2016年12月03日

やせ我慢、引っ込みつかず… “江戸っ子”の噺、可楽の『尻餅』


今日は、国立演芸場 12月上席 へ行ってきました。
主任は、三笑亭可楽師匠。

kokuritsu-201612kamiseki.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 桂伸力 『道灌』
講談:(交互) 神田蘭 『トゥーランドット』
落語:(交互) 三笑亭夢丸 『権助提灯』
落語:三笑亭可龍 『桃太郎』
コント:コントD51
落語:桂伸治 『お見立て』

 〜仲入り〜

講談:神田紅 『大高源吾』
落語:桂歌蔵 『モンゴル公演記』
奇術:(代演) プチ☆レディー
落語:(主任) 三笑亭可楽 『尻餅』



★伸力 『道灌』
開口一番は伸治門下の伸力さん。
まっすぐな人なんだろうな、というのが伝わってくる。
笑顔をいつも絶やさない穏やかな“隠居”像が印象的。

★蘭 『トゥーランドット』
「真田丸」ネタと「トゥーランドット」ネタ、
どちらがよいかと訊ねてからの『トゥーランドット』。
イナバウアーを交え、「明日までに名前を」の段で降りる。

★夢丸 『権助提灯』
「一日だけの出演は前代未聞」と笑わせてから、
電車内から暗闇に手を振る「かっこいい」男の子の話。
夢丸版『権助提灯』は奇を衒っていないのにユニークだ。

★可龍 『桃太郎』
ホテルロビー落語会でのエピソードで場を暖める。
分かりやすさと遊び心が重なった、無駄のない『桃太郎』。
「ライオンが家来だったら喰われてるだろうけどね」。

★コントD51
香川タキ、オレオレ詐欺の被害に遭……いかけるの巻。
「すまんの、すまんの、まんのう町〜」。

★伸治 『お見立て』
芸協と鈴本の軋轢や、寄席の裏手の「お店」の話を
マクラで紹介するも、なぜか客席が引き気味だったので、
「そういう世界もある、という話ですからね」。
この師匠が演ると『お見立て』も嫌味なところが生じない。

★紅 『大高源吾』
和やかな雰囲気で紅先生が上がり、『大高源吾』。
気付いてしまった。もうすっかり年の瀬なんですよね。
お終いのほうで発揮されるメリハリの利いた語りはさすが。

★歌蔵 『モンゴル公演記』
今年も終わりということで、モンゴル巡業の想い出を。
気持ちをストレートに表すモンゴル人、BGM化する出囃子、
手に当てられたスポットライト、モンゴルのことわざ……。
私の笑いのツボに的中、個人的には大満足の一席だった。

★プチ☆レディー
マジックジェミー先生の代演。
リング→透明トランプ(途中で協力者変更)→剣刺し箱。
国立ならではの音響も照明も駆使した華やかなステージ。

★可楽 『尻餅』
「ここまでご覧になって面白いですか? 私は面白くない」。
終戦後、可楽師匠は映画俳優になろうと思ったという。
映画俳優と違って落語家になるのに試験はいらない、
可風は20年前に国立の楽屋前で弟子入りを志願してきた、
本気度を確かめるためまずは毎日電話するように言った、
そしてこの前真打ちになった、などのお話を嬉しそうに。
「今日は餅の噺を演る」ということで風物詩の『尻餅』へ。
「お前、借金を踏み倒す気か。言い訳ぐらいしたらどうだ」。
夫婦の「餅つき」よりも“借金取り”との掛け合いが
噺のメインになっているところが、なるほどこの師匠らしい。
やせ我慢、頑固、引っ込みつかず──。私の好きな江戸っ子。



──というわけで、本日は可楽師匠の落語を久々に拝聴しました。
大抵の演者は『尻餅』では「餅つき」の件をフィーチャーしますが
(というか、逆にそれ以外の盛り上げ方を聴いたことがない)、
可楽師匠が演ると、この噺は「江戸っ子」をめぐる噺に変貌します。
『尻餅』は夫婦の噺であるよりも先に「江戸っ子」の噺だったのです。

実を言うと、私は「粋で鯔背な」江戸っ子にはそれほど憧れない。
むしろ、「粋」な振る舞いを強いられたせいで弱っている江戸っ子や、
言いくるめられて悔し涙を流している江戸っ子に愛着を抱きます。
例えば『芝浜』なら、真人間として店を構える前の“勝五郎”が好き。
ちゃんと弱くて、ちゃんとバカで、ちゃんと優しい人間に惹かれます。


kokuritsu-2016-12-kamiseki-endai.jpg



帰りに、国立演芸場の平成29年度版カレンダーを購入しました。

kokuritsu-2017-calendar.jpg


米丸師匠、「鹿芝居」、正蔵師匠、貞水先生、小遊三師匠、
昇太師匠、小三治師匠、歌丸師匠、市馬師匠、鳳楽師匠、
喬太郎師匠、圓歌師匠(掲載順)の高座写真が収録されています。

一部1000円。 郵送販売のお問い合わせは (株)文化堂 まで。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE