2018年09月03日

上質な“ブラックユーモア”目白押し 『スターリンの葬送狂騒曲』


先日、川崎チネチッタで
映画『スターリンの葬送狂騒曲』を観ました。

the-death-of-stalin-japanese-poster.jpg



 <あらすじ>
舞台は1953年、ソビエト社会主義共和国連邦。
独裁者スターリン(アドリアン・マクローリン)が脳溢血で死去し、
側近だった共産党幹部たちは次期指導者レースに打って出る。
スターリンの娘スヴェトラーナ(アンドレア・ライズボロー)に
取り入ろうとする者、策略によって政敵を陥れようとする者──。
最高権力者の座をめぐり、狂気の“イス取りゲーム”が始まった。



この作品で監督と共同脚本を担当しているアーマンド・イアヌッチは、
1990年代からテレビ・ラジオで政治風刺コメディを放ち続けてきた、
現代イギリスが誇るコメディ界の“ビッグネーム=大看板”です。
英米の政治家はもとよりビンラディンなどをもネタにしてきた一方で、
ジュリア・ルイス=ドレイファス主演の『Veep/ヴィープ』(HBO)など、
風刺的な連続コメディドラマの脚本や演出、製作も手がけています。

不動の地位を確立したイアヌッチの長編映画第二作目にふさわしく、
本作にはスティーヴ・ブシェミ、サイモン・ラッセル・ビール、
 モンティ・パイソン”のマイケル・ペイリン、ポール・ホワイトハウス、
ジェフリー・タンバーといった実力派のベテラン男優が集結しました
(ペイリン出演作が日本で公開されるのはかなり久々のことですが、
本作でもペイリンは往時を彷彿させる“怖ろしさ”を滲ませています)。

この作品では、旧ソ連の独裁者スターリンの死をきっかけに始まる
コミカルな権力闘争劇と並行して残忍な処刑シーンが描かれますが、
実際には処刑シーン自体が喜劇的に処理されることはありません。
劇中でコミカルに提示される“人間の死”はスターリンの死のみです。
本作は何百万人もの人々が命を落としたという事実に配慮しつつ、
喜劇の視点を忘れることなく貫いた“絶妙な”作品だと称えるでしょう。



この映画にはいくつもの秀逸かつ王道的なスケッチが存在します。
神経質な笑いが展開される“ラジオ番組の舞台裏”でのドタバタ劇
(パディ・コンシダインをわざわざ配役する力の入れよう!)に始まり、
代演指揮者の誤解、スターリン(アドリアン・マクローリン)の“尿”、
スターリンの“最期の伝言ゲーム”、モロトフ(ペイリン)の妻の帰還、
古典落語『船徳』の一節を思わせるアイスホッケー場での勘違い──。

さらには、政権幹部会での挙手したりしなかったりさせられたりなど、
緊迫感漂う状況から生じる上質のブラックユーモアが目白押しです。
しかも、各場面を演じるのはタンバーやブシェミ、ペイリンといった
個性的なコメディ演技の達人ばかりなのだから、“実にたまらない”。
それぞれのキャラクターを際立たせる名優たちの好演を観ていると、
今さらながら、“俳優”という存在の意味に恐れ戦かされるほどです。



念のため記すと、これらのスケッチは本筋を逸脱するものではなく、
むしろ本作のメインテーマど真ん中に位置しているものです。
すなわち本作は、愚かな者たちが真剣に行動すれば行動するほど
皮肉にも状況が気まずくなるという喜劇の古典的構造を通じて、
最終的にはごく自然に独裁政治の狂気性を露わにしているのです。

一例を挙げると、フルシチョフ(ブシェミ)とベリヤ(ビール)の政争が
血腥く緊迫する中で、政権トップのはずのマレンコフ(タンバー)は
自らのパフォーマンスに役立つ少女を探し続ける──というギャグは、
無能な政治家の“ズレてる感”を表す重要なモチーフでもあります
(ちなみにこの一連のギャグには、ついに選出された少女が結局は
パフォーマンス上の価値を失うという粋なオチが用意されています)。

もちろん笑いと恐怖は背中合わせなので、例えば終盤における
“臆病な”マレンコフがベリヤと目を合わせたがらないという演出は、
一片のギャグであり得ると同時に、最上級の緊張を醸成します。
独裁政治の恐怖を喜劇として表現するという難題に応えた本作は、
“政治風刺の達人”イアヌッチが最高の出演者とともに完成させた、
他に類を見出せないほど理想的なブラックコメディの傑作なのです。



▲ 『スターリンの葬送狂騒曲』 (2017年) イギリス版 予告編



 <追記>
さて、本作の邦題が『〜狂騒曲』とされているのは、言わずもがな、
モロトフ役を演じたペイリンが所属するコメディグループの映画
『モンティ・パイソン 人生狂騒曲』(1983年)へのオマージュでしょう。
本作の上映時間が『人生狂騒曲』と同じ107分であるというのは、
何とも奇妙な(そして意味のない)偶然としか言いようがありません。


▲ 『モンティ・パイソン 人生狂騒曲』 (1983年) より #私の中学時代の愛唱歌
posted at 23:59 | Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE