2017年07月04日

クールながらも奇妙で穏やか “天どんワールド”な『船徳』


今日は、鈴本演芸場 7月上席 夜の部 へ行ってきました。
主任は、三遊亭天どん師匠。

suzumoto-2017-07-kamiseki.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 柳亭市朗 『転失気』
落語:(交互) 三遊亭わん丈 『権助魚』
奇術:ダーク広和
落語:柳亭燕路 『出来心』
落語:鈴々舎馬るこ 『牛ほめ』
漫才:ホンキートンク
落語:(交互) 三遊亭白鳥 『スーパー寿限無』
落語:桃月庵白酒 『風呂敷』

 〜仲入り〜

音楽:のだゆき
落語:入船亭扇遊 『狸賽』
太神楽曲芸:鏡味仙三郎社中
落語:(主任) 三遊亭天どん 『船徳』



★市朗 『転失気』
開口一番は市馬門下の市朗さん。
“花屋”や“おじさん”の件を省略した『転失気』。
珍念の独り言が丹念に語られる。サゲは「クサい話」。

★わん丈 『権助魚』
「極上の客」、金髪だった高校時代のマクラを経て、
古典の世界に馴染んだクスグリが愉しい『権助魚』。
「……私が今川焼に興味があるように見えたかい?」。

★ダーク広和
ボール→ロープ→Tシャツ変わり→フラフープ。
「YouTube」「Facebook」などの単語が普通に飛び出す。
この先生の幅広さ、奥深さが気になってしょうがない。

★燕路 『出来心』
振り込め詐欺のマクラから、師匠譲りの『出来心』へ。
「お前と俺とで駐車場を作ろうってんじゃないんだよ」。
噺のあらすじが頭に入ってきやすい語り口ではある。

★馬るこ 『牛ほめ』
マクラなしで『牛ほめ』に入り、笑いを加速していく。
「……いや、焼き鳥屋でも壁は砂肝じゃない!」。
パワフルな与太郎像がとにかく痛快、爆笑必至の高座。

★ホンキートンク
自己紹介ネタや「有名になりたくない」などを挟んで、
落語家の羽織のようにスーツを脱ぎ出し『時パスタ』。
最後は吉幾三の『Dream』(手拍子付き)でフィナーレ。

★白鳥 『スーパー寿限無』
みんなで「寿限無」の名前を合唱させてから、
“人間国宝”の天どん師匠が登場の『スーパー寿限無』。
「噛まずに言えたら天どん師匠のこの芝居は成功する!」。

★白酒 『風呂敷』
「台風の時は意外と客が入り、妙な連帯感が生まれる」。
「女サンガイにイエなし」をめぐる「性差別ですか!?」
→「強調の『し』」の展開が最高にくだらなくて可笑しい。

★のだゆき
ぞう→ピアニカ組曲→『パリの空の下』→『七夕さま』
→『ジングルベル〜交響曲第9番』→『ぶんぶんぶん』。
「〜ですよ」などの語尾がどことなく天どん師匠っぽい。

★扇遊 『狸賽』
「落語は生がいい。のんびり聴いて」という挨拶の後、
狐と狸の小噺を経て、江戸っ子の息遣い満載の『狸賽』。
「このサイコロ、“二の目”が俺を睨み付けてる」。

★仙三郎社中
傘廻し→五階茶碗→土瓶→花笠。
いつもいつでもスゴ技を実にあっさりと決めていくが、
それらはあくまでも稽古の賜物なのだと伝わってくる。

★天どん 『船徳』
「台風が来てるから(入場客の数は)いい言い訳になった」
「自分で終わりだから笑わないと気持ちよく帰れない」
「昨日の客が来ていないならネタ出ししなければよかった」
などと弱音を吐きつつも、夏ならではの噺『船徳』へ入る。
「徳三郎です(キリッ」と名前を連呼するナルシストの若旦那、
災難に遭っても最終的には友情を深め合う2人組の客など、
天どん版『船徳』はキャラクターの味付けが確立されていて、
この師匠のユニークな個性と持ち味をスパークさせている。
「『あいつら』と呼んでる時点で対等じゃない気がしますけど」
「ちょっとでも嫌だな、と思ったらやめるんですよ?」など、
“クールながらも奇妙で穏やか”なフレーズも盛りだくさん。
天どん師匠の落語は「クール」と形容されることも多いが
(かくいう私もたった今「クール」という語を使ったばかりだが)、
実際には“割と素直でピュア”な優しさが根本にあると思う。
「石垣に50本ぐらいこうもり傘が刺さってたよ」という描写や
「やーめた。謝って、ください」などといった展開も独創的で、
“天どんワールド”満ち溢れる充実の高座に満足させられた。



──というわけで、関東地方に台風3号が接近する中、
夜の鈴本演芸場で天どん師匠の主任興行を楽しませていただきました。
わん丈さんの個性的でありながら古典の世界にハマったクスグリには、
「これが古典と新作のハイブリッドってやつか!」と惚れ惚れした次第。
古典の世界を壊さない形で挿まれる新たなクスグリって、いいですよね。

そしてやっぱり、なんといっても本日の主役、天どん師匠──。
天どん師匠にしか造成できないであろう独特なキャラクターたちが、
いつのまにか“トラブルのさざ波”に乗っかり、惨事を拡大していく様子は、
聴いていて心地がよく、もっとこの世界に浸かっていたいと思ったほど。
噛めば噛むほど味が出てくる落語のおかげで、気持ちが楽になりました。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE