2018年01月03日

これぞ落語のエッセンス! “さらっと上手い”小遊三の『浮世床』


今日は、新宿末廣亭 正月初席 第二部 へ行ってきました。
仲入り前は、三遊亭小遊三師匠。

suehirotei-2018-01-03-bangumi.jpg



 <第二部>

(途中から)
落語:(交互) 三遊亭遊馬
紙切り:林家今丸
講談:(交互) 神田紅 『母里太兵衛』
落語:(交互) 三遊亭春馬 『読書の時間』
コント:(交互) チャーリーカンパニー
落語:(交互) 三笑亭可楽 『イスラムの世界』
漫才:(代演) ナイツ
奇術:(交互) 山上兄弟
落語:(代演) 春風亭昇太 『看板のピン』
落語:三遊亭小遊三 『浮世床』
(途中まで)



★遊馬
整理券310番台のため翔丸さんには間に合わず。
遊馬師匠の高座の途中で入場し、2階席へ上がる。

★今丸
本来ならば花さんとのコンビ出演のはずなのだが、
何らかの事情のため今丸師匠がソロで登場。
今年の干支である「犬」を切り、「客の横顔」で〆る。

★紅 『母里太兵衛』
最近の郷里の若者は「黒田節」を知らないと嘆き、
正月の定番ネタ『母里太兵衛』黒田節由来の一席。
普段よりも短い時間で客の集中を作り上げていた。

★春馬 『読書の時間』
マクラはそこそこに、6代目文枝作『読書の時間』。
初席に集った老若男女の客を万遍なく笑わせ、
教室でのやり取りでサゲる(「エロエロ日記だ!」)。

★チャーリーカンパニー
「安売り鮮魚店」のコントで客のハートを鷲掴み。
やはり初席の客は大いに笑い、過剰なほどに喜ぶ。
ハケる際の菊池先生のトボけた顔が洒落ていた。

★可楽 『イスラムの世界』
引退宣言”も束の間、可楽師匠は高座に上がる。
前座に手を取られて登場し、客を警戒させるも、
いざ喋り始めると笑いと感心をかっさらっていく。
「100歳まで続ければ誰でも人間国宝になれる。
 小三治は上手い。私も50代の頃は上手かった」。
カフィーヤを被るくだりでは大拍手が巻き起こった。

★翔丸
NHK総合テレビの番組で中継があるということで、
翔丸さんが時間調整のための前説役として再登場。
スタンダップコメディ的に自身の小噺で場を繋ぎ、
終盤には昇太師匠が高座に顔を出すハプニングも。

★ナイツ
内海桂子師匠をテーマ(?)とする「将棋」のネタ。
短い時間で伏線を回収していく安定の高座だが、
伏線部もギャグが詰まっているので勢いを感じる。

★山上兄弟
初っ端から「てじなーにゃ」を連発して盛り上げる。
「紐」→「犬のぬいぐるみ」→「ティースくん」。
暁之進さんが普段以上によく動き、トークしていた。

★昇太 『看板のピン』
「すごい拍手でしょ? 事前に頼んでおいたんです」。
初詣のマクラを経て、博打噺の名作『看板のピン』へ。
昇太師匠は若い衆のキャラがニンにハマっているが
(このネタは『マサコ』の古典版であるとさえ感じる)、
“隠居”の凄み方もユニークなので噺に奥行きがある。

★小遊三 『浮世床』
「ここからは中継がない。あってもなくてもよい時間」と
突っぱねながらも、江戸前の古典をしっかり聴かせる。
『浮世床』を「海老床」→「囲碁・将棋」→「本」まで。
物語性ゼロの“なんてことのない”ネタでありながらも、
これこそが落語のエッセンス(本質)だと思わせられる。
小遊三師匠ならではの“さらっと上手い”高座であった。



──というわけで、新しく始まった本年も、例年のように友人を連れ、
末廣亭の初席(の途中から途中まで)を愉しむことができました。
毎年この「第二部」では歌丸師匠が主任を勤めているのですが、
昨年からは交互出演となり、今年は全日休演が決定しました()。
歌丸師匠の一日も早い(かつ確かなる)快復を願ってやみません。

本日の公演については、可楽師匠の元気な姿にも満悦しましたが、
やはり小遊三師匠の『浮世床』の素晴らしさが思い出されます。
まさか『浮世床』を聴いて感動させられるとは思ってもみなかった。
若手の落語家が挿み込むような奇抜なクスグリがあるわけでも、
「江戸の風」を吹かせてやるという主張性があるわけでもないのに、
そこでは落語の本質を現す“軽い”話芸が繰り広げられていました。


suehirotei-2018-01-03-gaikan.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE