour
7. Hold On
8. I Wanna Be Around
9. Theoretical Love
10. Perfect
11. Baby, I Know
12. Fly Me to the Moon
13. Cheek To Cheek
14. Smoke Gets In Your Eyes
15. L.O.V.E.

★All My Loving
アルバム1曲目を飾るのは、ビートルズの名曲のカヴァー。
スピードラーニング並みに聴き取りやすい英語ですね。
この動画からは、ヤニックの口パク技術の高さがうかがえます。


★Better Man
アルバム表題曲(オリジナル曲)。
「ジャズ歌手」らしくない、21世紀風(?)のポップな曲です。
PVでは、普段は見られないヤニックのタンクトップ姿が拝めます。


★I Wanna Be Around
シナトラもトニー・ベネットも歌ったポピュラーミュージック。
ああ〜、たまらない! 胸がとろける!
私はジャズが好きなのか? ヤニック・ボヴィが好きなのか?


★Theoretical Love
再びオリジナル曲。PV有。
ジャズを歌うかポップスを歌うかで、彼は歌い方が変わるんですね。
洋楽に疎い私ですが、この曲がいい曲だということぐらいは分かります。
“Love is not a concept.”という歌詞が泣かせるなあ……。


★Perfect
フェアーグラウンド・アトラクションの代表曲をカヴァー。
25年以上前の名曲がヤニックの優しい歌声とマッチしていて、
会場の中高年層も盛り上がっています。


★Cheek To Cheek
この曲のマニアとしてはアンソニー・ストロング版も捨てがたいですが、
ヤニックのザ・正攻法な『Cheek To Cheek』も素敵です。


★Jump
この曲はアルバムに収録されていませんが、
あまりに美しいカヴァー&アレンジなのでご紹介しておきます。
ヴァン・ヘイレンの名曲がこんなにも甘くて優しい歌になるなんて!


★Smile
不滅のチャップリンメロディ。この曲もアルバム未収録です。
アップテンポなこのアレンジはいくらなんでも素晴らしすぎる!


★All Of Me
私は『All Of Me』という曲を病的に愛しているのですが、
この曲をここまで真っ直ぐに歌う歌手にはそうそうお見にかかれません。
「この人、ジャズが好きなんだなあ」と感じさせられるビデオですね。
(……はい、どうせこの曲もアルバム未収録ですよ!)



――というわけで、調子に乗っていくつも動画を貼りすぎました。
歌い方を変えてジャズもポップスも歌い上げるヤニックの歌声を聴くと、
「音楽はジャンルレス」という八代亜紀さんのお言葉を思い出します。
それが「ジャズ」であれ「ポップス」であれ「演歌」であれ、
「人の心に届ける音楽」という点では何にも“差”などないのですよね。

期せずして私がヤニック・ボヴィの歌声に惹かれたのは、
誤解を恐れずに言えば、彼が「歌が上手すぎないから」だと思います。
もちろんプロの歌手ですから言うまでもなく「上手い」のですが
(少なくとも私の1億2000万倍は歌が「上手い」ですね)、
“歌酔い”して気持ち悪くなるような「上手さ」ではありません。
いわゆる「奇跡の歌声」的なものではない朗らかで優しい歌声なので、
落ち着いた気持ちでその歌声を“楽しむ”ことができるのです。

ヤニックは「ベルギーのマイケル・ブーブレ」と呼ばれているそうですが、
個人的には「爽やかでポップなディーン・マーティン」、
「若くてクリーンなフランク・シナトラ」とあだ名して差し上げたい(笑)。
今年(2014年)5月に発売予定の2ndアルバムを待ち望みつつ、
不眠症のはずの私は今夜も彼の歌声に寝かしつけられるのでした――。


▲ 2012年、ベルギーで放送された(と思しき)TVコマーシャル。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2013年12月07日

ジャンルを超えて「心」のために 『八代亜紀 ジャズコンサート』


今日は、東京オペラシティ コンサートホール で開かれた
『八代亜紀 ジャズコンサート』へ行ってきました。

夢の夜~ライヴ・イン・ニューヨーク [Live] / レジーナ・カーター, カート・エリング, ヘレン・メリル (演奏) (CD - 2013)



 <セットリスト>

01. 『Fly Me to the Moon』
02. 『Cry Me a River』
××. 『The End of the World』
××. 『別離(わかれ)
××. 『月の砂漠』
××. 『Winter Wonderland (Instrumental)』
××. 『雨の慕情』
××. 『ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー』
××. 『You'd Be So Nice to Come Home To』
××. 『枯葉』〜『AKI'S HOLY NIGHT』
××. 『ステーションホテル24時』

アンコール:『舟唄』



1曲目が『Fly Me to the Moon』、
2曲目が『Cry Me a River』、ラストが『ステーションホテル24時』、
アンコールが『舟唄』だったのは記憶しているのですが、
終演後のセットリスト掲示などはなかったので、
以上4曲を除く曲目はすべて順不同です。
たしか、あともう1,2曲ほど歌われたような……。たしか……。

それにしても、東京オペラシティは客席とステージが近い。
キャパシティは大きすぎるのだけど、客席とステージが近い。
そして、今夜に関しては私の席とステージの距離が近すぎる。
驚愕の「手を伸ばせば八代亜紀」状態が90分間続きましたよ!
(おかげさまで、コンサート序盤はだいぶ緊張しました。)

これは私の妄想である可能性も否定できませんが、
『Fly Me to the Moon』の「I love you〜」と歌われる箇所では、
八代亜紀さんと私はしっかり目が合っていたような気がします。
これはつまり、私は八代亜紀さんに告白されたってことですよね!?
「生きててよかった」という慣用句はこのタイミングで使うべきですよね!?
(……すみません、興奮のあまりだいぶ取り乱しております。)



今夜、「まさかこの曲が聴けるなんて」と驚いたのは、
スキーター・デイヴィスの名曲『The End of the World』。
個人的にも思い入れのある大好きな曲です。
全体的に「儚さ」「切なさ」を感じさせられる一曲ですが、
八代亜紀さんのカヴァーからは最上級の「美しさ」を感じました。
なんでも、この曲は“銀座時代”のレパートリーの一つだったのだとか。

今夜の『The End of the World』に限らず、
八代さんが歌うとどんな曲も「前向きさ」を帯びてくるから素晴らしい。
たとえセンチメンタルな曲でも「暗さ」が前面に出ることはなく、
聴いてるうちに少しずつポジティヴな感情が湧き出てきます。
そして、曲を聴き終った時には「前向き」な気持ちでいっぱいになる。
八代亜紀さんの歌を聴けば聴くほど、聴衆の心は明るくなるのです。

それともう一曲、今夜聴くことができて嬉しかったのは、
アルバム『MOOD』にも収録されている『AKI'S HOLY NIGHT』。
「八代亜紀版クリスマスソング」とも呼ぶべき隠れた名曲です。
この曲における八代亜紀さんの優しくも厳かな歌声は、
冬の透き通った空気――あるいは空から雪が降る夜――にピッタリ。
日本一のシンガーからの少し早いクリスマスプレゼントですね!



八代亜紀さんはいつも、ステージ上で笑顔を絶やしません。
いつだって、一曲一曲をものすごく楽しそうに歌っています。
そして、八代さんの笑顔を見ていると、お客さんもつい笑顔になる。
――八代さんによって「前向きさ」は伝播し、「楽しさ」は広がるのです。
今夜のコンサートは時間の経過を忘れてしまうほど素敵なものでした。

八代亜紀さんが「前向きさ」「楽しさ」を客に届ける名手なのは、
「ジャズ」「演歌」といったジャンルの違いに固執することなく
「人を前向きに」「人に楽しさを」との信念を貫いているからでしょう。
「ジャンル」という“人工的な区切り”を基準に行動するのではなく
「前向きさ」「楽しさ」といった“人間の自然な感情”を重視するからこそ、
八代さんはいつだって最高の「シンガー」であり続けているのです。

そりゃまあ人生は思い通りにいかないことばかりだし、
自らを取り巻く環境も決して穏やかではないかもしれないけれど、
“自然な感情”を尊重することで物事はポジティヴに進み得る――。
八代亜紀さんの優しくも力強い歌声を聴いて、そう確信しました。


yasiroaki_samplecd.jpg
今年(2013年)3月に発売されたアルバム『Mr.SOMETHING BLUE』。
その購入者プレゼントCDが木曜に到着しました!(内容はショボすぎる!)
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE