2017年08月04日

全体主義の下、いかに「私」はあり得るか 『残像』


先日、岩波ホールで 映画『残像』を観ました。

Powidoki_Japanese-poster.jpg


 <あらすじ>
第二次大戦後、ソ連の影響下で社会主義国家となったポーランド。
前衛的な画家・ストゥシェミンスキ(ボグスワフ・リンダ)は
ウッチ造形大学の教授として若い学生たちの指導にあたっていた。
しかし、芸術を政治に利用とする政府の方針に反発したために、
画家としての名声、人間としての尊厳までもが踏みにじられていく。



『残像』(2016年)は『灰とダイヤモンド』(1958年)などで高名な巨匠、
アンジェイ・ワイダ監督(2016年没)の遺作となった作品です。
社会主義の政権下で「社会主義リアリズム」に追従しなかったために
迫害されていく実在の画家・ストゥシェミンスキの晩年を描いています。
とはいえ、本作では次代を担う若者たちの葛藤や行動も映されており、
シリアスな展開が続く中にも、活力や希望が滲んでいるのも確かです。

主人公・ストゥシェミンスキは学生に慕われる造形大学の教授であり、
その講義は情熱的でありつつも理論的で、決して抽象的ではありません。
例えば、「どのように自らの芸術を確立すべきか」と問い掛けられると
ストゥシェミンスキは「自分で探すしかない」と返答するとともに、
芸術と自身を調和させる重要性について示唆的な助言を送っています。
最晩年には自らの『視覚理論』をまとめることに精力を傾けていました。

情熱と理論を融和させるストゥシェミンスキの芸術家としての在り方は、
人生というレベルにおいては理想と現実の対立劇となって現れます。
ストゥシェミンスキは「社会主義リアリズム」に静かに抵抗しつつも、
自らの生活と生存のためにスターリンの肖像画を描き始めるのです。
信条と責任のあいだで葛藤する全体主義体制下の個人を描いてきた
ワイダ監督作品の集大成と呼ぶにふさわしい、物語の構図であります。

もちろん、ワイダ監督は『ワレサ 連帯の男』(2013年)でそうしたように、
自らの映画の主人公を聖なる英雄として表現するのではなく
私生活での“かっこよくない”人間像も併せて冷徹に提示していました。
まるでそれは、完全無欠で隙がないと前提されている「国家」に対して
優柔不断でだらしがなくて綻びだらけの「個人」をぶつけることで、
全体主義が非人間的な仕組みであることを強調しているかのようです。



生前のワイダ監督は、全体主義の国家が個人を抑圧していくようすを、
作品を通して、そして自身の発言としても粘り強く発信してきました。
本作『残像』でも、文化大臣から「あなたはどちらの側につくんだ?」と
問われたストゥシェミンスキの友人が「私はあなたの側につく」と答えて、
大臣が「『あなた』? 我々の側につくということか?」と返す場面など、
全体主義体制ならではの象徴的なセリフや展開が用意されていました。

全体主義体制の下では「I」や「you」のような単数形の存在は許されず、
「we」や「they」のような複数形のみが用いられることになります。
ボーヴォワールが「真理は一つだが誤謬は複数ある」と言い放ったように、
全体主義はたった一つの「正解」以外の存在を許容できません。
芸術活動が本来的に「別解」しか持たない営みであることを考えれば、
全体主義の世の中で芸術家であり続けることの困難さがよく分かります。

「社会主義は間違っておらず、ソ連型社会主義が間違っていただけだ」
という主張は今なお存在しますが、社会主義が全体主義である以上、
そのような“技術論”は的外れの妄説だと指摘せざるを得ません。
「独裁は他の体制でもあったのだから、社会主義が悪いわけではない」
という主張にしても、社会主義だけが悪ではないことの説明ではあっても、
社会主義という全体主義が根本的に抱える問題を何も隠せていません。

私たち──否、“私”は、社会主義や共産主義を含むあらゆる全体主義を、
個人の尊厳を破壊するイデオロギーとして否定しなければなりません。
必要なのは、全体主義に対抗する体制としてのリベラル・デモクラシーの
“完成なき構築作業”であって、全体主義の“運用論”ではないはずです。
──今日の世界を見渡せばもはや手垢のついた結論ですらありませんが、
それこそが、私がワイダ監督の遺作から受け取ったメッセージなのです。



posted at 23:59 | Comment(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE