2016年12月03日

やせ我慢、引っ込みつかず… “江戸っ子”の噺、可楽の『尻餅』


今日は、国立演芸場 12月上席 へ行ってきました。
主任は、三笑亭可楽師匠。

kokuritsu-201612kamiseki.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 桂伸力 『道灌』
講談:(交互) 神田蘭 『トゥーランドット』
落語:(交互) 三笑亭夢丸 『権助提灯』
落語:三笑亭可龍 『桃太郎』
コント:コントD51
落語:桂伸治 『お見立て』

 〜仲入り〜

講談:神田紅 『大高源吾』
落語:桂歌蔵 『モンゴル公演記』
奇術:(代演) プチ☆レディー
落語:(主任) 三笑亭可楽 『尻餅』



★伸力 『道灌』
開口一番は伸治門下の伸力さん。
まっすぐな人なんだろうな、というのが伝わってくる。
笑顔をいつも絶やさない穏やかな“隠居”像が印象的。

★蘭 『トゥーランドット』
「真田丸」ネタと「トゥーランドット」ネタ、
どちらがよいかと訊ねてからの『トゥーランドット』。
イナバウアーを交え、「明日までに名前を」の段で降りる。

★夢丸 『権助提灯』
「一日だけの出演は前代未聞」と笑わせてから、
電車内から暗闇に手を振る「かっこいい」男の子の話。
夢丸版『権助提灯』は奇を衒っていないのにユニークだ。

★可龍 『桃太郎』
ホテルロビー落語会でのエピソードで場を暖める。
分かりやすさと遊び心が重なった、無駄のない『桃太郎』。
「ライオンが家来だったら喰われてるだろうけどね」。

★コントD51
香川タキ、オレオレ詐欺の被害に遭……いかけるの巻。
「すまんの、すまんの、まんのう町〜」。

★伸治 『お見立て』
芸協と鈴本の軋轢や、寄席の裏手の「お店」の話を
マクラで紹介するも、なぜか客席が引き気味だったので、
「そういう世界もある、という話ですからね」。
この師匠が演ると『お見立て』も嫌味なところが生じない。

★紅 『大高源吾』
和やかな雰囲気で紅先生が上がり、『大高源吾』。
気付いてしまった。もうすっかり年の瀬なんですよね。
お終いのほうで発揮されるメリハリの利いた語りはさすが。

★歌蔵 『モンゴル公演記』
今年も終わりということで、モンゴル巡業の想い出を。
気持ちをストレートに表すモンゴル人、BGM化する出囃子、
手に当てられたスポットライト、モンゴルのことわざ……。
私の笑いのツボに的中、個人的には大満足の一席だった。

★プチ☆レディー
マジックジェミー先生の代演。
リング→透明トランプ(途中で協力者変更)→剣刺し箱。
国立ならではの音響も照明も駆使した華やかなステージ。

★可楽 『尻餅』
「ここまでご覧になって面白いですか? 私は面白くない」。
終戦後、可楽師匠は映画俳優になろうと思ったという。
映画俳優と違って落語家になるのに試験はいらない、
可風は20年前に国立の楽屋前で弟子入りを志願してきた、
本気度を確かめるためまずは毎日電話するように言った、
そしてこの前真打ちになった、などのお話を嬉しそうに。
「今日は餅の噺を演る」ということで風物詩の『尻餅』へ。
「お前、借金を踏み倒す気か。言い訳ぐらいしたらどうだ」。
夫婦の「餅つき」よりも“借金取り”との掛け合いが
噺のメインになっているところが、なるほどこの師匠らしい。
やせ我慢、頑固、引っ込みつかず──。私の好きな江戸っ子。



──というわけで、本日は可楽師匠の落語を久々に拝聴しました。
大抵の演者は『尻餅』では「餅つき」の件をフィーチャーしますが
(というか、逆にそれ以外の盛り上げ方を聴いたことがない)、
可楽師匠が演ると、この噺は「江戸っ子」をめぐる噺に変貌します。
『尻餅』は夫婦の噺であるよりも先に「江戸っ子」の噺だったのです。

実を言うと、私は「粋で鯔背な」江戸っ子にはそれほど憧れない。
むしろ、「粋」な振る舞いを強いられたせいで弱っている江戸っ子や、
言いくるめられて悔し涙を流している江戸っ子に愛着を抱きます。
例えば『芝浜』なら、真人間として店を構える前の“勝五郎”が好き。
ちゃんと弱くて、ちゃんとバカで、ちゃんと優しい人間に惹かれます。


kokuritsu-2016-12-kamiseki-endai.jpg



帰りに、国立演芸場の平成29年度版カレンダーを購入しました。

kokuritsu-2017-calendar.jpg


米丸師匠、「鹿芝居」、正蔵師匠、貞水先生、小遊三師匠、
昇太師匠、小三治師匠、歌丸師匠、市馬師匠、鳳楽師匠、
喬太郎師匠、圓歌師匠(掲載順)の高座写真が収録されています。

一部1000円。 郵送販売のお問い合わせは (株)文化堂 まで。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年08月13日

噺家生活65周年! “蘇生”を繰り返す歌丸の『江島屋怪談』


今日は、国立演芸場 8月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu-201608-nakaseki-poster-omote.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 古今亭今いち 『初天神』
歌謡漫談:東京ボーイズ
落語:(交互) 春風亭柳若 『殿様団子』
落語:(交互) 桂歌助 『代り目』
落語:(交互) 桂歌春 『たがや』
落語:(交互) 春風亭昇太 『リストラの宴』

 〜仲入り〜

座談:歌丸 円楽 歌春 昇太 まねき猫
落語:(交互) 三遊亭円楽 『欠伸指南』
動物ものまね:江戸家まねき猫
落語:(主任) 桂歌丸 『鏡ヶ池操松影より 江島屋怪談』



★今いち 『初天神』
開口一番は今輔門下の今いちさん。
芸名を名乗って笑いを獲り、「今が私のピークです」。
新作風味が随所で滲む『初天神』を飴→団子まで。

★東京ボーイズ
謎かけ(錦織→内村→ゲスの極み→EUなど)を経て、
「海の歌」「長良川の歌」などの自作曲コーナー。
そして、鉄板の『ラブユー東京』『よせばいいのに』
『長崎は今日も〜』『中の島ブルース』で大フィナーレ。

★柳若 『殿様団子』
「座布団の向こうが全員年上のこともある」と話し、
敬老会のマクラを経て『殿様団子』に入る。
柳若版はマジメな表情で狼狽する“町人”が可笑しい。

★歌助 『代り目』
娘の小噺(「キティ」「稲」)で笑いを得ると、
「幸いにも所帯を持てた」という流れから『代り目』。
“女房”は俥賃をそれなりに時間をかけて手渡した。

★歌春 『たがや』
歌丸一門の出番が続く。
「寄席のシルバーシート」「新国劇の掛け声」などの
マクラを経て、当代円楽師匠も登場する『たがや』へ。
三両一分の解説があったり、結構グロテスクだったり。

★昇太 『リストラの宴』
「富山の志の輔」「静岡の昇太」のネタで爆笑を掴み、
「銅メダルだってすごいじゃないか!」と叫ぶ。
どんな仕事も大変ということで、爆笑『リストラの宴』。
時に座布団を飛び出して笑わせ、年齢を感じさせない。

★座談 -歌丸師を囲んで-
下手からまねき猫(司会)、昇太、歌丸、歌春、円楽。
「本日が70代最後の高座。人生最後ではない」(歌春)。
「噺を教えて。亡くなったらDVDで勉強します」(円楽)。
それぞれが温かみのあるブラックジョークを連発する。
壮絶な病歴(S字結腸など)のお話を伺えば伺うほど、
この師匠は「落語の神様」に生かされているのだと痛感。

★円楽 『欠伸指南』
ゲートボールとの関わりを談志師匠のマネを交えて。
習い事も大切ということで、「喧嘩指南」ののち、
間合いも所作も実に達者な『欠伸指南』を聴かせる。
「つまらない芸人が出た時? それだけは教えられない」。

★まねき猫
挨拶代わりに鶏の鳴きマネ(♂・♀)を披露してから、
“猫八ファミリー”の『チキンソング』をアカペラで歌唱。
持ち時間一杯だったが、「猫のさかり声」を押し込んだ。

★歌丸 『鏡ヶ池操松影より 江島屋怪談』
最高体重50kg、現在36kgの歌丸師匠(釈台なし)。
「小太りぐらいがいいが、ものには限度ある。
 さっきの“猫”はどこの“部屋”から来たんだと思った」。
今や通じなくなった言葉として「イカモノ」に触れ、
江戸時代には粗悪品の友禅も売られていたと解説する。
他の演者の『江島屋』とは異なり、前日潭のくだりを
削除した歌丸師匠の“編集”は見事としか言いようがない。
“老婆”は実に怖ろしく、“金兵衛”は実に小心者――。
照明も効果的に働き、気迫満点、極上の怪談噺となった。



――「桂歌丸噺家生活六十五周年記念公演」と冠せられた今席。
本日は、五代目圓楽一門会から円楽師匠がゲスト出演しました。
仲入り後の座談会では、幻に終わった「横浜年越し公演」や
入院時の看護師とのエピソードが歌丸師匠ご本人の口から語られ、
例年4・8月の興行以上に「プレミアム感」のある興行となりました。

わずか10日前までは「固形物を食べられなかった」(歌春師匠)
ことを考えれば、いくらこの興行への思い入れが強いとはいえ、
歌丸師匠の「蘇生」(円楽師匠)は奇跡的だと言わざるを得ません。
満身創痍でありながらますます精力的に高座を勤める師匠は、
「落語の神様」によって生かされている選ばれし存在なのでしょう。

三遊亭圓朝作『江島屋怪談』を語った歌丸師匠の本日の高座は、
勢いのあるものの方がいい。枯れた芸なんぞなりたくない」と
常々述べてこられた歌丸師匠らしい、気迫のこもった高座でした。
――というかここ数年、年を経れば年を経るほどに
歌丸師匠の「圓朝噺」は凄味を増しているような気がしてならない。


kokuritsu-20160813-endai.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2016年04月16日

大胆な“編集”と緩急ある話芸… 歌丸の『塩原多助 -出世噺-』


今日は、国立演芸場 4月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu_201604-nakaseki_poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 桂竹わ 『初天神』
落語:(代演) 瀧川鯉丸 『寄合酒』
コント:コント山口君と竹田君
落語:三遊亭遊雀 『電話の遊び』
漫才:Wモアモア
落語:雷門助六 『代り目』〜あやつり踊り

 〜仲入り〜

落語:(代演) 桂小南治 『ドクトル』
俗曲:桧山うめ吉
落語:(主任) 桂歌丸 『塩原多助 -出世噺-』



★竹わ 『初天神』
開口一番は竹丸門下の竹わさん。
折り目正しく模範的なさっぱりとした高座。

★鯉丸 『寄合酒』
交互出演組の代演。
スーパーマーケットでの営業ネタなどを経て、
噺そのものの可笑しさを勢いよく表現する。

★コント山口君と竹田君
旅館の主(あるじ)と眠れない客のコント。
笑わせどころでしっかりと笑わせ、
観客(というか私?)に満足感をもたらした。

★遊雀 『電話の遊び』
マクラで歌丸師匠をイジり、
噺の中では鯉丸さんとうめ吉さんをイジる。
「一昔前の新作」をここまで面白くできるのは、
遊雀師匠の感覚が研ぎ澄まされているからだろう。

★Wモアモア
おなじみの団体客ヨイショに始まり、
おなじみの家族ネタや「言い間違い」を。
「熊本出身」の箇所で客席がややどよめいた。

★助六 『代り目』〜あやつり踊り
「話芸」とは言いつつも所作を魅せるところが
助六師匠(伝統的な雷門一門)の特徴。
当然のように、あやつり踊り『かっぽれ』で
新旧寄席ファンが入り混じる客席を湧かせる。

★小南治 『ドクトル』
竹丸師匠の代演。
「私は8月中席のほうが得意」と話しつつ、
イレギュラーながらも大入り袋を客席に見せる。
そして、遊雀師匠に負けじと「一昔前の新作」。
噺の可笑しさを超えてキャラクターが爆発した。

★うめ吉
「本日、初めてお目にかかる気がしません」。
『品川甚句』や『縁でこそあれ』、
『お清しゃもじ』などを経て、春の踊り『夜桜』。

★歌丸 『塩原多助 -出世噺-』
うめ吉さんの「年齢」を多少ネタにしてから、
前回(2015年4月)の続きとなる『出世噺』へ。
圓朝作品はサスペンスな展開が定番だが、
この『出世噺』ではむしろ温かい人情が感じられる。
“多助”が出世していく物語としてではなく、
出世(家を再興)したいと苦しむ物語として――。
「若い内は死を考えがち」という地語りは残し、
江戸に来てからのエピソードは大胆に省略するなど、
今回も「編集者」として才気煥発な高座だった。



――というわけで、久々に拝聴した歌丸師匠の高座で
名作『塩原多助一代記』の後半部分を楽しませていただきました。
恨んだり→殺したり→血が出たりの連続となりがちな
三遊亭圓朝作品にしては珍しく、「因果」が絡んでいるとはいえ、
誰も殺されない『出世噺』はだいぶ落ち着いた物語です。

あらすじだけでは「なんでもない話」と処理されかねませんが、
そこは稀代のストーリーテラー・歌丸師匠のこと。
現代に通用する大胆な「編集」と、緩急のある歯切れよい話芸で、
4月中頃、土曜日の客席に豊かな芸術をもたらしていました。
欲を言うならば、歌丸師匠の「圓朝噺」を今後も聴いていたい……。


kokuritsu_201604-nakaseki_enmoku.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE