2015年05月21日

さよなら、レターマン! 最後まで“ホスト”であり続けた男


現地時間20日、CBSの深夜トークショー番組
『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』が
最終回を迎えました。

david_letterman_last_show.png
デイヴィッド・レターマン


この番組は、デイヴィッド・レターマンという
アメリカの国宝級コメディアンが司会を務める平日の帯番組で、
1993年8月30日に放送を開始した番組です。

それ以前にも、レターマンはNBCで
『レイト・ナイト・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』という
番組の司会を担当していたので(詳しくはこちら)、
今回、レターマンは、33年間に及ぶトークショーホストのキャリアに
自ら終止符を打ったことになります。



昨年(2014年)3月、日本のフジテレビでも
『森田一義アワー 笑っていいとも!』が最終回を迎えましたが、
終了間近の『いいとも!』に豪華ゲストが押し寄せたように、
『レイト・ショー』でも最終回に向けて特別な趣向が凝らされました。

『レイト・ナイト』初回(1982年2月1日)でも
『レイト・ショー』初回(1993年8月30日)でも最初のゲストだった
ビル・マーレイは、2015年5月19日、
『レイト・ショー』最後のトークゲストとして出演。
彼は、「レターマンが深夜トークショーホストになった日」と
「それを終えた日」の両日に立ち会ったわけですね。

もちろん、レターマンの盟友であるマーレイは
「最初」と「最後」だけではなく何度もレターマンの番組に出演しており、
5月19日の放送では名場面集が放送されました。
この名場面集からは2人の仲の良さが伝わってきます。





深夜トークショーには音楽ゲストが付きものですが、
中でも『レイト・ショー』は音楽ゲストの人選に力を入れており
(超有名ミュージシャンから新進気鋭のバンドまで)、
私もこの番組の音楽コーナーで多くのアーティストを知りました。
そういえば、フェニックスも『1901』を歌いに来ていたっけ……。



2015年5月19日(つまり最終回の一つ前の回)には
1993年以来22年ぶりの『レイト・ショー』出演となる
“生ける伝説” ボブ・ディランが登場しました。
今回、ボブ・ディランが歌ったのは、
今年2月に発表されたニューアルバムに収録されている曲です。

国民的長寿番組の実質的なレギュラー最終回ですから
普通だったら特別な曲で華々しく盛り上げるところですが、
レターマンの『レイト・ショー』は
最後まで音楽コーナーを「歌手のプロモーションの場」として設定。
レターマンは、あくまでもホスト(仕切る側)として
ある意味で淡々と『レイト・ショー』のラストを飾ったのです。




――そして迎えた2015年5月20日。
レターマンが司会を務める最後の『レイト・ショー』は、
ジェラルド・R・フォード元大統領の有名な就任演説
「Our Long National Nightmare is Over...」を引用した
映像コントから始まりました。

ジョージ・H・W・ブッシュ、ビル・クリントン、
ジョージ・W・ブッシュの歴代大統領(いずれも本物)が登場し、
バラク・オバマ現大統領が「オチ」を担当しています。
アメリカのバラエティ番組と政治家の関係性は本当に独特ですね。



映像コントの後、レターマンがいつものように登場。
収録スタジオのあるエド・サリヴァン・シアターの観客は
スタンディングオヴェーション(総立ち)でレターマンを迎えます。

さらにその後、最終回ならではの
懐かし映像や撮り下ろし特別映像が放送されました
(『もしもレターマンがタコベルで働いたら』は不朽の名作!)。




番組の名物コーナー「Top Ten」は、
毎回、1つのお題に10個のジョークを当てはめる
レターマンの「一人大喜利」的なコーナーです。
最終回のお題は、「前からデイヴに言いたかったこと」。

記念すべき最終回ということで、
10のジョークを言うために10名のサプライズゲストが登場。
ビル・マーレイ、スティーヴ・マーティン、バーバラ・ウォルターズ、
アレック・ボールドウィン、ジェリー・サインフェルド、
ジム・キャリー、ティナ・フェイ、クリス・ロックらが華を飾りました。



『レイト・ショー』の後任司会者:スティーヴン・コルベアに
愛情あふれるエールを送り、ついに別れの挨拶。
レターマンが「Thank you and Good night.」と言い終えると、
フー・ファイターズが『Everlong』の生演奏を開始します
(この曲はレターマンの一番好きな曲)。
音楽とともに映し出されるのは、懐かしの映像と写真です。



本当の本当のラストは、スタッフクレジットでお別れ。
『レイト・ショー』をめぐっては
過去には脚本家ストライキ騒動(2007年)などもありましたが、
この番組が多くのスタッフに支えられていたことは
紛れもない事実だし、視聴者も理解しておくべきことでしょう。




――さて、レターマンといえば(?)、ジェイ・レノ。
長年に渡る2人の対立関係は
このブログでも過去に触れた通りですが(詳しくはこちら)、
自身の冠番組の最終回でも2人の違いは明確に現れていました。

昨年(2014年)2月に放送を終了した
NBC『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』最終回にも
やはりサプライズゲストたちが登場しましたが
(ビリー・クリスタルやオプラ・ウィンフリー、ジム・パーソンズなど)、
自らの冠番組の最終回におけるレノは
ゲストたちから「お別れの歌」を聴かされる「受動的」な立場。
番組ホストであるはずのレノが、
最終回ではまるでスペシャルゲストのように扱われていたのです。

これに対し、『レイト・ショー』最後の
音楽コーナーでもボブ・ディランの新作アルバムを紹介し、
名物コーナーではゲストたちをネタ要員に「使用」したレターマンは、
最後までホスト(仕切る側)であり続ける「能動的」な立場でした。
私は、まさにこの点にこそ、2人の違いが現れているように思います。

人気者として「花束を贈られる側」になる道を選んだレノと
最後まで「Master of Ceremony」であり続けたレターマンは、
やはり、コメディアンとして対照的な存在だと言わざるを得ません。
(ちなみに、ここでの「能動的」「受動的」とは
「番組内で出しゃばっているか否か」とはまったく異なるお話です。)



――デイヴィッド・レターマンは引退してしまいましたが、
『レイト・ショー』の看板自体は存続します。
今年9月から始まる新生『レイト・ショー』の司会者は、
コメディ・セントラルの風刺バラエティ番組『コルベア・リポー』で
不動の地位を獲得したスティーヴン・コルベア。
レターマンの後継者と呼ぶにふさわしい人気コメディアンです。

この2人は過去にも『レイト・ショー』で共演していますが、
それだけではなく、昨年(2014年)12月の
ケネディ・センター名誉賞授賞式でも「共演」しています
(ケネディ・センターはこのブログにしばしば登場しますね……)。



動画をご覧頂ければ分かるように、
2012年の名誉賞受賞者:デイヴィッド・レターマンが
2014年の名誉賞受賞者:トム・ハンクスの業績を紹介するために
プレゼンターとして登場するのですが、
なぜかスティーヴン・コルベアも舞台後方からやって来てしまう。

場違いのコルベアに向かってレターマンが一言、
「Not yet. (まだ早いよ)」。
――これは、翌年(2015年)に控えた
コルベアの『レイト・ショー』司会就任と絡めたギャグですね。
アメリカ在住者なら笑わざるを得ない楽屋オチのギャグです。

ちなみに、なぜ同授賞式の場にコルベアが居たのかというと、
この年の授賞式ではコルベアが司会役を務めていたから。
同授賞式には大統領夫妻が出席するのが恒例ですが、
司会のコルベアは「本日は素晴らしい方にお越し頂いております。
……ミシェル・オバマとその夫です」
といったシニカルなジョークを本人たちの前で飛ばしていました。



――何はともあれ、デイヴィッド・レターマンという
国宝級のコメディアンが国民的番組『レイト・ショー』を去り、
アメリカのテレビ界では着々と世代交代が進行しています。
今年8月には、ジョン・スチュワートも
コメディ・セントラルの『ザ・デイリー・ショー』を降板予定です。

今年9月からは、コナン・オブライエン(TBS『Conan』)、
ジミー・キンメル(ABC『ジミー・キンメル・ライヴ!』)、
ジミー・ファロン(NBC『ザ・トゥナイト・ショー』)、
そしてスティーヴン・コルベア(CBS『レイト・ショー』)らが
「深夜トークショー戦争」で熾烈な争いを繰り広げることになります。

深夜トークショーのホストになることは、
アメリカのコメディアンの最終目標と言っても過言ではありません。
「夢を叶えた男たち」が今後どのような競争を展開するのか。
そして、彼らの番組から次代を担うコメディアンが登場するのか。
世代交代と切磋琢磨を繰り返し、コメディ界は進化していくのです。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE