2018年04月15日

“よくできた噺”を明瞭な口跡で… 歌丸の『小間物屋政談』


今日は、国立演芸場 4月中席 へ行ってきました。
主任は、桂歌丸師匠。

kokuritsu-2018-04-nakaseki-poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 春風亭べん橋 『黄金の大黒』
落語:(交互) 春風亭昇也 『動物園』
落語:(交互) 桂枝太郎 『源平盛衰記』
落語:(交互) 桂米多朗 『ちりとてちん』
漫才:Wモアモア
落語:(交互) 桂米助 『もう半分』

 〜仲入り〜

落語:(交互) 三遊亭遊雀 『四段目』
俗曲:桧山うめ吉
落語:(主任) 桂歌丸 『小間物屋政談』



★べん橋 『黄金の大黒』
開口一番は柳橋門下のべん橋さん。
各リアクションに間があるのがやや気になるものの、
“与太郎”像がニンに合っていて好感と期待が持てる。

★昇也 『動物園』
「嫁探し」「酪農家」「九官鳥」などの小噺を経てから、
“ブラック獅子”VS.“ホワイト虎”の『動物園』へ。
「パンちょーだい(小声)」とのフレーズもキマっていた。

★枝太郎 『源平盛衰記』
「3列目の客の双眼鏡が気になる。何が見えるの?」。
「出川」「着物の帯」のギャグで爆笑をかっさらうが、
なぜかサゲ間近で超シリアスモードに没入してしまう。

★米多朗 『ちりとてちん』
「大正14年生まれ」米丸&笑三両師匠のエピソードで
冷え切った空気の客席を快復させ、『ちりとてちん』。
噺本来のおもしろさで客を愉しませていく姿勢に感謝!
「多摩川梨」を登場させるところも米多朗師匠らしい。

★Wモアモア
「歌丸師匠、入りました。日曜は道が空いているね」。
今日が米助師匠の誕生日であることに言及してから、
マイナーチェンジ版「娘の結婚式」で笑いを積み重ねる。

★米助 『もう半分』
「金日成と同じ誕生日です。……“アンニョンハセヨ”?」。
「おめでとう!」という掛け声に呼応してこれだけ語ると、
自らの大師匠・5代目今輔の十八番『もう半分』へ入る。
米助師匠は数年前から大師匠のネタに取り組んでいる。
それだけでも十分に偉大だが、本日の『もう半分』には
米助師匠にしか出せない“江戸庶民の迫真さ”があった。
決して熱演ではない、自然体の奇談ドキュメントである。

★遊雀 『四段目』
「私の着物は火を点けると燃える。前座のは溶ける」。
“後ろ”の劇場に言及してからおなじみの『四段目』へ。
「“定吉”に自由を与えろッ! 働き方を改革しろーッ!」。

★うめ吉
かんたんごはん』(NHK総合)のテーマ曲を生披露し、
「梅は咲いたか」→「淡海節」→「箱入り旦那」などを。
最後は照明と小道具を使った「藤娘」で客の歓心を得る。

★歌丸 『小間物屋政談』
「先ほどはかわいい女の子、そのあとはかわいい男の子」。
今更だが煙草を吸ってきたことを後悔すると明かしてから、
小間物屋という商いの解説を経て『小間物屋政談』へ入る。
「昨晩、『木久蔵ラーメン』を食べたので腹の調子が悪い」
「体が悪いといっても酸素吸入するほどではありませんが」
「初代と二代目」などの個性的なクスグリを織り交ぜながら、
まるでシェイクスピア作品のような“よくできた噺”を語る。
テンポはどうしても遅くなるがその口跡は極めて明瞭であり、
適宜説明を挿みながら、落語の世界の中へ客を惹き込む。
病に惑わされてたまるか──名人歌丸、圧巻の話芸だった。



── というわけで、本日は、毎年おなじみの国立演芸場 4月中席で
歌丸師匠の十八番の一つ『小間物屋政談』を聴くことができました。
この一年間だけでも何度も入退院を繰り返している歌丸師匠ですが、
そのことを一般客には感じさせない、相変わらずの勢いのある話芸。
歌丸師匠の噺家としての凄さ、存在の大きさを改めて痛感しました。

さらに、大師匠のネタに取り組む米助師匠の偉大さにも言及したい。
この数年間でネタおろししてきた『ラーメン屋』や『表札』とは異なり、
『もう半分』は先代今輔師匠のネタの中でも“奇抜度”の高い噺です。
一歩間違えればありふれた古臭い怪談話となりかねないところを、
米助師匠は庶民の息遣いが滲む古典落語へと昇華させていました。

昨年、歌丸師匠が「落語界の未来を託したい3人」のうちの一人に
米助師匠を挙げたことを意外に感じたひともいるかもしれませんが、
米助師匠が数年前から寄席の出番を増やし、ネタおろしを続け、
歌丸師匠の最初の師匠のネタに挑んできたことを知る私からすれば、
弟弟子になお発破をかける趣旨でも、その回答は当然なものでした。


kokuritsu-2018-04-15-endai.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2018 MITSUYOSHI WATANABE