2016年08月13日

噺家生活65周年! “蘇生”を繰り返す歌丸の『江島屋怪談』


今日は、国立演芸場 8月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu-201608-nakaseki-poster-omote.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 古今亭今いち 『初天神』
歌謡漫談:東京ボーイズ
落語:(交互) 春風亭柳若 『殿様団子』
落語:(交互) 桂歌助 『代り目』
落語:(交互) 桂歌春 『たがや』
落語:(交互) 春風亭昇太 『リストラの宴』

 〜仲入り〜

座談:歌丸 円楽 歌春 昇太 まねき猫
落語:(交互) 三遊亭円楽 『欠伸指南』
動物ものまね:江戸家まねき猫
落語:(主任) 桂歌丸 『鏡ヶ池操松影より 江島屋怪談』



★今いち 『初天神』
開口一番は今輔門下の今いちさん。
芸名を名乗って笑いを獲り、「今が私のピークです」。
新作風味が随所で滲む『初天神』を飴→団子まで。

★東京ボーイズ
謎かけ(錦織→内村→ゲスの極み→EUなど)を経て、
「海の歌」「長良川の歌」などの自作曲コーナー。
そして、鉄板の『ラブユー東京』『よせばいいのに』
『長崎は今日も〜』『中の島ブルース』で大フィナーレ。

★柳若 『殿様団子』
「座布団の向こうが全員年上のこともある」と話し、
敬老会のマクラを経て『殿様団子』に入る。
柳若版はマジメな表情で狼狽する“町人”が可笑しい。

★歌助 『代り目』
娘の小噺(「キティ」「稲」)で笑いを得ると、
「幸いにも所帯を持てた」という流れから『代り目』。
“女房”は俥賃をそれなりに時間をかけて手渡した。

★歌春 『たがや』
歌丸一門の出番が続く。
「寄席のシルバーシート」「新国劇の掛け声」などの
マクラを経て、当代円楽師匠も登場する『たがや』へ。
三両一分の解説があったり、結構グロテスクだったり。

★昇太 『リストラの宴』
「富山の志の輔」「静岡の昇太」のネタで爆笑を掴み、
「銅メダルだってすごいじゃないか!」と叫ぶ。
どんな仕事も大変ということで、爆笑『リストラの宴』。
時に座布団を飛び出して笑わせ、年齢を感じさせない。

★座談 -歌丸師を囲んで-
下手からまねき猫(司会)、昇太、歌丸、歌春、円楽。
「本日が70代最後の高座。人生最後ではない」(歌春)。
「噺を教えて。亡くなったらDVDで勉強します」(円楽)。
それぞれが温かみのあるブラックジョークを連発する。
壮絶な病歴(S字結腸など)のお話を伺えば伺うほど、
この師匠は「落語の神様」に生かされているのだと痛感。

★円楽 『欠伸指南』
ゲートボールとの関わりを談志師匠のマネを交えて。
習い事も大切ということで、「喧嘩指南」ののち、
間合いも所作も実に達者な『欠伸指南』を聴かせる。
「つまらない芸人が出た時? それだけは教えられない」。

★まねき猫
挨拶代わりに鶏の鳴きマネ(♂・♀)を披露してから、
“猫八ファミリー”の『チキンソング』をアカペラで歌唱。
持ち時間一杯だったが、「猫のさかり声」を押し込んだ。

★歌丸 『鏡ヶ池操松影より 江島屋怪談』
最高体重50kg、現在36kgの歌丸師匠(釈台なし)。
「小太りぐらいがいいが、ものには限度ある。
 さっきの“猫”はどこの“部屋”から来たんだと思った」。
今や通じなくなった言葉として「イカモノ」に触れ、
江戸時代には粗悪品の友禅も売られていたと解説する。
他の演者の『江島屋』とは異なり、前日潭のくだりを
削除した歌丸師匠の“編集”は見事としか言いようがない。
“老婆”は実に怖ろしく、“金兵衛”は実に小心者――。
照明も効果的に働き、気迫満点、極上の怪談噺となった。



――「桂歌丸噺家生活六十五周年記念公演」と冠せられた今席。
本日は、五代目圓楽一門会から円楽師匠がゲスト出演しました。
仲入り後の座談会では、幻に終わった「横浜年越し公演」や
入院時の看護師とのエピソードが歌丸師匠ご本人の口から語られ、
例年4・8月の興行以上に「プレミアム感」のある興行となりました。

わずか10日前までは「固形物を食べられなかった」(歌春師匠)
ことを考えれば、いくらこの興行への思い入れが強いとはいえ、
歌丸師匠の「蘇生」(円楽師匠)は奇跡的だと言わざるを得ません。
満身創痍でありながらますます精力的に高座を勤める師匠は、
「落語の神様」によって生かされている選ばれし存在なのでしょう。

三遊亭圓朝作『江島屋怪談』を語った歌丸師匠の本日の高座は、
勢いのあるものの方がいい。枯れた芸なんぞなりたくない」と
常々述べてこられた歌丸師匠らしい、気迫のこもった高座でした。
――というかここ数年、年を経れば年を経るほどに
歌丸師匠の「圓朝噺」は凄味を増しているような気がしてならない。


kokuritsu-20160813-endai.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441015585

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE