2015年08月15日

「歌丸の圓朝噺」の集大成? 鬼気迫る熱演、『怪談乳房榎』


今日は、国立演芸場 8月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu_201508_poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 雷門音助 『道灌』
落語:(交互) 三遊亭遊里 『道具屋』
落語:(代演) 春風亭柳好 『壺算』
歌謡漫談:東京ボーイズ
落語:桂歌助 『都々逸親子』
落語:雷門助六 『こり相撲』〜踊り『かっぽれ』

 〜お仲入り〜

落語:桂小南治 『四人癖』
音曲:松乃家扇鶴
落語:(主任) 桂歌丸 『怪談乳房榎』



★音助 『道灌』
開口一番は助六門下の音助さん。
爽やかなルックス、安定した語り口、
それでいて、早くもこの人ならではの存在感もある。
卓越した「総合力」を持つ前座さんの一人だ。
サゲは「暗ぇから提灯借りに来た」(「角が」なし)。

★遊里 『道具屋』
音助さんの前職や噺家の学歴に触れてから、
“与太郎”の初仕事を描いた噺『道具屋』へ。
遊雀師匠の高座のようなメリハリのある高座を展開し、
老若男女すべての観客に立ち向かっていった。

★柳好 『壺算』
文治師匠の代演。
本日が終戦記念日であることに一言だけ触れ、
師匠・柳昇にとって皇室は特別な存在だったと語る。
秋篠宮殿下を前にしての「御前落語」のエピソードや
沖縄の「幻の泡盛」にまつわるネタで客の心を掴み、
この噺特有のクドさが抜けた、馴染みやすい『壺算』を。

★東京ボーイズ
「なぞかけ問答」→「AKB」→『ふるさと』合唱
→『静かな湖畔』輪唱、そして『かわいいあの娘』で〆る。
会場をより一層「楽しい」雰囲気に盛り上げた。

★歌助 『都々逸親子』
『鶴の恩返し』や『浦島太郎』の小噺版を紹介。
「勉強机に向かう子どもは微笑ましい」ということで、
やけに色っぽい“息子”が活躍する『都々逸親子』へ。
今席唯一の「歌丸門下」として高座上での役目を果たす。

★助六 『こり相撲』〜あやつり踊り『かっぽれ』
おなじみの「ビトン」ネタなどを済ませ、
相撲場の客席でのあれやこれやを描く『こり相撲』。
その後、これまたおなじみのあやつり踊りを披露し、
夏休みの客席から拍手や歓声を受けていた。
踊りを終え、無言で去る助六師匠の後ろ姿はカッコいい。

★小南治 『四人癖』
今年も、本日分までの「大入り袋」を客に見せ、
この定番マクラを知る客たちから大きな拍手を浴びる。
「これが私にとっての『あやつり踊り』のようなもの」。
『四人癖』は小南治師匠のニンに合った噺で、
登場人物のエキセントリックな部分が強調されていた。

★扇鶴
扇鶴先生のキャラを知らない客からはどよめきが(笑)。
「去年の今夜は知らない同士」などの都々逸を歌い、
絶妙な風情を残して楽屋へ帰っていく。
これもまた、私にはカッコいいと思える「芸人の後ろ姿」。

★歌丸 『怪談乳房榎』
『中の舞』の出囃子、板付き・釈台付きで登場。
入院中に医師から「体重40kgになれ」と命令されたことや
今度は「50kgになれ」と言われるだろうことを語った後、
本来は三部作の『怪談乳房榎』を今日は一度で、と紹介する。
――絵師・重信の妻と関係を持った浪人の弟子・浪江は、
不倫だけでは飽き足らず、「主張」先で重信の殺害を企む。
重信の使用人・正介を巻き込み、重信を殺害するのだが……。
途中、照明は変転し、客を驚かせるようなハメモノも入る。
これまで何度も歌丸師匠の「圓朝噺」を拝聴してきたが、
本日の『怪談乳房榎』はこれまでになく鬼気迫る熱演だった。



――いくら名編集者・歌丸師匠が構成し直したとはいえ、
三遊亭圓朝作『怪談乳房榎』は、本日の型でも約1時間の長編。
退院したばかりで病み上がりの歌丸師匠にとっては、
決して安易に語ることのできるような噺ではなかったはずです。

ところが、本日の歌丸師匠の『怪談乳房榎』は、
人間の「弱さ」「愚かさ」、そして「苦しさ」を完全に網羅し、
長講と感じさせないほどの娯楽性と芸術性に満ちていました。
もしかしたらこれが「歌丸の圓朝噺」の集大成なのかもしれない
――と思わせられるような、鬼気迫る熱演にして「名演」でした。

歌丸師匠が今月(8月)11日にこの興行で復帰した際、
NHKニュースは、歌丸師匠が「“熟練”の話芸で客を惹き付けた」
などと報じていましたが、冗談言っちゃいけない。
この興行で、歌丸師匠は“気迫”あふれる高座を展開しています。

今から4年前、『東京かわら版』のインタビューで
師匠本人が語っていた通りの「勢いのある」高座です。曰く――
 やっぱり大病すると人間ガクっと来ますよね。ガクっと来ると芸までガクっとなっちゃうんですよ。よく「枯れた芸」って言うじゃないですか。アタシはどんどん新芽を伸ばし、葉を付け、花を咲かせ、実を持たせる。そういう勢いのあるものの方がいい。枯れた芸なんぞなりたくないですよ。枯れたもの見たってそんなの面白くもなんともない。枯れた植木見たって面白くもなんともねぇもん。
(『東京かわら版』平成23年10月号 「今月のインタビュー 桂歌丸」 p.10)

あまり大袈裟なことを言うつもりはありませんが、
私がこの時代に生まれたこと、この日本に生まれたこと、
「落語」という芸能を楽しむ人間として育ったこと、
そして歌丸師匠のこの『怪談乳房榎』を拝聴したということ――。
そのすべてが私の誇りであり、何物にも代え難い「財産」です。


kokuritsu_20150815.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年06月28日

暑い日ならではの“涼しい”珍品! 藤兵衛『江ノ島の風』


今日は、鈴本演芸場 6月下席 昼の部 へ行ってきました。
主任は、桂藤兵衛師匠。

201506shimoseki_suzumoto.png



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 柳家小多け 『手紙無筆』
落語:(交互) 柳家さん光 『新聞記事』
太神楽曲芸:鏡味仙三郎社中
落語:古今亭菊丸 『たがや』
落語:桃月庵白酒 『真田小僧』
漫才:ホンキートンク
落語:春風亭一朝 『唖の釣り』
講談:(交互) 宝井琴調 『大岡政談 -人情匙加減-』
ギター漫談:(代演) ぺぺ桜井
落語:橘家圓太郎 『親子酒』

 〜お仲入り〜

奇術:アサダ二世
落語:橘家文左衛門 『時そば』
落語:三遊亭歌武蔵 『支度部屋外伝』
粋曲:柳家小菊
落語:(主任) 桂藤兵衛 『江ノ島の風』



★小多け 『手紙無筆』
開口一番は小里ん門下の小多けさん。
淡々とした口調で変なことを言えるので、
将来、与太郎噺とかがハマりそう。
座布団返しの時に客から芸名を聞かれていた。

★さん光 『新聞記事』
「おじさん」時代の仁鶴師匠ネタを経て
(逆に現在の芸名が覚えられなさそうだが……)、
軽快ながらも聴き応えある『新聞記事』。
声量も、物語の整理の仕方もとっつきやすい。

★仙三郎社中
「傘廻し」→「五階茶碗」→「土瓶」→「投げ合い」。
団体客も多かったので会場は大盛り上がり。
寄席の楽しさは太神楽曲芸の有無によって左右される、
ということはたしかにあると思う。

★菊丸 『たがや』
実は本日の私のお目当てその@だったりする。
「熱中症警報が出た。4時半頃に解かれる予定」
というご挨拶を経て、「掛け声」のマクラ。
本日のような暑い日にふさわしい『たがや』は、
アクションも見どころ満載のシビれる一席だった。

★白酒 『真田小僧』
寄席や電車内での子どもなどのマクラから、
一瞬の無駄もない爆笑の『真田小僧』へ。
白酒師匠の『真田小僧』は、
“おとっつぁん”のテンパり具合も聴き逃せない。

★ホンキートンク
血液型紹介に始まり、「有名になりたい」
(利さんの女性役が最高に気持ち悪くて魅力的!)、
そして最後は「嵐」で〆る。
客席の動きに反応する弾さんのアドリヴ性はさすが。

★一朝 『唖の釣り』
「イッチョウケンメイ」の挨拶で笑いを取り、
無邪気な“与太郎”が活躍する『唖の釣り』に入る。
一朝師匠は「唖」という単語を使わないが、
そのために“役人”の人情味がより一層伝わってきた。

★琴調 『大岡政談 -人情匙加減-』
ご挨拶代わりの「カタカナ語禁止」ネタを経て、
実は重苦しい要素もある『人情匙加減』へ。
“大家”夫妻は絶妙なキャラクターをしているし、
「勧善」はともかく「懲悪」の物語は心地よい。

★ぺぺ桜井
小猫さんの代演。
ペペ先生が弾くエルガーの『愛の挨拶』、
聴く度にいつも感動してしまうのは私だけ?
(2年半前に聴いた時は泣きそうになったほど……。)
「発車メロディ」ネタは初めて聴いた。

★圓太郎 『親子酒』
「寄席の出入口」ネタで客の心を惹き付け、
登場人物が全員お茶目な『親子酒』。
圓太郎師匠は、禁酒の経緯をやや丁寧に説明し、
“大旦那”の「酒呑みたい」感をはっきりと。
圓太郎落語はいつも「痒い所」に手が届いている。

★アサダ二世
「ハンカチ&紙コップ」→「紐」→「トランプ当て」。
「寒い時と暑い時は失敗しやすい」と語るも、
その前口上を逆手にとって飄々と舞台を展開する。
う〜ん、マジでクールだぜ!

★文左衛門 『時そば』
「これだけ(客が)いれば食ってはいける。
 だけど、上がったからには何かしなければ……」と
話しつつ入ったのは、なんと『時そば』。
暑い日に『時そば』を聴くのは初めてだったが、
そんなことお構いなしに広がる文左衛門ワールド。

★歌武蔵 『支度部屋外伝』
おなじみのご挨拶の後、「白鵬」ネタや
「行事の物言い」ネタで観客を爆笑の渦に。
コワモテなギャグも歌武蔵師匠だから成立する。
「面白いから笑うのではなく、笑うから面白くなる」。

★小菊
「弱虫がたった一言」などの都々逸を経て、
「さのさ」で〆る。
「終わったんですけど」という決まり文句(?)の
ニュアンスが若干優しくなっていたような……。

★藤兵衛 『江ノ島の風』
初めて拝見する噺家さんで、初めて聴く噺。
夏バテ気味の殿様をもてなすため、
「ニセモノの雪」「水のこたつ」、そして
「涼しげな江ノ島の風」を用意することになるが……。
ちょっとしたSFっぽさを含みながら、
「屁」という日常ネタが噺に落ち着きを与えている。
汚らしさを感じさせないのは演者の芸風ゆえか。
この噺、上方落語『須磨の浦風』が元ネタらしいが、
江戸の風情が漂う、暑い日ならではの珍品だった。



――というわけで、上半期最後の日曜日、
一足早く(?)夏の訪れを告げるかのような猛暑の中、
『江ノ島の風』や『たがや』などの“涼しげな噺”を楽しみました。
(なぜか『時そば』という変わり種もあったけど……。)

本日の客はとてもよく笑う客が多く、
かといって「何にでも笑う客」というわけではなかったので、
出演者もやりやすかったのではないかと思います。
その場に座っている一人の客として、
私も「この空間にいられるのは幸せだなぁ……」と感じました。

本日、高座上からよく聴かれたのは
「他にもお遊び場所の多い中……」というセリフ。
もちろんこのセリフは常套句の一つにすぎないけれど、
たしかに、「海に行こう!」的気分になりがちな猛暑日に
「寄席」を選ぶのは、その人の個性を表しているように思えます。

――本日の鈴本昼席は、手前味噌ながら
「私はそういう個性の持ち主でよかった」と感じられるような
楽しさと穏やかさと優しさと(以下略)に包まれた空間でした。
この「一期一会」な寄席のライヴ感は何物にも代えがたい……。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年05月05日

新真打口上で“可楽ワールド”炸裂! 芸協の真打披露興行'15


今日は、新宿末廣亭 5月上席 夜の部 へ行ってきました。

suehirotei_201505kamiseki.png


落語芸術協会に所属する 笑松 改メ 春風亭小柳師匠、
朝夢 改メ 三笑亭小夢師匠、
夢吉 改メ 三笑亭夢丸師匠の真打昇進披露興行です。



 <昼の部>

落語:(主任) 桂歌丸 『城木屋』


 <夜の部>

開口一番:(前座) 柳家蝠よし 『金明竹』
落語:(交互) 柳亭小痴楽 『真田小僧』
漫才:Wモアモア
落語:(交互) 三笑亭可龍 『大安売り』〜踊り「せつほんかいな」
落語:(交互) 春風亭柳之助 『子ほめ』
奇術:北見マキ
落語:(交互) 春風亭柳好 『のっぺらぼう』
落語:(交互) 三笑亭夢太朗 『転宅』
漫談:東京ボーイズ
落語:(交互) 三笑亭可楽
落語:三遊亭小遊三 『ん廻し』

 〜お仲入り〜

新真打口上:小柳・小夢・夢丸/小遊三・可楽・小柳枝・夢太朗・夢花
落語:(新真打交互) 春風亭小柳 『つる』
落語:(新真打交互) 三笑亭夢丸 『宗論』
落語:三笑亭夢花 『二人旅』
落語:春風亭小柳枝 『やかん』
曲芸:ボンボンブラザース
落語:(新真打交互・主任) 三笑亭小夢 『お見立て』



★歌丸 『城木屋』
ちょうど『城木屋』本編の始まるところで入場。
四方八方が立ち見で埋め尽くされていた。
かつて「小圓遊」としていた箇所が現在は「毒蝮」、
そしてゆくゆくは「円楽」になるという(笑)。

★蝠よし 『金明竹』
昼の部が終わってもかなりの客が客席に残る。
蝠よしさんの『金明竹』は後半部始まり。
この噺、上方弁が使われているからではなくて
固有名詞が頻出するから聴き取りにくいんだよね。

★小痴楽 『真田小僧』
「今日は『真打昇進披露興行』と噛まずに言えた」。
小痴楽版『真田小僧』はかなり勢いがある。
遊雀師匠ばりのダミ声で子どもが小遣いを稼ぐので、
こんな『真田小僧』もあり得るのか!と新鮮だった。

★Wモアモア
血液検査ネタ、ギャラネタなどを展開。
同じネタでも、寄席によって雰囲気は変わりますなぁ。

★可龍 『大安売り』〜踊り「せつほんかいな」
真打披露興行にふさわしいおめでたい噺だが、
本編ではさらに新真打3名をあしらった名前も登場。
さすが可龍師匠、と思える適度なアレンジだった。
噺の後は、これまためでたい「せつほんかいな」。

★柳之助 『子ほめ』
柳之助師匠の語り口にはいつも惚れ惚れする。
『子ほめ』では、笑わせ所はもちろんだけれど
人物のさりげない会話が聴いていて実に心地よかった。

★北見マキ
紐を使ったマジックの後、
指と指を結ぶ紐のあいだを輪が通る……というネタへ。
最前列の客を3人ばかり利用していた。

★柳好 『のっぺらぼう』
新真打・小柳師匠の兄弟子である柳好師匠は、
「悪の十字架」などの名作小噺を経て
十八番の“笑える怪談噺”『のっぺらぼう』に入る。
終わりがない、ということでめでたい噺なのかな……。

★夢太朗 『転宅』
「盗まれた時計(の中身)」の小噺から『転宅』へ。
それなりに意地汚い性格の“泥棒”と、
意外と「出たとこ勝負感」が激しい“お妾さん”。
――夢太朗師匠の落語は気軽に楽しめるところがいい。

★東京ボーイズ
陸上の桐生選手らをネタにした「なぞかけ問答」や
AKB48や清水健太郎などのムチャぶり曲紹介、
50周年記念ソング(260曲のうちの2曲)を披露し、
お終いはインドネシア民謡『かわいいあの娘』で〆る。

★可楽
前座に付き添われて登場。
今日は端午の節句なので、節句人形と絡めて
「即位の礼」「鍾馗」「鯉のぼり」の背景を語る。
――相変わらずシブい。このシブさがたまらない!
今夜は客席との相性もよかったが、
「今日しかできない話」だけをして下がっていった。

★小遊三 『ん廻し』
「日露戦争以来の拍手をありがとうございます」。
すぐに、縁起かつぎネタの決定版『ん廻し』に入る。
こう考えると、落語にはおめでたい噺が多いですな。
「猫の猫背が治ったらモモンガと見分けがつかないよ。
 空を飛ぶなんてドローンじゃあるまいし」。
間といい、フレーズといい、小遊三落語は天下一品だ。

★新真打口上
左から夢花(司会)、夢太朗、2代目夢丸、小夢、
小柳、小柳枝、可楽、小遊三(副会長)。
夢太朗師匠が2代目夢丸&小夢をネタっぽく紹介し、
可楽師匠が「名前なんてどうでもいい」とかき乱す!
「この人(小遊三)が死んだら『笑点』の空席を……」。
その後の小柳枝・小遊三両師匠も空気を引きずり、
真打披露口上というより可楽師匠の独壇場となっていた。

笑松 改メ 小柳 『つる』
「『こやなぎ』ではありません」。
新ツカミの後、ほのぼの感と疾走感が交錯する『つる』。
ややスピーディーな高座だったせいか、
以前より小柳師匠のテンションが高かったように感じた。

夢吉 改メ 夢丸 『宗論』
晴れて「二代 夢丸」となった夢吉改メ夢丸師匠。
――夢吉さんが「夢丸」を襲名し、
夢丸師匠はもうこの世にいないなんて未だに信じられない。
今夜の『宗論』はセンスの良いクスグリたっぷりで、
各宗教に配慮するバランス感覚にも好感を抱いた。

★夢花 『二人旅』
セルフ「待ってました!」から『二人旅』へ。
夢花版『二人旅』は完全に“バァさん”が主人公。
よく通る声で“ババァ節”を炸裂させて、客席を湧かせる。
何か鬼気迫るものを感じさせるほどの暴れ具合だった。

★小柳枝 『やかん』
「ただいまはお騒がせを致しました」。
開口一番、客のハートをつかんでから『やかん』を。
上から目線で高慢な“先生”が繰り出す詭弁に、
“愚者”は時に冷ややかなツッコミを挿み込んでいく。
「かん」まで通し、「無学者は論に負けず」でサゲ。

★ボンボンブラザース
「輪の投げ合い」→「鼻で紙立て」→「グラス」
→「棒の投げ合い」→「赤い帽子」→「棒の投げ合い」。
「紙立て」では桟敷席にまで上がり、会場を盛り上げる。

朝夢 改メ 小夢 『お見立て』
「待ってました!」の掛け声を浴びながら登場。
「傾城に誠なし……」の川柳を紹介し、『お見立て』へ。
“喜瀬川”は若干おネェ系が入りつつも艶っぽい。
実はこの噺、私はこれまでかなり苦手だったのだが
(だって“杢兵衛”の扱いが酷過ぎるんだもん!)、
小夢師匠が“杢兵衛”の善性を強調していたおかげで
これはむしろ“喜瀬川”を馬鹿にした噺なのではと感じた。
「生き死にの冗談」という最低の嘘をついた結果、
“喜瀬川”は大物格から「見立て」られる立場へと堕落。
「こんな仕事辞めたい」と嘆いていた“喜助”も、
喜瀬川の計画に乗ったために終盤では金に目がくらむ。
最終的な「勝者」はクズ遊女との縁を切った“杢兵衛”で、
「敗者」は客を失った"喜瀬川”&蟻地獄に落ちた“喜助”。
――もちろん、以上は私の自己満足の解釈にすぎないし
小夢師匠にそんな演出意図があったとは思えないけど、
今夜、私の『お見立て』アレルギーが拭われたのは確かだ。



――というわけで、端午の節句の本日は
末廣亭で「真打昇進披露興行」ムードを存分に味わいました。
今月一日から真打になったばかりの落語家さんと
芸歴数十年を誇る大ベテランたちが一つの芝居で共演し、
ごった煮の客席が笑いながら祝う、という空間はいいものですね。

可楽ワールドが炸裂した(笑)新真打披露口上において
小柳枝師匠がさりげなく紹介していた名文句――
「芸人に上手も下手もなかりけり 行く先々の水に合わねば」。
「単なる落語好き」「単なる演芸好き」の一人として
この言葉が胸の奥のほうで静かに響くような、そんな夜でした。
(……とか言いつつ、一番印象に残っているのは可楽師匠だけど!)
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE