2017年06月26日

“バージョンアップ”された一級の娯楽映画 『美女と野獣』


先日、TOHOシネマズ日劇で
映画『美女と野獣』(字幕版)を観ました。

beauty-and-beast-2017-poster.jpg



ディズニーアニメの名作『美女と野獣』(1991年)を実写化した本作は、
ミュージカル映画を愛し、熟知するビル・コンドン監督の手によって
1991年のオリジナルアニメに勝るとも劣らない傑作に仕上がっています。
アニメ版が「Windows 95」だとしたら、本作は「Windows 10」。
リメイクというよりも“バージョンアップ作品”として捉えられるべきでしょう。

例えば、前半のハイライト『ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest)』──
アニメ版ではどこからともなくルミエールにライトが当てられましたが、
本作ではそのライトが登場人物による作為的なものと設定されたことで
不自然さがなくなり、抵抗なく世界観に浸ることができるようになりました。
使用人たちが完全にモノに化してしまうシーンや、その後の場面でも、
実写映画であることを逆手にとった効果的な演出が採用されています。

肝心要のミュージカルシーンについてもほとんど文句のつけようがなく、
さすがはビル・コンドン監督、実写ならではの楽しさに満ちていました。
冒頭のナンバー『朝の風景(Belle)』はまさにプロフェッショナルの業で、
アニメでは表現できないリアルな人間の息遣いが伝わってきます。
これだからミュージカル映画は素晴らしいと思わされる演出の連続で、
ミュージカル映画どころか「映画っていいな」とまで実感させられたほど。



実写版というだけあって、キャストの活躍に触れぬわけにはいきません。
アニメ版の愛好者としては歌声に迫力不足を感じたのも事実ですが
(個人的には アンジェラ・ランズベリー の不在がとりわけイタかった!)、
ユアン・マクレガーもエマ・トンプソンも決して歌唱は下手ではなく、
“バージョンアップ版”にふさわしいキャラクター像を提示していました。
イアン・マッケランの存在感と安定感に至っては、「さすが」の一言です。

声優ではなく実力派俳優でなければ表現できないであろうシーンもあり、
本作のキャスティングはおおむね成功していたと結論付けられるでしょう。
──あえて辛口なことを申せば、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドは
はっきり言って芝居が下手で、残念ながら役者不足の感は否めません。
ベルの父親役を演じたケヴィン・クラインも悪くはありませんでしたが、
どうしてもロビン・ウィリアムズの“下位置換”に見える瞬間がありました。

本作の最も特筆すべき出演者は、やはりオードラ・マクドナルドでしょう!
現在のブロードウェイでトップに君臨するこの正統派ミュージカル女優は、
脇役でありながら、その美しい歌声で本作の最初と最後を飾っています。
監督がマクドナルドに敬意を払っていることが分かりますが、実際、
彼女の歌声を聴くためだけでもお金を払って映画館へ行く価値はあります。
“正統派”には馴染みがない私でも、彼女の歌声には鳥肌が立ちました。



総合的にいうと、本作はテンポがよく、シナリオの構成も練られていて、
構図もしっかりと押さえられ、アニメ版を補完するような描写もあるので、
さしずめ三ツ星シェフによる“まとも”なフルコース料理といった趣きです。
アラン・メンケン作曲のミュージカルナンバーは未だに色褪せておらず、
それどころかゴージャスなアレンジが施されているのだからたまりません。
アニメ版をより深化させた本作は一級の娯楽作品に仕上がっています。

もちろんパソコンとは違って、映画や文学、音楽などの芸術作品の場合、
“バージョンアップ”されていればよいかというと、それは別問題です。
かつて「Windows 95」でパソコンに初めて接した時の感動や興奮を
「Windows 10」で体感することは難しい──というよりも不可能でしょう。
しかし、ディズニーの『美女と野獣』のアニメ版と実写版の間にあるのは
「1991年に作ってみた」と「2017年に作ってみた」の違いにすぎません。

ディズニーの『美女と野獣』のアニメ版と実写版は“同一人物”であり、
実写版の制作にあたって、その核となる精神は何も歪められていません。
“旧型”の至らなかった点をあくまでも補完・修正・調整するに留め、
「2Dか、実写+CGか」という表現の手段を変更しているだけなのです。
──そして、本作のように「実写+CG」という手段を採るのならば、
技術面からいって、20世紀ではなく21世紀に作ったほうがよいでしょう。

コンドン監督は当初、本作のオファーを受けるべきか悩んだそうですが、
そのような人物だからこそ、作品の核心から問い直すリブートではなく
“バージョンアップ”という方向性を見出せたのではないでしょうか。
本作の成功は、監督選びを誤らなかったディズニーの成果であるとともに、
ディズニーの『美女と野獣』という作品の力強さに起因するものなのです。


▲ TVコマーシャル 「メドレー」篇 (1分15秒)



 <追記>
本作『美女と野獣』(2017年)は、ディズニー映画としては初めて
同性愛者(あるいは両性愛者)のキャラクターが公式に描かれた作品です。
そのため一部の国では上映が延期され、年齢制限がかけられました。
といっても本作での同性愛の描写は実に“さりげない”ものにすぎず、
物語に同性愛者が登場するだけで騒ぐ人々の滑稽さを痛感した次第です。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE