2017年02月04日

さりげない温かみが顔を出す “重労働”小遊三の『味噌蔵』


今日は、国立演芸場 2月上席 へ行ってきました。
主任は、三遊亭小遊三師匠。

2017-02-kokuritsu-poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 春風亭べん橋 『たらちね』
落語:(交互) 三遊亭遊かり 『ん廻し』
奇術:山上兄弟
落語:(代演) 三遊亭遊雀 『堪忍袋』
漫才:ナイツ
落語:柳亭楽輔 『火焔太鼓』

 〜仲入り〜

講談:神田陽子 『名人小団次』
落語:春風亭柳橋 『お見立て』
ギタレレ漫談:ぴろき
落語:(主任) 三遊亭小遊三 『味噌蔵』



★べん橋 『たらちね』
開口一番は柳橋門下のべん橋さん。
前座でありながらすでに芸風が確立されている。
人物のリアクションに間を置くのはわざとなのだろう。

★遊かり 『ん廻し』
本来は遊里さんのはずだが、遊かりさんが登場。
「今年も落語ファーストで行く」と笑いを獲り、
「プーチン」などの単語も登場する『ん廻し』へ。
言い立てでつっかえるも、自らツッコんでやり流す。

★山上兄弟
『千本桜』をBGMに流しながら赤と青の袴で登場。
扇の手品を披露してから、後輩・HIROMIへ引き継ぐ。
最後は扇状の箱の中の暁之進が消えるマジックをキメた。
17日放送の『コサキン亭』(BSフジ)に出演とのこと。

★遊雀 『堪忍袋』
遊史郎師匠の代演。
「お気の毒ね」の小噺を経て、十八番の『堪忍袋』。
「聞こえるか聞こえないぐらいの、でも聞こえる声」。
爆笑に次ぐ爆笑で、「私が悪かった」あたりでサゲる。

★ナイツ
芸人の交通事故、おでんツンツン男などを取り上げ、
「俺じゃなかったっけ?」とボケ倒していくネタ。
漫才協会とJャニーズ事務所の関係が暴かれ……
「ここにいる全員消せます」「殺される、殺される!」。

★楽輔 『火焔太鼓』
「エボラ出血熱」「熱中症」のネタで客席を湧かし、
古今亭そのままのフレーズが小気味よい『火焔太鼓』。
楽輔版『火焔太鼓』の“古道具屋”はドライで、
女房のことも冷たく突き放している風なのが印象的だ。

★陽子 『名人小団次』
仲入り後は、自称「ひとりAKB」陽子先生の講談。
「演芸場ではいつでも掛け声をして構わないが……」
というマクラからの『名人小団次』出世の一席。
わかりやすくても迫力満点、観客を惹きつけていく。

★柳橋 『お見立て』
「明日の講談・講釈が楽しみ」と微笑んでから、
おなじみの「近頃の大学生」ネタを経て『お見立て』。
それぞれの登場人物が“行動”だけで結び付き、
“気持ち”がちっとも絡み合わない様子を表現する。

★ぴろき
「スマホが冷蔵庫の下に」「映画館のせんべい」
「新幹線で座席が回転」「新幹線でおにぎり」などの
ネタを披露し、最後は妻娘ネタで爆笑をかっさらう。
土曜日の昼下がり、満席の会場でウケにウケていた。

★小遊三 『味噌蔵』
「声が二十日ほど出ない」とガラガラ声で打ち明ける。
本日はこの出番の前に『笑点』と『もう笑点』の
収録があったそうで、「歌丸師匠は生きていました。
 呼吸器・車椅子なのに、こういうところに出ると平気」。
大喜利は休めるし咳もできるからまだ楽だったそうだが、
高座は喋り続けないといけないので「重労働」だという。
ケチな人は声も出したくないということで、『味噌蔵』。
「もらった女房を帰すようなことはできません」。
小遊三版の“ケチ兵衛”はケチだが人の道を心得ており、
息子が産まれたと知るとやや嬉しそうな表情を見せるなど、
どこか血の通ったハートウォーミングなところがある。
何しろ、妻の実家で出されるおかずを持ち帰ろうとするのは
番頭や奉公人に食べさせるためだったりするのだ。
「ドガチャガ」「人事不省」などの名フレーズも散りばめ、
さりげない温かみが顔をのぞかせる『味噌蔵』を好演した。



──というわけで、本日は小遊三師匠が主任の国立演芸場で、
演芸の楽しさ、古典落語の面白さを存分に堪能させていただきました。
今さらだけれど、同じ噺でも、演者によって「姿」や「香り」が変わる。
それらの変化は、所作やフレーズ、フラや声色の違いというよりも、
演者が「噺の中の人物をどう捉えているか」の違いに起因するものです。

噺の中の登場人物をどう捉え、どう「キャラ付け」していくかによって、
まったく同じ台詞が口演されるとしても、噺の全体像は異なってきます。
噺を形作るのは、結局のところ、「骨格」ではなく「血肉」なのでしょう。
そして「どのような血肉が望ましいか」という問いに正解がないところが、
目の前の客を相手にする話芸の面白さでもあり、厳しさでもあるのです。


2017-02-04-kokuritsu-endai.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE