2018年07月06日

笑いと人情とファンタジーと “バランス”絶妙、鯉昇の『ねずみ』


今日は、新宿末廣亭 7月上席 昼の部 へ行ってきました。
主任は、瀧川鯉昇師匠。

suehirotei-2018-07-kamiseki.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 瀧川あまぐ鯉 『英会話』
落語:(交互) 瀧川鯉丸 『二人旅』
相撲漫談:一矢
講談:神田京子 『山内一豊の妻』
落語:(交互) 春風亭傳枝 『反対俥』
バイオリン漫談:マグナム小林
落語:春風亭柳之助 『ちりとてちん』
落語:(交互) 三遊亭円楽 『酔っ払い』
漫才:東京太・ゆめ子
落語:三遊亭遊史郎 『紙入れ』
落語:桂米多朗 『粗忽長屋』
奇術:北見伸
落語:(代演) 瀧川鯉朝 『あいつのいない朝』

 〜仲入り〜

落語:(交互) 瀧川鯉斗 『強情灸』
スタンダップコメディ:(交互) ナオユキ
落語:桂米福 『錦の袈裟』
落語:三遊亭遊之介 『蝦蟇の油』
歌謡漫談:東京ボーイズ
落語:(主任) 瀧川鯉昇 『ねずみ』



★あまぐ鯉 『英会話』
開口一番は鯉昇門下のあまぐ鯉さん。
単なる“アナクロ新作落語”だと思っていた『英会話』も、
テンポがよく口跡も滑らかだと現代的なネタに聴こえる。

★鯉丸 『二人旅』
地方公演の途中で帰った“聖なる”団体客の話を経て、
“ボケ役の旅人”がニンにハマっている『二人旅』へ。
“都々逸”の件は省略して“なぞかけ”の件へすぐ入った。

★一矢
「W杯の結果は『半端ない』っていうか半端だったね」。
稀勢の里や栃ノ心に触れてから「優勝は白鵬」と予想し、
観客参加型の相撲甚句で平日の客席に活気を与える。

★京子 『山内一豊の妻』
海外で口演した英語版『浦島太郎』のさわりを語るも、
「日本文化に興味ある外国人は日本語を聴きたい」。
そして『一豊の妻 出世の馬揃え』をリズムよく聴かせる。

★傳枝 『反対俥』
「華を持たせましょう。歌丸師匠の告別式でも花を…」。
“ドリフト走行”や“マリオカート”も登場の『反対俥』は、
傳枝師匠の気力・体力を感じさせる陽気な一席だった。

★マグナム小林
『明日があるさ』→「救急車」→「コンビニ」→「新幹線」。
初めての客が多かったようで、感嘆の声がよく上がる。
後半は『恋のバカンス』『暴れん坊将軍』『天国と地獄』。

★柳之助 『ちりとてちん』
“西郷隆盛”のマクラで客席を暖め、『ちりとてちん』へ。
柳之助版『ちりとてちん』は“旦那”もなかなか意地悪で、
“寅さん”の「美味い」という表情も的確に描写している。

★円楽 『酔っ払い』
「“あれ”以来初めての寄席。何以来って“あれ”以来」。
縁があるから「お別れの会」に出席できそうだと話し、
「山田隆夫の葬式には参列できない。縁がないから」。
「歌丸師匠は酒を一滴も呑まなかった」と言ってから
(この日の出番で歌丸師匠の名を出したのは一度だけ)、
酒を呑む医者と呑まない医者の“診断”や忠告の違い、
独り言形式の“寝酒”の小噺で客席を大いに湧かした。

★京太・ゆめ子
「口は重宝」といった言葉選びに生活感があって好い。
夫を「はいご苦労さま」とあしらうゆめ子先生の存在は、
それ自体がもはや“達人”の域に入ってきているような。

★遊史郎 『紙入れ』
小遊三一門の芸名に関するマクラで客席を安心させ、
昼間にやる噺ではなかったと言いつつ『紙入れ』へ。
丁寧ながらリズミカルに噺を運び、要所で笑いを掴む。

★米多朗 『粗忽長屋』
米丸・笑三両師匠の紹介のあと、『粗忽長屋』に入る。
“行き倒れ”を目の前にしながら「歌丸さんじゃないよ」。
“熊”は粗忽者だが性格は穏やかで優しく朗らかだった。

★北見伸
まずは伸先生が「紐」や「トランプ」の技芸を披露する。
次に小泉ポロン先生が「ハンカチ」→「リング」を魅せ、
最後は座敷席の女性客との会話も楽しく「果物カード」。

★鯉朝 『あいつがいない朝』
桃太郎師匠の代演。
「桃太郎師匠は営業仕事が好き。暇な私が呼ばれた」。
再放送中『カーネーション』の人間関係に触れてから、
“ケンカ友達”が主役の新作落語『あいつがいない朝』。
「いま気が付いたけど、人形も“人”生でいいのでは?」。
『笠碁』チックな爆笑と感動の一編を堪能させてもらう。

★鯉斗 『強情灸』
「目を噛む男」の小噺で客を確かめてから『強情灸』へ。
「これが熱いの熱くないの。いや、熱いんだけどね」。
“娘”の覗きに至るまで所作も豊富で、結構ウケていた。

★ナオユキ
「土曜の夜に」「酒場の女」「ガード下の酔っ払い」など、
独特の話芸で昼の部一番の爆笑をかっさらっていく。
ネタの密度がかなり高く、客の集中を途切れさせない。

★米福 『錦の袈裟』
マクラで客のハートを掴んでから、『錦の袈裟』へ入る。
“与太郎”のキャラ造型がクドくないのでさっぱり聴ける。
“遊女”が「あのボーっとしたのが殿様よ」と話してサゲ。

★遊之介 『蝦蟇の油』
「師匠は自転車泥棒でも妙蓮寺の賽銭泥棒でもない」。
見世物小屋の小噺を経て、静かな迫力の『蝦蟇の油』。
言い立てをキメるも「間違えたので拍手はいりません」。

★東京ボーイズ
「羽生結弦国民栄誉賞」「関ジャニ∞」の“なぞかけ”、
『ラブユー東京』『よせばいいのに』『長崎は今日も〜』。
持ち時間は短めで、この後の鯉昇師匠にバトンを渡す。

★鯉昇 『ねずみ』
「地方の主催者はその日のうちに東京へ帰らそうとする」。
柳昇師匠に連れられた旅先での爆笑エピソードを踏まえ、
歌丸師匠の十八番でもあった“左甚五郎モノ”『ねずみ』へ。
“甚五郎”が謙遜しながらアドバイスをしてくれたことに応じ、
“卯兵衛”は「ご親切に甘えて愚痴を……」と経緯を明かす。
この演目はややもするとクサい人情噺になりかねないが、
鯉昇版は滑稽さと人情とファンタジーのバランスが絶妙だ。
人間の善良さを強調するでもなく、“欲”を押し出すでもなく、
全体的には穏やかながら、わずかに緊張感が漂っている。
様々な角度から愉しめる、ずっと浸っていたい世界だった。



──私にとって本日は歌丸会長逝去後初めての芸協の興行でしたが、
芸人のみなさんの“普段通り”の話芸にかえって感動させられました。
円楽師匠の心を淋しさが覆っていた感は否めようがなかったけれども、
それでも“あれ”を吹き飛ばす爆笑の高座を展開したのだからさすが。
こうやって寄席芸人は悲しい出来事から“リハビリ”していくのでしょう。

ところで、鯉昇師匠が本日の寄席で好演していた『ねずみ』という噺は、
前述した通り、歌丸師匠が「大好き」と公言して憚らない演目でした。
先月発売されたばかりの口演速記本『歌丸ばなし2』(ポプラ社)でも、
この『ねずみ』という噺が8席の速記のいわば“大トリ”を飾っています。
本日の末廣亭は、私にとっては期せずして“追悼”の寄席になりました。
posted at 23:59 | Comment(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE