2017年12月07日

“温故知新”のアメコメ×バディ活劇 『セントラル・インテリジェンス』


先日、川崎チネチッタで
映画『セントラル・インテリジェンス』を観ました。

central-intelligence-japan-poster.jpg


 <あらすじ>
高校時代は誰もが憧れるスターだったカルヴィン(ケヴィン・ハート)だが、
卒業から20年後、現在は中年会計士としてサエない日々を送っている。
そんな彼のもとに突如、当時「おデブ」と呼ばれていじめられていた
ボブ(ドウェイン・ジョンソン)から“久しぶりに会いたい”との連絡が届く。
しぶしぶ会いに行くと、そこにはマッチョな肉体へと変貌したボブの姿が!
しかも実はCIAの一員で、組織に追われているため助けてほしいという。



私がこのアクションコメディ映画を観に行こうと思った理由は2つあります。
一つは、米国民的コント番組『サタデー・ナイト・ライブ』の裏番組として
FOXテレビで放送された『マッドTV!』(1995年〜2009年)の元レギュラー、
コメディアンのアイク・バリンホルツが原案と共同脚本を担当しているから。
較べるまでもなく番組の完成度も視聴率も『SNL』のほうが上でしたが、
個人的には『マッドTV!』の“空気”のほうに親近感を抱いていたりします。

もう一つの理由は、かねてより私がその制作姿勢に信頼を置く映画監督、
ローソン・マーシャル・サーバーが監督と共同脚本を担当しているから。
サーバーは『ドッジボール』(2004年)、『なんちゃって家族』(2013年)と、
良質なアメコメ(アメリカンコメディ)映画を発表していることでおなじみです。
ちなみに、『なんちゃって家族』に出演していた俳優のエド・ヘルムズは
本作に出演してはいませんが、製作総指揮の一人として参加しています。



サーバーは処女作品『ドッジボール』でも、第3作『なんちゃって家族』でも、
コミュニティから疎外されている人生不調組を主人公に設定してきました。
サーバーの作品において、人生不調組の面々は時の経過とともに団結し、
最終的には富と権力を不当に独占する“勝ち組”の悪役に一泡吹かせます。
本作もその例外に漏れませんが、主人公を2名の男性に絞っているため、
いわゆるバディムービーとしてテンポよく物語が展開するのが特徴的です。

とはいえ本作は決して子ども騙しのありきたりなバディムービーではなく、
ましてや陳腐なブロマンス映画の範疇に留まっているわけでもありません。
一癖あるシナリオのおかげで、観客は本作がバディムービーなのか、
“相棒”が味方なのか敵なのかを最後まで判断できなくされているのです。
シナリオ上のこの仕掛けが映画に丁度良い緊張感と遊び心をもたらし、
世界中で量産されている数多のバディムービーとは一線を画しています。

──しかし、107分間の本編を観終わり、改めて歴史を振り返ってみれば、
「“相棒”が味方なのか敵なのかがラストまで分からない」という仕掛けは
映画史上屈指の名作『スティング』(1973年)でも施されていたわけで、
脚本を担当したサーバーやバリンホルツの発明というわけではありません。
名作映画からの学びに基づいて独自の映像センスを打ち出した本作は、
まさしく“故きを温ねて新しきを知る”正統派の娯楽映画だと称えるでしょう。



『セントラル・インテリジェンス』では、サーバーとバリンホルツのみならず、
デヴィッド・スタッセンというコメディ作家も共同脚本に名を連ねています。
バリンホルツとスタッセンは、2012年9月にFOXテレビで放送を開始し、
2015年から2017年11月までは動画配信サービス「Hulu」で配信された
ミンディ・カリング主演の連続コメディドラマ『The Mindy Project』で
ともに脚本と製作を担当した、いわば“直近の”ビジネスパートナーです。

いまや全米No.1の人気映画スターの座に就いたドウェイン・ジョンソンと
人気No.1コメディアンであるケヴィン・ハートの好演が際立つ本作ですが、
一癖ある“温故知新”な設定はもとより、明るく笑える下ネタや人種ネタ、
Facebookのメッセージ機能の特性を活用した(?)不条理なギャグ、
そして「裸の自分を恥ずかしがるな!」という前向きなメッセージ性など、
3名のコメディ作家が書いた脚本の出来も相応に評価されるべきでしょう。

黒人や同性愛者に関する差別的な表現を逆手にとってギャグを紡ぎ出し、
“当事者”をも満足させるカタチで映画を面白くしている本作を観ると、
PCのせいで笑いを創れない」という弁明は欺瞞だということが分かります。
これは『22ジャンプストリート』(2014年)を観た時にも感じたことですが、
今日の優れたコメディ制作者たちは、人権の概念に「縛られる」どころか
むしろ人権意識を発露することで面白いコメディを創り続けているのです。


▲ 「ダサいカバンを持ちたいなら堂々と持てばいい」 (ドウェイン・ジョンソン)
posted at 23:59 | Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE