2015年12月16日

オトナたちの“寒くて・暖かい”夜 ―小柳枝の『二番煎じ』


今日は、新宿末廣亭 12月中席 夜の部 へ行ってきました。
主任は、春風亭小柳枝師匠。

suehirotei_2015-12naka.jpg



 <昼の部>

落語:(主任) 桂文治 『幽霊の辻』


 <夜の部>

開口一番:(前座) 春風亭昇市 『桃太郎』
落語:(交互) 瀧川鯉八 『なぞ』
バイオリン漫談:マグナム小林
落語:(交互) 春風亭小柳 『新聞記事』
落語:三笑亭可龍 『居候』
歌謡漫談:東京ボーイズ
落語:春風亭昇乃進 『シャレ社長』
落語:三遊亭圓丸 『尻餅』
漫才:(代演) ナイツ
落語:三遊亭笑遊 『寝床』
落語:(代演) 桂小南治 『ん廻し』

 〜お仲入り〜

落語:三笑亭夢丸 『のめる』
太神楽曲芸:翁家喜楽・喜乃
落語:春風亭柳好 『胴斬り』
落語:三遊亭圓輔 『強情灸』
俗曲:桧山うめ吉
落語:(主任) 春風亭小柳枝 『二番煎じ』



★昇市 『桃太郎』
「七番弟子だけど昇市」と自己紹介し、『桃太郎』。
「ピーチ・ピーチ」というクスグリは初めて聴いたような。
二ツ目の風格さえ漂う堂々・朗々とした高座で、
こういう前座さんのことをきっと「有望株」と言うのだろう。

★鯉八 『なぞ』
「『鯉八さんは声がいいですね』と褒められたけど、
 帰り道に本屋に寄ったら……」というマクラを経て、
“なぞ”を求める弟とそれに応える兄が主役の奇妙な噺へ。
弟「……女の性ッ」→兄「不正解」という展開には唖然!

★マグナム小林
『明日があるさ』を弾きながら登場。
「救急車」「コンビニ」「新幹線」「赤ちゃん」を経て、
タップ付きで『暴れん坊将軍』と『天国と地獄』。
――タップの音は相変わらず聴いていて気持ちがいい。

★小柳 『新聞記事』
「客の拍手は天ぷらが揚がった音に似ている」
「楽屋の先輩も新聞を読んでいる……スポーツ紙だけど」
というマクラを振ってから、『新聞記事』に入る。
ネタのほうもテンポよく、愉快・軽快な出来栄えだった。

★可龍 『居候』
「落語のもとは小噺」と語り、「飛行機着水」
「不登校・登校拒否」などの小噺で客のハートを掴む。
“居候川柳”を紹介した後は、『湯屋番』の前半部。
「公衆便所の中で突っ立っている」件の説明が可笑しい。

★東京ボーイズ
「ローラ」「テロ」「ヨーロッパ」などを題材にした
“歌う週刊誌”を経て、おなじみの歌唱タイム。
『長崎は今日も雨だった』『中の島ブルース』のネタは
展開も間合いも知っているのに、何度聴いても面白い。

★昇乃進 『シャレ社長』
「旭化成・宗兄弟の“傾き”」ネタ自体というよりも
「このネタは説明が必要」というセルフフォローに感心。
「落語家だから背負ったことがない」というマクラから、
死語がテーマの新作『シャレ社長』に入って笑いを獲る。

★圓丸 『尻餅』
冒頭で帰った客に触れ、「とりあえず記憶に留めました」。
年の暮れネタ『尻餅』は、女房の「はぁ?」という反応、
「こんなことに知恵が〜」という台詞もキマっていた。
サゲは「今度はちんころ餅を作る」というユニークなもの。

★ナイツ
宮田陽・昇先生との出番交替(昼↔夜)。
地方営業風のツカミ(「新宿はいいところ」)で始まり、
「マシャロス」「破局」などの芸能ネタで一年を振り返る。
「安心してください〜」の真相には腹を抱えて笑った。

★笑遊 『寝床』
まだ高座返し中なのに上がり、さっそく『寝床』。
「左の腕は固定ですよ!」と言葉とアクションで強調し、
「がんもどきの製造法」の件で笑いを獲ったのはさすが。
逆ギレした繁蔵(?)が高座上のマイクを振り上げ、
笑遊師匠が座布団から半分飛び出すという大サービスも。

★小南治 『ん廻し』
談幸師匠の代演。
「この時間に駆け足で『寝床』をやる必要があったのか。
 時間が半端。本人は満足でしょうが」と笑わせてから、
文房具(芯やインク)の登場が嬉しい『ん廻し』へ。
この師匠がやると『ん廻し』も刺激的な噺に生まれ変わる。

★夢丸 『のめる』
仲入り中にアナウンスされた落し物の持ち主に触れたり、
「一番面白かった」と言われた時の話を展開したり。
夢丸師匠の『のめる』は、落ち着きがありながら躍動的で、
登場人物のそれぞれが噺の中で「生きていた」。

★喜楽・喜乃
「五階茶碗」→「輪の取り合い」。
「五階茶碗」では普段通りのバランス芸を見せるものの、
「輪の取り合い」で両名の息が合わず、そのまま下がる。
こういう場面に遭遇できるのも寄席のいいところ。

★柳好 『胴斬り』
すっかりベテランとしての風格が出てきた柳好師匠、
今夜はシュール系古典の『胴斬り』で楽しませてくれた。
「この噺には一つ無理がある」の一言もイヤミにならず、
ほのぼのとした健やかな笑いを客席にもたらしていた。

★圓輔 『強情灸』
「おじいちゃんの匂い」と言ってくるお孫さんは偉い。
その後、奥様の話や「強情湯」の小噺を経て『強情灸』。
繰り広げられる江戸弁がいちいちカッコよかったし、
腕に灸を据えて熱がる件もさっぱりしていて、ザ・江戸前。

★うめ吉
「品川甚句」や「秋はうれしや〜冬はうれしや」を経て、
寄席の踊り「京の四季」秋冬ヴァージョンを踊る。

★小柳枝 『二番煎じ』
「待ってました!」の掛け声に応じ、2種類のネタを披露
(「終わった後に……」&「上がった途端に……」)。
「昔と今では『寒さ』のほどが違う」というお話や
江戸の火事、「百・千・万・本組」の解説を語ってから、
寒さと暖かさを一度に楽しめる落語『二番煎じ』に入った。
『二番煎じ』というと後半部ばかりが注目されがちで、
実際、今夜の高座でも「猪鍋」の件は堪らなかったが、
小柳枝師匠は前半の「見廻り」パートも楽しませてくれる。
この噺には、前半では「寒さ」ゆえの言動の楽しさがあり、
後半では「暖かさ」ゆえの楽しさとドラマがあるのだ。
上下関係の会話とも違う、若い衆の馬鹿っ話とも違う、
いい歳をしたオトナたちの「対等」なやり取りに和まされた。



――今年の師走も、末廣亭で小柳枝師匠を聴くことができました。
今夜のネタ『二番煎じ』は、数ある古典落語の中でも珍しいことに、
役人を除く登場人物全員が最後まで敬語で喋り続けるという噺です。
登場人物たちは「縦」ではなく「横」の関係でつながっていて、
酒と猪鍋で暖まっていくうちにお互いの距離感が縮まっていきます。

今夜の末廣亭も、最初のうちは静かだった客席が次第に盛り上がり、
客と演者の精神的な距離感も少しずつ縮まっていきました。
特にナイツの漫才にはすべての客(もちろん私含む)が笑い転げたし、
その他のあらゆる落語家さんや色物の芸人さんの高座からも
持ち時間の中で務めを果たすという演者の心意気が感じられました。

まあ、笑遊師匠の場合は持ち時間を超過していたわけですが(笑)、
それ込みで、今夜の寄席は完璧な流れを紡ぎ出していたと思います。
繰り返し言われているように、「寄席は一期一会」。
すべての演者が和やか・穏やかながらも充実した高座を展開し、
小柳枝師匠が『二番煎じ』で〆た今夜は、至福の「一期一会」でした。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年12月10日

ユーモアとシリアスのあいだを泳ぎ渡る 『コードネーム U.N.C.L.E.』


先日、川崎チネチッタで
映画『コードネーム U.N.C.L.E.』を観ました。

uncle_poster.png


 <あらすじ>
時は1960年代、アメリカとソ連は熾烈な冷戦を繰り広げていた。
世界破滅を企む核兵器テロ計画の情報を掴んだ両国は、
カギを握る女性ギャビー(アリシア・ヴィキャンデル)の確保に急ぐ。
結果、CIAのスパイ:ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カビル)が
KGBのスパイ:イリヤ(アーミー・ハマー)を引き離したものの、
翌日、2人はそれぞれの上司からチームを組むよう命じられる。
かくして相性最悪の2人が核兵器テロに立ち向かうことになるが……。



ガイ・リッチー監督の『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015年)は、
アメリカ・NBCで1964年〜1968年に放送されたテレビシリーズ
0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした作品です。
スパイが主人公のテレビシリーズを映画化した作品というと、
ピーター・シーガル監督のコメディ作品『ゲット スマート』(2008年)を
思い出してしまいますが、本作はそれとは異なり、
舞台となる時代をあくまでも1960年代の冷戦期に設定しています。

冷戦時代にアメリカのスパイとソ連のスパイがタッグを組む
――という独創的な設定を活かすにはそうするしかないためですが、
本作は決して「古きよき時代」を懐しむための作品ではありません。
衣装や小道具でレトロな雰囲気を漂わせつつも
カッコよくてスマートな演出を展開したガイ・リッチー監督は、
映画『シャーロック・ホームズ』シリーズ(2009年〜)に引き続いて
「過去の名作」をリメイクする意義と価値を提示したと言えるでしょう。



本作のプロットそのものはそれほど複雑でも難解でもなく、
構成の妙、演出の妙で観客を最後まで楽しませるのが本作の特徴。
複数の画面を映し出す「スプリットスクリーン」表現や、
派手な爆破・アクションシーンであえて優雅なBGMを流す演出など、
本作にはリッチー監督ならではの遊び心が詰まっていました。
ややもすれば映画を破綻させかねない「場面省略と巻き戻し」効果も、
リッチー監督はしつこくならない程度に使いこなしています。

監督がエンターテインメント作品の「引き際」を心得ているからこそ、
最後まで登場キャラクターの人物像がブレることはないし、
映像がどんなにスタイリッシュでも人物の陰は薄まることがない。
むしろ、構成上や演出上の「仕掛け」はすべて
登場人物の個性を引き立てるために使われ、効果を上げていました。
特に「サンドウィッチ」の件は最高にユニークなだけでなく、
ナポレオン・ソロという主人公の個性を見事に表しているシーンです。



もちろん、いくらリッチー監督の演出が素晴らしいからといって
キャスト陣が上手く働いていなければ、佳作も傑作も誕生し得ません。
アメリカの「洗練されたカウボーイ」を演じたヘンリー・カビル、
旧ソ連の「堅物のプロフェッショナル」を演じたアーミー・ハマーは
台詞の間合いも動きもピッタリで、見ていて“楽しい”スパイコンビ。
ジョン・ランディス監督『スパイ・ライク・アス』(1985年)の
チェヴィー・チェイス&ダン・エイクロイドを彷彿とさせる“楽しさ”です。

観客をドキドキワクワクさせるという娯楽作品の基本課題を、
本作は、スタイリッシュな演出と息の合った演技で応用させています。
それでいて、「米ソのスパイコンビ」という設定の妙を活かしつつも
原作のその設定に甘んじたり引っ張られたりすることなく、
116分間、ユーモアとシリアスのあいだを華麗に泳ぎ渡っていました。
楽しくて、面白くて、どこか懐かしくて、完全に新しい『U.N.C.L.E.』。
――必ずや製作されるであろう続編が今から楽しみでなりません!





 <追記>
劇場パンフレットによると、アーミー・ハマーの好きなスパイ映画は
先述の『スパイ・ライク・アス』なのだという。
アーミー・ハマーは、主演の2人の演技を見て笑い転げたのだとか。
……う〜ん、私やっぱり、アーミー・ハマーさんのこと大好きだわ!
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE