2017年05月30日

人間であるがゆえの「弱さ」を 『シャセリオー展』


先日、国立西洋美術館で開催された
『シャセリオー展 19世紀フランス・ロマン主義の異才』へ行ってきました。

chasseriau-01.jpg



テオドール・シャセリオーの絵画が本格的に紹介されるのは、
日本では今回が初めてなのだそうです。
政治家にして公法学者のアレクシ・ド・トクヴィルの肖像』(1844年)を
生で鑑賞できるということで、上野の公園口へ駆けつけました。


chasseriau-02.jpg
▲ 『自画像』(1835年)より

chasseriau-04.jpg
▲ 企画展示室 入口



『シャセリオー展』の感想。
――いや〜、すっかりシャセリオーにハマってしまった!
あの絵もこの絵も素晴らしい。何もかもが素晴らしい。
近頃の私は図録(2700円)を眺めながらニヤつく日々を送っています。

個人的に気に入った作品を挙げるとキリがないのですが、
例えば『アポロンとダフネ』(1845年)は熟視せざるを得ません。
私がギリシア神話ファンであることを差し引いても、
この作品から漂う儚さ、美しさ、怖ろしさには魅了させられます。

一方、連作『オセロ』(1844年)はワクワクするような楽しさです。
ドラクロワの連作『ハムレット』(1834年)と比べるのも面白そう。
オリエント世界を描いた作品群は優しさに満ちていて、
「人間」を撮り続けたロバート・キャパの写真を思い起こしました。

当然のように展示されていたモローの『若者と死』(1865年)――
この絵を昔から好いてきたにもかかわらず、不勉強な私は
これがシャセリオーへのオマージュであることを初めて知りました。
私がシャセリオーにハマるのは必然だったのかもしれません。

加えて、私がハマったのはシャセリオーの作品のみにあらず。
容姿への劣等感(現代的視点だとイケメン風なのに!)、
パリ・コミューンで壊された会計検査院の壁画、37歳での夭折など、
シャセリオー自身のエキゾチックな逸話と人物像も魅力的です。


chasseriau-03.jpg
▲ 『カバリュス嬢の肖像』(1848年)より



恥ずかしながら私は美術については門外漢なので
これが情緒的な感想でしかないことをご了承願いたいのですが、
シャセリオーの絵画からは絶妙な「弱さ」を感じました。
(といっても、作品そのものが未熟だという話ではありません。)

それは通常は「繊細さ」と表現されるものなのだろうけれど、
ここではあえて「弱さ」というネガティヴな言葉を使っておきたい。

われわれは他人と完全に分かり合うことはできない、
われわれは不条理なできごとから逃れることはできない、
われわれは毀誉褒貶を避けて通ることはできない、
われわれは眠れぬ夜を過ごさずに成長することはできない――。

人間はそのような「弱さ」を抱えながら毎日を生きています。
シャセリオーの絵画は色遣いも美しく華麗さを帯びていますが、
メッセージ性を押し出さない裏テーマ的な次元で
人間が人間であるがゆえの「弱さ」が描かれていると感じました。

しかし私がシャセリオーの絵画に心を惹かれるのは、
人間の「弱さ」が悲劇として描かれているからではありません。
むしろその「弱さ」をこの世界の要素として包み込み、
《いま・ここ》を静かに生きる人間の姿が描かれているからです。

人間は「弱い」。環境に苛まれ、他者との関係に苦しまされる。
それでもわれわれは生きることを選択し、《いま・ここ》に立つ。
一見するとそれは消極的な選択のようにも思えますが、
その選択は明日への希望を意味するのだと、私は信じています。



――「お前はいったいどの絵を見てそんな感想を持ったんだ?」
「シャセリオーは風景画も描いてるぞ!」とツッコまれそうですが、
『シャセリオー展』をヒントに抱いた雑感ということでご理解ください。

それでは最後にトクヴィルの言葉を引用してお茶を濁します。
これこそまさしく『シャセリオー展』とは関係のない文章ですが、
アメリカのデモクラシー』の中でも特に私を感動させた一節です。

 現世の不完全な喜びは決して人の心を満足させまい。生きとし生けるものの中で独り人間だけが、生存への生まれながらの嫌悪を示し、同時に限りなく生存に執着する。生きることを軽蔑し、しかも無を恐れるのだ。こういった矛盾する本能が、不断に人の魂を来世の瞑想に向かわせる。その道案内となるのは宗教である。宗教は、だから希望の、ある特殊な形式にすぎず、希望そのものと同じように、人の心に自然なものである。人間が宗教的信仰から離れるのは、一種の知性の短絡を通してであり、人間の固有の本性にある種の精神的暴力を加えた上でのことである。ある打ち克ちがたい傾向によって、人は信仰に引き戻される。不信仰は偶然であり、信仰だけが人間の恒久的な状態である。
(松本礼二訳)

posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE