2017年04月16日

歌丸“仲蔵”は休演でも… 満足感あふれる! 鶴光の『鼓ヶ滝』


今日は、国立演芸場 4月中席 へ行ってきました。
代バネは、笑福亭鶴光師匠。

kokuritsu-2017-04-poster.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 春風亭昇りん 『たらちね』
落語:(交互) 笑福亭和光 『桃太郎』
落語:三遊亭遊雀 『熊の皮』
落語:瀧川鯉昇 『粗忽の釘』
漫才:Wモアモア
落語:(代演) 桂歌春 『崇徳院』

 〜仲入り〜

落語:(代演) 桂文治 『親子酒』
俗曲:桧山うめ吉
落語:(代バネ) 笑福亭鶴光 『鼓ヶ滝』



★昇りん 『たらちね』
開口一番は昇太門下の昇りんさん。
国際結婚も当たり前になりつつあるとして『たらちね』。
師匠譲りの口調で、実直そうな人柄が伝わってくる。
今や珍しいことに「ヨって件のごとし」のサゲまで行った。

★和光 『桃太郎』
これといった特別なマクラもなく『桃太郎』へ入る。
「オバケのQ太郎か、ゲゲゲの鬼太郎か、ポケモンGOか」。
和光版『桃太郎』は大きな所作もトレードマーク。
終盤では「お父ちゃん横になって」という細かい演出も。

★遊雀 『熊の皮』
十八番の「佐渡おけさ」や「とんびドキュメンタリー」、
「お気の毒ね」や「ピカソ」の小噺で会場を沸かせる。
本編の『熊の皮』ではさらなる爆笑を巻き起こし、
「尻に敷いている」のサゲで盛り上がりは最高潮に達した。

★鯉昇 『粗忽の釘』
「それほどもらってない」や楽屋を来訪した客のネタ、
「千円の魂」などのネタで爆笑の流れを引き継ぐ。
鯉昇版『粗忽の釘』の主人公は粗忽者というより“狂人”。
「生きてますか」「顔が曇って…」などフレーズも独特だ。

★Wモアモア
福島&熊本出身の「震災コンビ」、前半は政治ネタで攻める。
新宿御苑の『桜を見る会』で首相が詠んだ句をチクリ、
「風雪に耐えているのは国民のほうじゃねえか」に拍手。
結婚式ネタは「妹」から「娘」にマイナーチェンジしていた。

★歌春 『崇徳院』
歌丸師匠が今朝入院したと告知し、「私どもには想定内」。
「怪しい者ではないのでプログラムをしまってください」。
一門総領弟子としての責任感のようなものを感じた。
「指の色気」のマクラを経て、江戸弁がきれいな『崇徳院』。

★文治 『親子酒』
「学校寄席では『崇徳院』のような難しい噺は通じない」。
某デパートへの怒りをぶちまけるマクラでは拍手喝采
(それにしても「口封じ」を図る社員は本当に厭わしい)。
もちろん、本編の『親子酒』でも観客を文句なしに愉しませる。
「酒を呑んで酔わないのは、寄席に来て寝ているのと同じ」。
これほど素晴らしく食いつきの任を果たせる噺家はいない。

★うめ吉
名前と異なり「お姉さんということになっております」。
『梅は咲いたか』や新内節『蘭蝶』120秒Ver.などを経て、
葉桜(ただし若葉と桜は分離)を手に持ちながら踊る。
立ち姿のまま緞帳が下がっていく演出がクールだった。

★鶴光 『鼓ヶ滝』
本来は仲入り前の出番だった鶴光師匠が代バネを務める。
梅橋師匠の「高島屋のオウム」、春輔師匠の「カブトムシ」、
島倉千代子の「精神科」のネタなどを経て『鼓ヶ滝』へ。
この手の地噺は関西弁で聴くと味わい深くなるし、
ギャグを重ねる鶴光流で本来の価値が出てくるように思う。
「頭のアキレス腱が切れた」というフレーズも心地よい。
地噺と鶴光師匠の魅力満載、満足感あふれる一席だった。



──というわけで、歌丸師匠の高座が聴けなかったのは残念ですが、
本日の寄席では中堅・ベテラン勢の話芸を愉しませていただきました。
改めて感じたのは、落語は「生(Live)」の芸能であるということ。
“お目当て”が突然休演になったという微妙な状況が客席に漂う中、
この「生」の空間をどのように調理し、どのように楽しくしていくのか。

大袈裟で安っぽいことを言うならば、生きる(live)ということ自体が、
自分のいま居る空間(居ることになっている空間)を
「どのように楽しくしていくのか」という取り組みなのかもしれません。
たしかに本日の客にとっては歌丸師匠の休演は残念だったでしょうが、
誤解を恐れずに言えば、みんなの想定とは異なる条件の下、
“歌丸師匠がいないからこそ”生じた楽しい空間がそこにはありました。


kokuritsu-2017-04-16.jpg
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE