2015年04月18日

名“編集者”歌丸、迫真の語り… 『塩原多助 -青の別れ-』


今日は、国立演芸場 4月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu_201504_poster.jpg


 <本日の番組>

開口一番:(前座) 雷門音助 『狸札』
落語:(交互) 春風亭昇々 『鈴ヶ森』
コント:コント山口君と竹田君
落語:三遊亭遊雀 『熊の皮』
漫才:Wモアモア
落語:(代演) 雷門助六 『長短』〜踊り『かっぽれ』

 〜お仲入り〜

落語:桂竹丸 『学校感想文』
俗曲:(代演) 桧山うめ吉
落語:(主任) 桂歌丸 『塩原多助 -青の別れ-』



★音助 『狸札』
緞帳が上がると同時になぜか拍手が巻き起こる。
開口一番は、助六門下の音助さん。
終始、聴き取りやすく安定した語り口で、
個性的なフレーズが際立つ型の『狸札』だった。

★昇々 『鈴ヶ森』
米丸師匠ネタ、いびきネタなどをマクラに、
“意外と気持ちイイ”古典落語『鈴ヶ森』へ。
「まんざら、」「バカだよ!」の間合いが絶妙で、
肩の凝らない昇々ワールドにもっと浸りたくなる。
(いまいちウケていなかったのは納得いかない!)

★コント山口君と竹田君
あれ、もしかして寄席では初見かもしれない。
ネタは「義父と娘婿」。
“娘婿”から10万円を借りている“義父”が
ありとあらゆる屁理屈をこねて借金返済を拒絶する。
客席一同爆笑の傑作コントだった。

★遊雀 『熊の皮』
早速くしゃみをした客をイジってから、
“佐渡島”ネタなどを経て、十八番の『熊の皮』。
女房からキツく言い付けられた“甚兵衛”が
「我慢、我慢」という先程のコントの名文句をつぶやく。
高座を楽しむ遊雀師匠の姿勢が伝わってきた。

★Wモアモア
お決まりの団体客ヨイショに始まり、
互いの出身地:熊本と福島を解説するネタ。
台詞を言い間違えるギャグがまったくわざとらしくなく、
その部分には毎度感心させられる。

★助六 『長短』〜あやつり踊り
鯉昇師匠の代演。
「鯉昇は1,000円ギャラが高いところへ行った」と
笑いを取ってから、定番の「ビトン」ネタを経て、
これまた助六師匠の得意ネタである『長短』に入る。
終盤、“短七”の着物に火種が飛ぶ件では
柳家型のように「短気だから……」とは展開せず、
「着替えは持ってるの?」と展開するのが雷門型。

★竹丸 『学校感想文』
弟子:竹のこさんの入門エピソード、
「了解」ネタなどで見事に客席を盛り上げていく。
その後は、これまたハズレなしの『学校感想文』。
――これは余談ながら、最近、
竹のこさんの高座に遭遇することが多かったため、
竹丸―竹のこ師弟の高座が似ていることを痛感した。

★うめ吉
南玉先生の代演。
「梅は咲いたか」「腹の立つ時ゃ」「淡海節」
「新土佐節」を披露し、寄席の踊り『夜桜』で〆る。
(どうだ、この私のムダな記憶力!)
踊るうめ吉さんと目が合ったような気がして、ドキリ。

★歌丸 『塩原多助 -青の別れ-』
板付きで登場も、その理由は噺の中盤で挿み込む。
『塩原多助一代記』は、歌丸会長の大師匠であり
“新作の巨人”である5代目今輔師匠も演じた圓朝作品。
おそらく今席が歌丸師匠のネタおろしだと思う。
“角右衛門A”から“角右衛門B”に売られた“多助”は、
義母やその愛人らから酷い扱いを受けていた。
そんな中で、“多助”は馬の“青”だけに唯一気を許す。
安息も束の間、義母らは“多助”の暗殺計画を立て――。
人間と動物のややファンタジックな交流や
暗闇での惨殺シーンなどは、まさに圓朝作品の真骨頂。
緞帳が下りた時の大拍手は観客の興奮ぶりを示していた。



――圓朝作の息を呑む展開と、歌丸師匠の迫真の語り。
稀代のストーリーテラー:歌丸師匠の話芸は凄まじく、
この「芸術」に接した私はなんて幸せ者なのだろうと感じたほど。
本日聴くことのできた歌丸版『塩原多助 -青の別れ-』は、
これから先も忘れることのないであろう芸術的な高座でした。
(褒めすぎだと思われるかもしれないけれど、これは本心。)

それにしても気になるのは、『青別れ』という演題です。
『塩原多助』はあくまでも“多助”が主人公なので
『青との別れ』という演題で演じる演者もいるそうですが、
あえてなのか、歌丸師匠は『青別れ』の題で演じていました。
たしかに、馬の“青”は噺の一つの小道具に留まらず、
「神の視点」を有するかのごとき独特な存在感を放っています。
“青”を主語にこの噺を理解してみると、それはそれで面白そう。

さて、歌丸師匠は、圓朝作品の最高の“編集者”でもあります。
今席口演の『青の別れ』は『塩原多助一代記』の前半部で、
後半部はちょうど一年後の国立演芸場4月中席で口演するとのこと。
前編で散りばめられた伏線が、後編でどう回収されるのか。
この先どんなドラマが“多助”を待っているのか――。
『塩原多助』の続きが早く聴きたくて、今からウズウズします!


kokuritsu_201504_endai.png
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年03月14日

ファンタジックでも穏やかな“説得力” ―小柳枝の『抜け雀』


今日は、国立演芸場 3月中席 へ行ってきました。
主任は、春風亭小柳枝師匠。

kokuritsu_201503_poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 柳亭楽ちん 『饅頭こわい』
落語:(交互) 春風亭吉好 『動物園』
漫談:新山真理
落語:(交互) 春風亭笑好 『片棒』
曲芸:翁家喜楽・喜乃
落語:柳亭楽輔 『天狗裁き』

 〜お仲入り〜

奇術:(交互) 山上兄弟
落語:(代演) 春風亭柳橋 『禁酒番屋』
俗曲:桧山うめ吉
落語:(主任) 春風亭小柳枝 『抜け雀』



★楽ちん 『饅頭こわい』
楽輔師匠譲りのテンポよい語り口。
人物によって使い分ける声色が功を奏している。
「毛虫なんてものは……」の件で台詞が飛ぶも、
「お前が変なこと言うから忘れちゃったじゃねえか」。

★吉好 『動物園』
デパートや結婚式での余興ネタをマクラで語り、
小ネタやダジャレを散りばめた『動物園』へ。
時代設定は一昔前だろうか。
“ブラックライオン”の形態模写で拍手が起きた。

★真理
北陸新幹線(本日開業)のネタなどを披露した後、
『芸協と落協』を比較的長尺で。
真理先生、実は高座の上でほとんど笑顔を見せない。
マジメな口調で喋るからこそ活きる毒舌漫談だ。

★笑好 『片棒』
ケチ小噺「金槌」を経て『片棒』。
猫ひろしの一発芸を彷彿とさせる“銀次郎”の暴走劇
――笑好師匠の新たな可能性を感じた。
「ポーツマス! ポーツマス!」とかやってほしい。

★喜楽・喜乃
「五階茶碗」→「卵落とし」→「輪の投げ合い」。
もちろん「卵落とし」は大成功だったが、
相当の集中力が必要な芸なのだと改めて感じる。

★楽輔 『天狗裁き』
「エボラ出血熱」「熱中症」ネタなどで場を暖め、
「小便の夢」ネタから『天狗裁き』へ。
このハイテンポでスピーディな喋りと
密度の高いクスグリが、「楽輔落語」の持ち味だよなあ。
耳で聴いて楽しく、目で見て楽しい高座だった。

★山上兄弟
約1年ぶりのイケメン兄弟にドキドキ。
やや上滑り気味のトークを挿みつつ、
「棒一本・空中浮遊」「剣刺し」「兄弟交換BOX」など
国立演芸場ならではの大がかりなマジック。

★柳橋 『禁酒番屋』
柳好師匠の代演。
恒例の「近頃の大学生」マクラの後、
聴き取りやすい口跡で『禁酒番屋』に入る。
柳橋師匠は“小市民”たちを活躍させるのが上手い。

★うめ吉
喉を少しやられているといううめ吉さん。
「梅が咲いたか」「腹の立つときゃ〜」
「新土佐節」を歌い上げ、踊り『夜桜』で〆る。
踊りの際には、高座の襖が4色の照明で彩られた。

★小柳枝 『抜け雀』
「お日様・お月様・雷様の旅」の小噺や
今と昔では旅行の方法もだいぶ変わったというお話、
かつて「駕籠かき」は蔑称だったというお話を経て、
ファンタジックで、滑稽で、人情的な『抜け雀』へ。
名台詞「うちは働けば働くほど貧乏になる」に感激する。
小柳枝師匠のさらりとした話芸によって、
登場人物や宿場町・小田原の“空気”、部屋の畳の匂い、
朝の陽射しまでもが客席に伝わってくるようだった。



――『抜け雀』という噺は、実はとっても不思議な噺です。
設定が『左甚五郎』シリーズと似ているようで異なるし、
噺の主人公を誰と捉えればよいのかもいまいちハッキリとしない。
そもそも、「超能力者」とでも呼ぶべきあの親子は何者なのか。
「画の中の雀が飛ぶ」というファンタジックな要素も相まって、
古典落語でありながらも、この噺には多くの“謎”が詰まっています。

しかし、そこは江戸落語の名手:小柳枝師匠。
ファンタジックな噺が含有する不安定さを活かしつつ
「名人上手」論、「人生の回り道」論までをも噺の中に盛り込んで、
『抜け雀』という噺を“説得力”ある一席に仕上げていました。
私なんぞは、緞帳が下がってしばらく余韻に浸ってしまいましたよ。

小柳枝版『抜け雀』は人間関係がギスギスしていないのも特徴的で、
経済的に貧乏であっても、客が無一文だと判明しても、
いちいち腹を立てたり、喧嘩をしたり、声を荒げたりなどしません。
――この噺がどこか穏やかなのは、噺の舞台が
江戸ではなく小田原であることとも関係があるのかもしれませんが、
やっぱり、師匠ご自身の穏やかさに拠るところが大きいのでしょうね。


kokuritsu_20150314_bangumi.png
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年01月03日

今年も初笑いは歌丸から! NHK中継入りの末廣亭初席'15


明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


今日は、新宿末廣亭 正月初席 第二部 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸会長。

suehirotei_20150103.jpg


毎年恒例、友人との末廣亭初席鑑賞会。
今日はNHK総合テレビの中継が入るということで、
枝太郎師匠と陽・昇先生の出番の間に妙な空白ができたり
可楽師匠と小遊三師匠の出番が入れ替わったりと、
例年とはやや異なるイレギュラーな「寄席初め」となりました。



 <本日の番組>

落語:(交互) 三笑亭朝夢
漫談:(交互) 新山真理
落語:(交互) 三遊亭遊雀
奇術:(交互) 松旭斉八重子プラスワン
落語:(交互) 桂枝太郎
漫才:(代演) 宮田陽・昇
曲芸:(代演) 鏡味味千代
落語:三遊亭小遊三 『ん廻し』
落語:(交互) 桂右團治 『源平盛衰記』
漫才:(交互) 東京太・ゆめ子
落語:三笑亭可楽 『臓器屋』

 〜お仲入り〜

落語:(交互) 桂歌蔵
落語:(交互) 瀧川鯉昇 『鰻屋』
漫才:(交互) 東京丸・京平
落語:(交互) 桂歌春 『九官鳥』
落語:笑福亭鶴光 『秘伝書』
曲ごま:やなぎ南玉
落語:(主任) 桂歌丸 『鍋草履』



★朝夢
何やら喋っているところで入場、我々は2階前方へ。

★真理
「漫談の!」というおなじみの挨拶に始まり、
落協と芸協の違い、歌丸師匠の人間国宝ネタなどを繰り出す。
しかしながら、正味2〜3分で次の演者にバトンタッチした。

★遊雀
私が初席で遊雀師匠を観るのはこれが初めてかも。
この後のテレビ中継に“客目線で”触れるあたりがさすが。
歌丸師匠の「合掌」ネタで笑いを獲り、早めに下がる。

★八重子プラスワン
紐の手品、ハワイアン2曲分。
薔薇の手品は見応えありだが、やや長く感じられた。

★枝太郎
“この後から”中継が入るということで、
1階後方のNHKカメラに向かって自己アピールネタ。
「NHKさん、ぜひ『演芸図鑑』お願いします」。
時計が見辛かったらしく、途中、前座に太鼓を叩くよう頼む。
『サザエさん』小噺も織り込んで、時間調整までをもネタに。
こういう時の枝太郎師匠は実に頼りになる。

★陽・昇
番組ディレクターの前説を経て、ここからテレビ中継。
「〜ス」や円周率ネタなどで場を和ませた。

★味千代
五階茶碗→傘廻し(升)。
初席での太神楽・曲芸は異様に盛り上がるものだ。

★小遊三 『ん廻し』
可楽師匠と交替で、本来は仲入り前の小遊三師匠が登場。
江戸っ子のキャラクター、テンポよい会話、
これぞまさに小遊三師匠の面目躍如といったところ。

★右團治 『源平盛衰記』
テレビ中継が終了し、ここから通常営業へ。
「右團治と書いてビマジョと読む」。

★京太・ゆめ子
どこまでが計算なのかは不明だが、
落ち着きモードになった客席をトチリ芸で再び盛り上げた。

★可楽 『臓器屋』
前座さんに誘導されて座布団の上へ。
私は可楽師匠の存在が大好きなので正月から目出度いのだが、
ご本人が語るように、その話芸はまさに「リハビリ」。
「ノーベル物理学賞受賞者の“天野”は小遊三の本名」
「通信簿で2→3」などのマクラを経て『臓器屋』に入るも、
楽屋から太鼓が鳴り(実に間が悪かった!)、緞帳が降りる。

★歌蔵
歌丸ネタで会場に活気を取り戻したのがこの人。
明朗なキャラクターは本日の食い付きにピッタリだった。

★鯉昇 『鰻屋』
「酒好きは目が合うだけで……」ということで『鰻屋』。
限られた時間の中で満足度の高い落語を聴かせた。
「秋葉原の電気ウナギ」でサゲる。

★京丸・京平
登場するや否や、「殿様と三太夫」→「新婚旅行」。
寝ている客をイジって笑いを獲っていた。

★歌春 『九官鳥』
おなじみの「楽屋に住み込みたい」ネタを経て、
もはや歌春師匠の代名詞となった『九官鳥』の小噺へ。

★鶴光 『秘伝書』
「〜引き」の小噺などで笑わせてから、
鶴光流のサゲが楽しい『秘伝書』(『夜店風景』)をかける。
今日の客は人数の割にはパッとせず、大爆笑には至らず。

★南玉
独楽を廻してから、真剣刃渡り→糸渡り。
新年早々、南玉先生のカッコいい芸を観ることができて感激。

★歌丸 『鍋草履』
一度緞帳が下がり、歌丸師匠が板付きで登場。
マクラでは、入院ネタ、『笑点』50周年ネタを語り、
定番の「5代目今輔師匠の教え」→『鍋草履』ルートを踏む。
これまで幾度となく聴いてきた歌丸版『鍋草履』だが、
「ばか」「あんにゃもんにゃ」の件は何度聴いてもたまらない。
歌丸師匠の落語の背景には、庶民サイズの愛情がある。



――今年も末廣亭初席から幕を開けた私の寄席見聞録。
今年はNHKの中継があったためにイレギュラーな構成でしたが、
小遊三・鯉昇両師匠の十八番を聴くことができて何よりでした。
この日だけ仲入り前の出番となった可楽師匠のボヤき芸も、
初席の雰囲気に合う合わないはさておき、私には有り難かったです。

とはいえ、やっぱり寄席は何でもない普段の時に来たいなあ……。
これまで正月興行・GW興行でそう感じたことはなかったのだけど
(正月興行・GW興行はあくまでも顔見世的なものだから)、
客数の割に盛り上がり切らない初席だとそう感じてしまいます。
何だかんだ言って、私は一人ひとりの「芸」と向き合いたいんだな。
というわけで、私は今年も(それなりに)寄席に通うことになりそうです。


20150103_suehirotei_front.png


 <ちなみに>
末廣亭第一部主任の米丸師匠は風邪のため5日まで休演とのこと。
本日の代バネは小遊三師匠がお勤めになった模様です。
米丸師匠と同い年の笑三師匠は池袋第一部でトリを勤めています。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE