2018年10月03日

“趣味と不自由”について、あるいは小三治の『野ざらし』


今日は、鈴本演芸場 10月上席 夜の部 へ行ってきました。
主任は、柳家小三治師匠。

suzumoto-2018-10-kamiseki.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 林家彦星 『牛ほめ』
落語:(交互) 柳家小はぜ 『狸鯉』
太神楽曲芸:鏡味仙三郎社中
落語:(交互) 柳家小八 『たけのこ』
落語:(代演) 柳家小里ん 『碁泥』
漫才:ホンキートンク
落語:(代演) 古今亭菊太楼 『幇間腹』
落語:(交互) 柳亭燕路 『粗忽の釘』

 〜仲入り〜

紙切り:林家楽一
落語:柳家小ゑん 『下町せんべい』
俗曲:柳家小菊
落語:(主任) 柳家小三治 『野ざらし』



★彦星 『牛ほめ』
開口一番は正雀門下の彦星さん。
“真摯的”だが、決して肩肘張らない語り口である。
最後までリラックスした調子での『牛ほめ』だった。

★小はぜ 『狸鯉』
一転、朗々とした口調で『狸の鯉』を繰り広げる。
“狸”が「こんばんは」と訪ねてくる件から始まり、
板前修業をした“男”が“狸鯉”を捌き損ねてサゲ。

★仙三郎社中
「傘」→「五階茶碗」→「土瓶」→「撥」→「花笠」。
初見の客もちらほらいて、所々で歓声が沸き上がる。
「撥」をソロで披露した仙成さんは声がとても好い。

★小八 『たけのこ』
“弟子”志願の少年、わんこそばの逸話を経て、
「くさかんむりに旬」と書く食材の噺『たけのこ』へ。
特に“侍”と“可内”の会話が喜多八師匠そっくり。

★小里ん 『碁泥』
一朝師匠の代演。
“王なし将棋”→“碁の助言”の小噺から『碁泥』へ。
小さん師匠を彷彿させる古典落語の愉快な世界。
風格のある話芸──、多幸感でいっぱいになった。

★ホンキートンク
コンビ名紹介から入る各ネタ自体は変わらないが、
連想ゲーム的に続々と話題を展開していく新型。
「オープニング漫才」終了後は2人とも上着を脱ぐ。

★菊太楼 『幇間腹』
菊之丞師匠の代演。
「主任も代演なのではないかと心配だろうが……」。
“猫”は鍼を打たれる直前に“若旦那”を引っ掻く。
“一八”のオモテ↔ウラの言動のギャップが楽しい。

★燕路 『粗忽の釘』
粗忽の小噺を経て、『粗忽の釘』を“風呂敷”から。
とにかく"亭主”のキャラクターがニンに合っている。
ひとしきり笑った後に真顔で落ち着こうとしたりと、
燕路師匠ならではの演出もあって感心させられた。

★楽一
挨拶代りに「横綱の土俵入り」を切り上げてから、
「栗拾い」→「秋の空(蜻蛉)」→「中秋の名月」。
独特なコミュニケーション能力(?)の持ち主である。

★小ゑん 『下町せんべい』
「人間国宝の主任時は入場料を『拝観料』と云う」。
“1小ゑん”のマクラで笑いを獲ってから、新作へ。
「効かないから富山──。効くならファイザー製薬」。

★小菊
“寄席のスタンダードナンバー”「蛙ぴょこぴょこ」
→都々逸「会えば短し」→「外へ出たなら」。
唄い終わるや否や拍手が起こり、嬉しそうな様子。

★小三治 『野ざらし』
題すなら、今宵のマクラは「趣味と不自由」について。
「面白いもの── 自分が好きかどうかが大事であって、
 世間の評判、“情報”に惑わされてはいけない」。
「不自由がなくなった世の中── 合曳を使っているが、
 昔はお葬式で正座する人を見るのが楽しかった。
 痺れを工夫して誤魔化すのが人生の縮図だった」。
高校時代の昼休みの話、切手収集の趣味の話など、
ほかにも有り難いお話・お言葉をたくさん頂戴したが、
あえてここに記さず自分の心で消化することにする。
──そんなマクラなわけで、“釣り見物”の小噺を経て、
だいぶ自然な流れで『野ざらし』の世界へ入っていく。
「ご覧じたかァ?」「ツカツカツカツカ!」「骨ゥ?」など、
珠玉のフレーズはどれも実にさりげなく提示される。
そこには衒いも外連もない。ごく自然体の“噺”がある。
「スチャラカチャン!」の笑顔は実に好い笑顔だった。



── というわけで、本日は久々に小三治師匠の高座に接しました。
ちょうど今の私にとって有り難いお言葉の数々を受け取ったので、
忘れてしまわぬよう、帰りの電車の中でスマホにメモした次第です。
「正しいことは一つではない」とか、「古典も毎日が新作」とかとか。

それにしても、今夜の私はなんという幸福な人間だったのだろう──。
それは単に「マクラが面白かった」「貴重なお話を聞けた」とか、
「装飾が削ぎ落とされた古典落語に感動した」とかいうことではなく、
いや、そういうことでも構わないし、事実そうでもあるのだけれど、
夜の上野の帰り道、とにかく私は心から幸せを感じていたのです。

その幸せはきっと、本日の小三治師匠のお話にも通じる話ですが、
自分自身の中身を確かめられたことに拠る幸せなのだと思います。
私は私でしかなく、例えばある時から落語が好きだったりして、
そんな私って、少なくとも絶対に“私”だよね、というお話なのでした。
posted at 23:59 | Comment(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2018年08月12日

“自分らしい古典”で歌丸追悼! 昇太の“可愛い”『鷺とり』


今日は、国立演芸場 8月中席 へ行ってきました。
主任は、春風亭昇太師匠。

kokuritsu-201808-poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 三遊亭金かん 『魚根問』
落語:(交互) 春風亭昇吉 『七段目』
落語:(交互) 桂歌蔵 『師匠と国立演芸場』
落語:(交互) 桂歌助 『代り目』〜踊り「奴さん」「姐さん」
太神楽曲芸:(交互) 鏡味正二郎
落語:(交互) 桂歌春 『強情灸』

 〜仲入り〜

コント:コント山口君と竹田君
落語:(交互) 桂小南 『ん廻し』
漫才:東京太・ゆめ子
落語:(交互・主任) 春風亭昇太 『鷺とり』



★金かん 『魚根問』
開口一番は金遊門下の金かんさん。
語源が「群馬訛り」などとして紹介される『魚根問』。
声はもう少し大きくてよいと思うが、落ち着いている。
「(鰻は)ひっくり返さないと“焦げる”」がサゲだった。

★昇吉 『七段目』
「その昇太がうちの弟子です。じゃなくて師匠です」。
いつの間にか“実力派”な語り口へと熟達している。
“歌丸電気毛布”を経て「演芸場側は納屋」と笑わせ、
『七段目』を漫画チックな“キャラクター落語”として。

★歌蔵 『師匠と国立演芸場』
「8月になってようやく思い出話を語れるかな、と」。
最期の歌丸師匠は看護師にもキツくあたったという。
「ハーゲンダッツを食べさせてあげればよかった」と
面白おかしく後悔を述べ、地方独演会エピソードへ。
「師匠は国立で味をしめた怪談噺を演ったが……」。
追悼興行にふさわしい、愛に満ちた“爆笑譚”である。

★歌助 『代り目』〜「奴さん」「姐さん」
教師になるため上京し、寄席にハマって歌丸門下。
「うちの師匠は酒を呑まなかった」と述懐してから、
“俥屋”ではなく“亭主”のほうが扉を叩く『代り目』へ。
最後の独白部分では“亭主”は目を瞑りながら話す。

★正二郎
お手玉→五階茶碗→傘廻し(毬・茶碗・升)。
初めて曲芸を観たと思しき観客からは歓声も湧く。
──太神楽曲芸を観る度に私の脳裏に浮かぶのは、
芸の最中に地震が起きたらどうなるのかということ。

★歌春 『強情灸』
「お盆は連日満員。連日と言っても昨日からだが」。
歌丸師匠に関する逸話などはこれといって話さず、
浅草の銭湯の“江戸っ子”に触れてから『強情灸』へ。
灸の熱さが廻ってくると声色もだいぶダイナミックに。

★コント山口君と竹田君
おなじみの「温泉旅館の客と番頭」のコントだが、
新ギャグや新設定が入り、結構アレンジされている。
竹「トイレットペーパーのトイレットペーパーが……」
山「二枚重ねですか」「あなたトイレに固執しますね」。

★小南 『ん廻し』
毎年恒例、過去&今年分の大入り袋を披露する。
「昨年の小南襲名時も歌丸師匠が後押ししてくれた」。
“癖色々”を経て、奇術&曲芸要素もある『ん廻し』へ。
そして最後には「引くかもしれないけど」と言いながら
手紙を取りだし、歌丸師匠への感謝の言葉を述べる。
「大入り袋の数だけもらうよ。なぜなら、“こなン”……」。

★京太・ゆめ子
「色んなことがある」と切り出し、「夫婦」→「習い事」。
駅名と同じ名字の友達が次々と繰り出されるのだが、
間が空きそうな時点でゆめ子先生が先に名前を出す。
のんびりしているようで、かなり集中力の高い漫才だ。

★昇太 『鷺とり』
「歌丸師匠は今年は事情があって出られないんです」。
7月2日は会見→独演会→会見→打ち上げ→取材で、
神妙↔陽気の「気分の切り替えが難しかった」と明かす。
芸協としての会見ではまず小遊三師匠が笑いを獲り、
「落語家は横一列に並ぶと面白いことを言おうとする」
「他の人がウケていると自分もウケたいと思ってしまう」。
フォトセッションで米助師匠はVサインまでしていたが、
「芸人なんだからこれでいい。僕の時は紅白幕でいい」。
「甲子園の高校球児は羨ましい。落語家の場合は……」
「自分に落語家以外の仕事は無理だった」と話してから、
珍妙な“仕事”がテーマのややブラックな噺『鷺とり』へ。
冒頭の「雀とり」の件からして“雀”の所作が可愛らしい。
さすがは動物落語『愛犬チャッピー』の生みの親にして、
夢みる小犬ウィッシュボーン』の日本語版声優である。
頭を金槌で殴られた“鷺”の「アァン……」という鳴き声や、
羽ばたこうとする“鷺”の所作なども、たまらない面白さ。
小動物を演じさせたら昇太師匠の右に出る者はいまい。
(奇しくも展示室では「落語の所作」特別展が開催中)。
人間のほうはというと、主人公の“男”は意外と意地悪で、
逃げる“鷺”に対しては「また捕まえるからな!」と叫ぶ。
昇太師匠の人格をも含む個性が凝縮された一席だった。



── というわけで本日は、歌丸師匠のいない国立演芸場8月中席で
「桂歌丸追悼」と題されることになった日替わり興行を拝見しました。
今席の顔付け自体は歌丸師匠の生前中から決まっていましたが、
期せずして歌丸師匠を“追悼”する10日間となってしまったわけです。

国立演芸場客席のロビーでは歌丸師匠を偲ぶコーナーが設けられ、
多くのお客さんが歌丸師匠の高座写真やお着物を眺めていました。
かくいう私も、特設された追悼の記帳台で名前を記してきましたよ!


kokuritsu-201808-utamaru-01.jpg

kokuritsu-201808-utamaru-02.jpg

kokuritsu-201808-utamaru-03.jpg

kokuritsu-201808-utamaru-04.jpg



今日、私が永田町駅のホームを降りて会場へ向かいつつ思ったのは、
「もう二度と歌丸師匠を聴きに行くことはできないのだな」ということ。
歌丸師匠を聴くためにこの道を歩くことはもうあり得ないのかと思うと、
自分の人生の一かけらが喪われたような気がして、切なくなりました。

そして、いざ国立演芸場に到着して、緞帳が上がって──。
それぞれの芸人が、それぞれなりのアプローチで“追悼”をしている、
その光景を目の当たりにして、私は演芸の力を改めて確認しました。

歌助・歌蔵両師匠は直弟子だからこそ抱いてきた思いや逸話を語り、
歌春師匠はむしろ歌丸師匠について言及しないことで自我を示し、
小南師匠は“大入り袋”ネタをやってきたが故の趣向で客を感動させ、
昇太師匠は自分らしい古典を演じ、歌丸師匠の死をあえて超越する。

歌丸師匠がお亡くなりになったことはたしかにとても悲しいことで、
私でさえもしばらくは“歌丸ロス”を痛感せざるを得なくなりそうですが、
多様な芸人が、それぞれの個性で観客を愉しませている光景に接し、
私は“寄席演芸好き”としての自分の将来をとても明るく感じています。


kokuritsu-20180812-endai.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2018年07月06日

笑いと人情とファンタジーと “バランス”絶妙、鯉昇の『ねずみ』


今日は、新宿末廣亭 7月上席 昼の部 へ行ってきました。
主任は、瀧川鯉昇師匠。

suehirotei-2018-07-kamiseki.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 瀧川あまぐ鯉 『英会話』
落語:(交互) 瀧川鯉丸 『二人旅』
相撲漫談:一矢
講談:神田京子 『山内一豊の妻』
落語:(交互) 春風亭傳枝 『反対俥』
バイオリン漫談:マグナム小林
落語:春風亭柳之助 『ちりとてちん』
落語:(交互) 三遊亭円楽 『酔っ払い』
漫才:東京太・ゆめ子
落語:三遊亭遊史郎 『紙入れ』
落語:桂米多朗 『粗忽長屋』
奇術:北見伸
落語:(代演) 瀧川鯉朝 『あいつのいない朝』

 〜仲入り〜

落語:(交互) 瀧川鯉斗 『強情灸』
スタンダップコメディ:(交互) ナオユキ
落語:桂米福 『錦の袈裟』
落語:三遊亭遊之介 『蝦蟇の油』
歌謡漫談:東京ボーイズ
落語:(主任) 瀧川鯉昇 『ねずみ』



★あまぐ鯉 『英会話』
開口一番は鯉昇門下のあまぐ鯉さん。
単なる“アナクロ新作落語”だと思っていた『英会話』も、
テンポがよく口跡も滑らかだと現代的なネタに聴こえる。

★鯉丸 『二人旅』
地方公演の途中で帰った“聖なる”団体客の話を経て、
“ボケ役の旅人”がニンにハマっている『二人旅』へ。
“都々逸”の件は省略して“なぞかけ”の件へすぐ入った。

★一矢
「W杯の結果は『半端ない』っていうか半端だったね」。
稀勢の里や栃ノ心に触れてから「優勝は白鵬」と予想し、
観客参加型の相撲甚句で平日の客席に活気を与える。

★京子 『山内一豊の妻』
海外で口演した英語版『浦島太郎』のさわりを語るも、
「日本文化に興味ある外国人は日本語を聴きたい」。
そして『一豊の妻 出世の馬揃え』をリズムよく聴かせる。

★傳枝 『反対俥』
「華を持たせましょう。歌丸師匠の告別式でも花を…」。
“ドリフト走行”や“マリオカート”も登場の『反対俥』は、
傳枝師匠の気力・体力を感じさせる陽気な一席だった。

★マグナム小林
『明日があるさ』→「救急車」→「コンビニ」→「新幹線」。
初めての客が多かったようで、感嘆の声がよく上がる。
後半は『恋のバカンス』『暴れん坊将軍』『天国と地獄』。

★柳之助 『ちりとてちん』
“西郷隆盛”のマクラで客席を暖め、『ちりとてちん』へ。
柳之助版『ちりとてちん』は“旦那”もなかなか意地悪で、
“寅さん”の「美味い」という表情も的確に描写している。

★円楽 『酔っ払い』
「“あれ”以来初めての寄席。何以来って“あれ”以来」。
縁があるから「お別れの会」に出席できそうだと話し、
「山田隆夫の葬式には参列できない。縁がないから」。
「歌丸師匠は酒を一滴も呑まなかった」と言ってから
(この日の出番で歌丸師匠の名を出したのは一度だけ)、
酒を呑む医者と呑まない医者の“診断”や忠告の違い、
独り言形式の“寝酒”の小噺で客席を大いに湧かした。

★京太・ゆめ子
「口は重宝」といった言葉選びに生活感があって好い。
夫を「はいご苦労さま」とあしらうゆめ子先生の存在は、
それ自体がもはや“達人”の域に入ってきているような。

★遊史郎 『紙入れ』
小遊三一門の芸名に関するマクラで客席を安心させ、
昼間にやる噺ではなかったと言いつつ『紙入れ』へ。
丁寧ながらリズミカルに噺を運び、要所で笑いを掴む。

★米多朗 『粗忽長屋』
米丸・笑三両師匠の紹介のあと、『粗忽長屋』に入る。
“行き倒れ”を目の前にしながら「歌丸さんじゃないよ」。
“熊”は粗忽者だが性格は穏やかで優しく朗らかだった。

★北見伸
まずは伸先生が「紐」や「トランプ」の技芸を披露する。
次に小泉ポロン先生が「ハンカチ」→「リング」を魅せ、
最後は座敷席の女性客との会話も楽しく「果物カード」。

★鯉朝 『あいつがいない朝』
桃太郎師匠の代演。
「桃太郎師匠は営業仕事が好き。暇な私が呼ばれた」。
再放送中『カーネーション』の人間関係に触れてから、
“ケンカ友達”が主役の新作落語『あいつがいない朝』。
「いま気が付いたけど、人形も“人”生でいいのでは?」。
『笠碁』チックな爆笑と感動の一編を堪能させてもらう。

★鯉斗 『強情灸』
「目を噛む男」の小噺で客を確かめてから『強情灸』へ。
「これが熱いの熱くないの。いや、熱いんだけどね」。
“娘”の覗きに至るまで所作も豊富で、結構ウケていた。

★ナオユキ
「土曜の夜に」「酒場の女」「ガード下の酔っ払い」など、
独特の話芸で昼の部一番の爆笑をかっさらっていく。
ネタの密度がかなり高く、客の集中を途切れさせない。

★米福 『錦の袈裟』
マクラで客のハートを掴んでから、『錦の袈裟』へ入る。
“与太郎”のキャラ造型がクドくないのでさっぱり聴ける。
“遊女”が「あのボーっとしたのが殿様よ」と話してサゲ。

★遊之介 『蝦蟇の油』
「師匠は自転車泥棒でも妙蓮寺の賽銭泥棒でもない」。
見世物小屋の小噺を経て、静かな迫力の『蝦蟇の油』。
言い立てをキメるも「間違えたので拍手はいりません」。

★東京ボーイズ
「羽生結弦国民栄誉賞」「関ジャニ∞」の“なぞかけ”、
『ラブユー東京』『よせばいいのに』『長崎は今日も〜』。
持ち時間は短めで、この後の鯉昇師匠にバトンを渡す。

★鯉昇 『ねずみ』
「地方の主催者はその日のうちに東京へ帰らそうとする」。
柳昇師匠に連れられた旅先での爆笑エピソードを踏まえ、
歌丸師匠の十八番でもあった“左甚五郎モノ”『ねずみ』へ。
“甚五郎”が謙遜しながらアドバイスをしてくれたことに応じ、
“卯兵衛”は「ご親切に甘えて愚痴を……」と経緯を明かす。
この演目はややもするとクサい人情噺になりかねないが、
鯉昇版は滑稽さと人情とファンタジーのバランスが絶妙だ。
人間の善良さを強調するでもなく、“欲”を押し出すでもなく、
全体的には穏やかながら、わずかに緊張感が漂っている。
様々な角度から愉しめる、ずっと浸っていたい世界だった。



──私にとって本日は歌丸会長逝去後初めての芸協の興行でしたが、
芸人のみなさんの“普段通り”の話芸にかえって感動させられました。
円楽師匠の心を淋しさが覆っていた感は否めようがなかったけれども、
それでも“あれ”を吹き飛ばす爆笑の高座を展開したのだからさすが。
こうやって寄席芸人は悲しい出来事から“リハビリ”していくのでしょう。

ところで、鯉昇師匠が本日の寄席で好演していた『ねずみ』という噺は、
前述した通り、歌丸師匠が「大好き」と公言して憚らない演目でした。
先月発売されたばかりの口演速記本『歌丸ばなし2』(ポプラ社)でも、
この『ねずみ』という噺が8席の速記のいわば“大トリ”を飾っています。
本日の末廣亭は、私にとっては期せずして“追悼”の寄席になりました。
posted at 23:59 | Comment(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE