2018年12月07日

現代が欲する“フィジカル” 『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』


先日、TOHOシネマズ川崎で
映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』を観ました。

johnny-english-strikes-again-japanese-poster.jpg


 <あらすじ>
舞台は現代のイギリス。正体不明の者からのサイバー攻撃を受けて、
諜報機関「MI7」の現役スパイたちの個人情報が流出してしまう。
政府はやむを得ず、“教師”として隠遁生活を送っていた元スパイの
ジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)を現場に呼び戻し、
この空前絶後の“アナログ男”にサイバー攻撃事件の捜査を任せる。



誰もが知る国際的コメディアン:ローワン・アトキンソン主演の本作は、
実に7年ぶりに公開されるシリーズ最新作(にして第3作)です。
続編までの間隔が数年間もあるのはアトキンソンの計算とのこと。
過去作──特に第1作の『ジョニー・イングリッシュ』(2003年)──を
事前に観ておいたほうがより楽しめることは間違いありませんが、
本作はシリーズ中で最も充実している作品なのではないでしょうか。

スティーヴ・ペンバートン&リース・シェアスミス主演のダークコメディ
Inside No. 9』(BBC2)の演出で注目されるデヴィッド・カーが
初監督を務め、シリーズ第2作『── 気休めの報酬』(2011年)では
脚本を外れていたウィリアム・デイヴィスが単独で脚本にカムバック。
さらに、第1作でのイングリッシュ(アトキンソン)の“相棒”だった
ボフ(ベン・ミラー)もこのおバカなコメディシリーズに帰ってきました。

製作・配給会社側もボフの“復帰”を一つの売りにしている様子で、
本作の公式Twitterにも「世界一面白いスパイコンビが帰ってきた
という画像付きツイートが公開にあわせて投稿されています。
第2作でのタッカー(ダニエル・カルーヤ)もボフと位置付けは同様で、
カルーヤの演技も悪くなかったものの、たしかにイングリッシュの
忠実な”アシスタントとしてはベン・ミラー演じるボフが最適でしょう。




本作のギャグはシリーズ過去作──というより、『Mr.ビーン』(ITV)を
筆頭とするアトキンソンの作品とまったくもって同系統の笑いです。
「危険な授業は行っていない」と説明する教師の背後で生徒たちが
危険な訓練に励んでいたり(第1作の爆破シーンを彷彿とさせます)、
“睡眠爆弾”を誤作動させたり、ミスの連発で大火事を起こしたり、
ドヤ顔で決め台詞を言い放った直後に自分たちが窮地に陥ったり──。

悪い言い方をすれば、これらはアトキンソンがこれまで量産してきた
ギャグの焼き直しにすぎませんが、しかし私はこれらのギャグを観て、
ギャグを演じているアトキンソンを観て、心からの喜びを抱きました。
映画通から大袈裟だと笑われることを承知で申し上げるならば、
いわゆる“キーストン時代”から“ミューチュアル時代”に至るまでの
チャップリンの短編を観ている時と同様の幸福感に包まれたのです。

10代の頃には『Mr.ビーン』もチャップリンも好きではなかった私が、
両者のことを愛するようになったのはわずか数年前からのことです。
彼らの身体表現には、時代を超える生身の人間のおかしみがある。
だからこそ、フィジカルコメディアン、ビジュアルコメディアンとしての
(ひょっとすると)最後の国際的大スターであるアトキンソンが
この“超デジタル時代”に本作を世に放った意味は大きいと感じます。

それが決して作品の“つまらなさ”を導いてるわけではないにしても、
近年のアクション映画はコンピュータの存在に頼るものばかりです。
主役が人間なのか電子機器なのか分からない作品さえあるほど。
そんな中、スパイ活動のデジタル化に背を向け、最終的にはiPadを
“物理的に”使用して任務を完遂するイングリッシュの活躍ぶりは、
最近のアクション映画への爽やかなアンチテーゼとなっていました。

実のところ、現代人には生身の人間が、肉体で表現されるギャグが、
人間が視覚的にドタバタする喜劇映画がますます必要なのです。
10代の頃の私は我執のあまり気付くことができずにいましたが、
いまでは現代社会のフィジカルコメディの必要性を確信しています。
本作『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』のメガ級ヒットは、
僭越ながら、私のその確信を実証する客観的事実と言えるでしょう。



本作には過去作からの単なる焼き直しに留まらない、“ちょっとした”
オリジナリティを感じさせるギャグもあったことを特筆しておきます。
例えば、邪魔なサイクリング集団に小型ミサイルを撃ち込んだり、
VRシュミレーターを誤用したり(この件は本作最大の見せ場でしょう)、
車の中でゴムボートを開いたり、教習中の自動車を拝借したり──。
ただし最後のは『裸の銃を持つ男』(1988年)からのパクリですが。

以上のようなあくまでビジュアルなギャグが提示されていく一方で、
携帯電話を持つことを拒否した“アナログな”イングリッシュのもとへ
デジタルファイルの代わりに大量のFAX資料が送り付けられたり、
ボフの妻が“原子力潜水艦長”に設定されていたりといった小ネタは、
アトキンソンの主演作にしては比較的ハイブロウなギャグであり、
本作にコメディ映画としての幅広さをもたらしていると評価できます。

むろん、どんな種類の笑いを示すとしても間とテンポが肝心要です。
数々の人気コメディドラマの演出を手がけてきたカー監督と、
英国コメディ史に輝く『マイティ・ブーシュ』(BBC3)の編集も務めた
気鋭のエディター:マーク・エヴァーソンによる快調なテンポ作りが、
“2018年が欲していた”フィジカル&ビジュアルコメディ映画として
本作を内容的かつ興行的に大成させたことは疑うべくもありません。



▲ 『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』 (CBS) 2018年10月24日放送分より
posted at 23:59 | Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE