2017年01月28日

適切なキャスティングで“王道”を往く 『マダム・フローレンス!』


先日、川崎チネチッタで
映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』を観ました。

florence-foster-jenkins_japan_poster.jpg


 <あらすじ>
第二次世界大戦中のニューヨーク。
社交界の女王であるマダム・フローレンス(メリル・ストリープ)は、
ソプラノ歌手になるという淡い夢を捨てきれずにいる。
夫のシンクレア(ヒュー・グラント)はフローレンスの夢を叶えるため、
支持者ばかりを集めた小さなリサイタルを開くなどしていた。
やがてフローレンスは名門カーネギーホールで歌うことを決め……。



フローレンス・フォスター・ジェンキンスという実在したセレブ女性が
名門ホールでリサイタルを開くまでの道のりを描いた本作は、
ハリウッド2大スターの“競演”を愉しむドラマとして評価できるでしょう。
世間知らずの「天然」でありながらも実は繊細な一面をもつ妻と、
お調子者的ではあるのだが純愛と誠実さを内に宿している夫──。
ストリープとグラントは独特な夫婦の関係を軽々と表現していました。

さらに、フローレンスの伴奏者役として本作の“第3の主役”を務めた
サイモン・ヘルバーグ(『ビッグバン★セオリー』)も見逃せません。
ウザくならない程度にクドい演技が役柄にハマっていました。
激しいドラマ展開があるわけでもない「実話をもとにした作品」では、
やはり俳優の演技力と「ハマり具合」が問われることになります。
本作の最大の魅力は適切なキャスティングにあると総括できそうです。

惜しむらくは、マダム・フローレンスを演じたメリル・ストリープの歌声。
劇中ではストリープ本人が歌声を披露しているのですが
高音が耳につくぐらいで、音程そのものを外しているわけではない。
皮肉なことに、ストリープは本物の“音痴”には成りきれてないのです。
どうせエンディングでフローレンス本人の歌声を流すぐらいなら、
劇中でもフローレンス本人の歌声を利用すべきだったかもしれません。

とはいえ、本作のメインテーマは「ストリープによるモノマネ」ではなく、
あくまでもマダム・フローレンス夫妻を中心とした「人間ドラマ」です。
メリル・ストリープがやりそうな役をメリル・ストリープがやり、
ヒュー・グラントがやりそうな役をヒュー・グラントがやった本作は、
脚本面でも演出面でもまさに王道を貫いたからこそ、見応えがあります。
あるシーンで私が思わず涙を浮かべてしまったのはここだけの秘密。



▲ フローレンス・フォスター・ジェンキンス本人の歌声。
彼女のアルバムはデヴィッド・ボウイが“生涯愛した名盤”として有名らしい。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446408145

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE