2017年02月09日

ぼくの好きな先生 ―ツヴェタン・トドロフが死んだ


tzvetan-todorov.jpg
Tzvetan Todorov (1939 - 2017)


 もしも自分の人生に最も影響を与えた哲学者は誰かと問われれば、私の場合はツヴェタン・トドロフの名前を挙げるしかない。トドロフは1939年3月1日、社会主義時代のブルガリアに生まれた。全体主義体制の横暴と欺瞞に嫌気がさし、フランスへ渡ってパリ大学で文学博士号を取得する。記号学の研究や幻想文学の評論で世界的に知られる存在になったが、私にとってのトドロフとは歴史と思想史を読み解く哲学者のことであった。

 私が初めて接したトドロフの著作は『悪の記憶・善の誘惑 20世紀から何を学ぶか』(法政大学出版局)である。世紀末を記念して出版されたこの本の中で、トドロフは「私たちは博学でなくても人間であることができる」というジャン=ジャック・ルソーの言葉を引用している。私はこの引用に感動を覚えた。ルソーのこの言葉を引用するトドロフは深い意味でヒューマニズムを理解しているように思えた。

 以来、私はトドロフの著作群に親しむようになる。「落書き帳」という別名でも知られる私の自習用ノートは、トドロフの著作からの引用と、記述の要約と、それらに対する私の感想で埋まっていった。そして驚くべきことに、今でも私は月に何回かはトドロフの著作をじっくりと読み直している。つまり何が言いたいのかというと、私にとってトドロフは唯一無二の「お気に入り」の思想家であり、我が親愛なる家庭教師であるということだ。

 そのトドロフが亡くなった。トドロフの死によって一つの時代が終わったなどと言うつもりはないが、2016年にナンシー・レーガンが亡くなったように、2017年にツヴェタン・トドロフが亡くなったことは私に印象的な効果をもたらす(この両名の訃報を並べるのはいささか奇妙だが)。私は今、崖っぷちに立たされたような心持ちでいる。これまでトドロフの著作を読むとき、私はトドロフが現役の思想家であるという事実に甘えていたのかもしれない。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE