2015年02月26日

アカデミー賞の“名”司会者は一日にして成らず


oscars_8hosts.png
左上から ホープ、クリスタル、ゴールドバーグ、マーティン、
スチュワート、デジェネレス、マクファーレン、ハリス


このブログでもお伝えした第87回アカデミー賞授賞式ですが、
 →『“ミュージカル司会者”ニール・パトリック・ハリスの歩み(進行形)
ニール・パトリック・ハリスの今年の司会ぶりをめぐっては
本国アメリカで評価が分かれているようです。

「おおむね好評だった」というのはその通りなのですが、
「オープニングナンバーが素晴らしかった」という意見がある一方で
「凡庸だった」「パッとしなかった」との意見もあるとのこと。
「悪くはないけど、良くもないよね」という辛辣な声も聞こえます。



そんな中で、私がその内容に最も納得したのは、
ロサンゼルス・タイムズ紙のスティーヴン・ザイトチック記者による
Oscars: Why Neil Patrick Harris
 (and everyone else) is wrong for the job
』というコラム。
「たしかにハリスの司会はイマイチだったかもしれないけど、
 そんなこと言ったら誰だってイマイチじゃないか」という内容です。

1990年代以前のアカデミー賞授賞式といえば
ボブ・ホープやジャック・レモン、ビリー・クリスタルなどの
コメディアンたちによる華麗なる司会ぶりが思い浮かぶわけですが、
2010年代を生きる私たちは、もしかしたら
彼らの司会ぶりをあまりに過大評価しすぎているのかもしれません。

もちろん、彼らの司会が「イマイチ」だったと言うつもりはありません。
他でもないクリスタルの司会を見て私はオスカーにハマったのだし、
彼らの司会ぶりが素晴らしかったことは「歴史的事実」でしょう。
しかし、人間が過去を美化しがちな生き物であることもまた事実であり、
彼らの「亡霊」を神聖視し続けるのであれば
私たちは「昔はよかった」というたわ言しか吐けなくなると思うのです。



過去のオスカー司会者を振り返ってみると分かることですが、
著名なコメディアンだからといって
オスカー司会者として好評を博すというわけでもなければ、
オスカー司会者としてその後定着するというわけでもありません。

1985年: ジャック・レモン(4)
1986年: アラン・アルダ/ジェーン・フォンダ(2)/ロビン・ウィリアムズ
1987年: チェヴィー・チェイス/ゴールディ・ホーン/ポール・ホーガン
1988年: チェヴィー・チェイス(2)
1989年: (不在)

1990年: ビリー・クリスタル
1991年: ビリー・クリスタル(2)
1992年: ビリー・クリスタル(3)
1993年: ビリー・クリスタル(4)
1994年: ウーピー・ゴールドバーグ
1995年: デイヴィッド・レターマン
1996年: ウーピー・ゴールドバーグ(2)
1997年: ビリー・クリスタル(5)
1998年: ビリー・クリスタル(6)
1999年: ウーピー・ゴールドバーグ(3)

2000年: ビリー・クリスタル(7)
2001年: スティーヴ・マーティン
2002年: ウーピー・ゴールドバーグ(4)
2003年: スティーヴ・マーティン(2)
2004年: ビリー・クリスタル(8)
2005年: クリス・ロック
2006年: ジョン・スチュワート
2007年: エレン・デジェネレス
2008年: ジョン・スチュワート(2)
2009年: ヒュー・ジャックマン

2010年: スティーヴ・マーティン(3)/アレック・ボールドウィン
2011年: ジェームズ・フランコ/アン・ハサウェイ
2012年: ビリー・クリスタル(9)
2013年: セス・マクファーレン
2014年: エレン・デジェネレス(2)
2015年: ニール・パトリック・ハリス

1990年代のアカデミー賞授賞式では
クリスタルとゴールドバーグがほぼ交互に司会を務めましたが、
2000年代に入ってからは毎年のように司会者が交代しています。
スティーヴ・マーティンやジョン・スチュワート、
エレン・デジェネレスが複数回司会を担当してはいるものの、
彼らの司会が全方位的に大喝采を浴びたという事実はありません。

エディ・マーフィが司会を突然降板したという事情もあって、
2012年の授賞式ではクリスタルが司会に復帰しました。
もちろん、8年ぶりとなる彼の司会は好評ではあったのですが、
彼が「神業」を見せたかというとそんなことはありませんでした。
その証拠に、以前は常に噴出していたクリスタル司会復帰待望論も、
2012年の授賞式以降はすっかり影を潜めてしまいました。

視聴者はもはや、スチュワートにも、デジェネレスにも、
そして「Mr.アカデミー賞」ことクリスタルにも、
オスカー司会者としての積極的な価値を見出さなくなっているのです。
現在の視聴者はオスカー司会者に多くを求めすぎており、
毎年のように「最後の切り札」をビリビリに破いているのが実情です。



こうなると、オスカー司会者をめぐる近年の混迷は、
司会者側というよりは視聴者側に原因があると考えるべきでしょう
(ここでの「視聴者」とは、批評家的な視聴者のことですが)。
エミー賞やトニー賞の授賞式で絶賛されたハリスの司会が
オスカーに移ると「イマイチ」と評されてしまったのはそのためです。

過激なジョークを展開したクリス・ロック(2005年)や
セス・マクファーレン(2013年)によるオスカーの司会は
文字通り大不評を浴びましたが、彼らが司会に抜擢されたのは
それまでのクラシカルな司会者に対する反動の結果でもありました。

ロックやマクファーレンが不評を買ったことからも明らかなように、
視聴者は、オスカーの司会者に対して
ラジカルであるよりはクラシカルであることを望んでいるのですが、
実は心のどこかで、ラジカルさを秘めた司会者を望んでもいる――。

だからこそ、「客席にピザを配達」というデジェネレスのコントは
斬新な演出ではないが予定調和的でもなかったがゆえに、
老若男女の幅広い視聴者層から支持を受けることができたと言えます。
オスカー視聴者は、「過激派」を拒絶する代わりに、
安定感を基調とする「微かに先鋭的な」司会者を望んでいるのです。



2013年の「マクファーレン事件」直後、
カナダ・スクリーン・アワード(カナダ版アカデミー賞)授賞式で
マーティン・ショートが司会を務めました。
ショートは今やクラシカルなコメディアンの代表格ですが、
同授賞式での彼の司会ぶりはカナダ国内外で高い評価を受けました。
「彼こそが模範的な式典司会者だ」というわけです。


20130324_0808.jpg


同授賞式直前、ラジオ番組に出演したショートは
本家アカデミー賞での「マクファーレン事件」を受けて、
こんなことを語っていました。

20130324_0801.jpg

まさしくこれぞ「式典司会者の鑑」といった発言ですが、
もしもショートがオスカーで司会を務めたとしても
「彼に毎年司会をやってほしい」という意見は少数に留まるでしょう。

――念のため書いておきますが、そう予想するのは、
私がショートのことを好きでないからではなく
(私は自分がショートのファンであると自信を持って宣言できます)、
オスカー司会者についてあれこれ語る人々は、
ボブ・ホープやクリスタルの「亡霊」に惑わされている限り
もはやどんな司会者が現れようと満足しないだろうと思うからです。



そこで私のささやかな提言ですが、
オスカーの司会者に「神業」を求めるのはもうやめにしましょうよ。
神様はアカデミー賞授賞式の司会なんてやりません。
ボブ・ホープもビリー・クリスタルも人間だったという事実に、
彼らの司会ぶりを高く評価する人々ほど自覚的になるべきです。

今年の司会を務めたハリスに話題を戻しますが、
もちろん、彼は俳優であってスタンダップコメディアンではありません。
自分でも述べている通り「Song and Dance Man」であり、
ジョーク分野が弱点なのは以前から分かり切っていることです。
逆に言えば、ジョーク分野をより強化することで、
ハリスはさらにハイグレードな「式典司会者」に成長できると言えます。

ましてや、ハリスは式典司会者としての天性の資質を有しており、
彼ほどポテンシャルのある式典司会者は滅多にいません。
ジョークを含めて「期待以上ではなかった」からといって
ハリスの起用を今後あきらめるのは、あまりにももったいないことです。

ホープやクリスタルがオスカーの名司会者と評されたのは、
彼らが一夜限りしか司会をしなかったからではなく
彼らが何回も(あるいは連続して)司会を務めたからでしょう。
たった一晩で90点以上が取れなかったからといって
毎年コロコロと司会者を交代させるのでは、育つものも育ちません。
(50点以下しか取れなかった司会者を変えるのは当然だとしても。)

まさに、「オスカーの名司会者は一日にして成らず」。
(私を含む)オスカー視聴者に求められるのは、
オスカーの司会者が神様ではなく人間であることを理解し、
減点主義から加点主義に発想を転換させることではないでしょうか。
私は、ハリスがオスカーの司会を積み重ねていくことを望んでいます。



 <補足>

そもそも、オスカーの司会者が注目され始めたのは、
私の推測では、1980年代終盤になってからのことだと思います。
1980年代中盤までは、超大御所のホープやレモン、
ジョニー・カーソンが例外的に単独司会を務めた年を除けば、
複数名のハリウッドスターによる共同司会体制が一般的でした。
その頃までは、司会者の存在価値は軽視されていたと思われます。

しかし、1988年、当時はまだ中堅コメディアンにすぎなかった
チェヴィー・チェイスが単独司会者に抜擢されたことで
「司会者次第で授賞式はこんなにもつまらなくなるものなのか……」
という意識が視聴者に共有されてしまい、皮肉にも、
司会者の人選に注目が集まるようになったのではないでしょうか。

もっとも、当時の彼にホープらほどの“質”を望むのは酷な話で、
チェイスを何らかの「元凶」とみなすのはアンフェアです。
ましてや、19871988年はオスカー授賞式自体が迷走しており
(意味不明のミュージカルナンバーがオープニングを飾りました)、
むしろチェイスこそ授賞式の最大の「被害者」だったと言えるでしょう。

私自身、1987・1988年のオスカー授賞式映像を見ても、
ホープらと比べれば地味で単調であるとはいえ
チェイスのジョークや司会ぶりがそれほど酷いとは感じません。
あくまでも、ホープらと比較した場合に不足感を抱くだけなのです。
逆に、チェイスのおかげでハードルが低まったからこそ
1990年のクリスタルの司会ぶりが際立ったとも考えられそうです。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年02月24日

“ミュージカルな司会者”ニール・パトリック・ハリスの歩み(進行形)


nph_pants2015.png
第87回アカデミー賞授賞式にて (2015年2月22日)



このブログをお読みのみなさんは、
アカデミー賞授賞式のオープニングをご覧になりましたか?
……いえ、アカデミー賞授賞式を見たかどうかなんて聞いてません。
アカデミー賞授賞式のオープニングを見たかと訊ねているんです!

……というわけで
突然の逆ギレ・追及モードで幕を開けた今夜のブログですが、
ニール・パトリック・ハリスが初司会を務めた
2015年の第87回アカデミー賞授賞式について振り返りますよ!
(ただし、ミュージカルパフォーマンスの部分のみ。)



その前に、ニール・パトリック・ハリスについてのおさらいです。
俳優のニール・パトリック・ハリス(以下ハリス)は、
これまで4度のトニー賞授賞式(2009・2011・2012・2013年)、
2度のエミー賞授賞式(2009・2013年)で司会を務めてきました。

いずれの授賞式でも上質なミュージカルナンバーを披露し続け、
今やトニー賞エミー賞の“顔”のような存在となっています。
もはや、ハリスが司会じゃない授賞式なんて物足りないですよね!
(※個人の感想であり、物足りなさには個人差があります。)

ハリスがアカデミー賞の司会を務めるのは2015年が初めてですが、
実は、2010年のアカデミー賞授賞式でも
司会者登壇前にオープニングナンバーだけ歌い上げていました
(2010年の司会者はスティーヴ・マーティン&アレック・ボールドウィン)。
今年はまさに、満を持してのアカデミー賞初司会となったわけです。

それでは、トニー賞エミー賞アカデミー賞で披露されてきた
ミュージカルナンバーの数々を振り返ってみましょう。
――ちなみに、トニー賞は演劇・ミュージカルの祭典、
エミー賞はテレビ番組の祭典、アカデミー賞は映画の祭典です。
ここは期末試験に出るところなのでしっかり暗記しておいてください♡


★2009年 トニー賞
『Tonight (トゥナイト)』

作詞:マーク・シェイマン&スコット・ウィットマン
原曲:レナード・バーンスタイン
▼『ウエスト・サイド物語』名曲の替え歌で… 今夜の授賞式を総ざらい



★2009年 エミー賞
『Put Down The Remote (チャンネルはそのままで)』

作詞・作曲:マーク・シェイマン&スコット・ウィットマン
▼“オープニングナンバー伝説”はこの年から! テレビ界に捧げる応援歌



★2010年 アカデミー賞
『No One Wants to Do It Alone (みんな誰かが必要さ)』

作詞・作曲:マーク・シェイマン&スコット・ウィットマン
▼「今年の司会はボクじゃないってさ」 この年の司会が“2人組”なので…



★2011年 トニー賞
『Broadway Is Not Just For Gays Anymore
 (ブロードウェイはゲイだけのものじゃない)』

作詞:デイヴィッド・ジャヴァーバウム
作曲:アダム・シュレシンジャー
▼自分の性的指向だってネタにする! ノンケもNYにおいでよ♡



★2012年 トニー賞
『What If Life Were More Like Theater
 (もしも人生の舞台が劇場だったなら)』

作詞:デイヴィッド・ジャヴァーバウム
作曲:アダム・シュレシンジャー
▼大御所パティ・ルポーンも登場! 舞台演劇界に捧げるラブソング



★2013年 トニー賞
『Bigger (規格外!)』

作詞:リン・マニュエル・ミランダ
作曲:トム・キット
▼この年のノミネート作品を紹介しつつ… ド派手にブチかます!



★2013年 エミー賞
『The Number In The Middle Of The Show
 (授賞式の途中ですがミュージカルナンバーをどうぞ)』

作詞:デイヴィッド・ジャヴァーバウム
作曲:アダム・シュレシンジャー
▼中盤のナンバーこそ至高!? サラ・シルヴァーマンも絶賛暴走中!



★2015年 アカデミー賞
『Moving Pictures (活動写真)』

作詞:ロバート・ロペス
作曲:クリスティン・アンダーソン=ロペス
▼『アナ雪』夫妻が作詞・作曲! 映画界に捧げるオマージュソング



――ハリスがトニー賞エミー賞アカデミー賞で披露してきた
ミュージカルナンバーをざっとご紹介しましたが、
デイヴィッド・ジャヴァーバウム&アダム・シュレシンジャーのコンビが
作詞・作曲している曲が多いという事実にはお気付きですよね。

このコンビについては以前にこのブログで取り上げたので、
もののついでにお読みいただければ幸いです。
典型的コメディアンなんていらない!? 「役者司会」がブームの米授賞式
(個人的には、2011年のエミー賞授賞式で
 その年の司会者:ジェーン・リンチが披露したオープニングナンバー
 『TV Is a Vast Wonderland』がお気に入りだったりします。)



毎年、司会者人選が難航しているアカデミー賞授賞式にとって、
トニー賞エミー賞授賞式で功績を挙げてきたハリスは、
アカデミー賞司会者としての「最後の切り札」的存在でした。

今年の授賞式で満を持しての登場となったわけですが、
どうやら、ハリスの司会ぶりは米国内外でおおむね好評だった様子。
来年以降、1〜2年おきのペースで
ハリスがアカデミー賞の司会に起用される可能性はあると思います。

はたして、ニール・パトリック・ハリスは、
1990年代〜2000年代前半のビリー・クリスタルのように
新「Mr.アカデミー賞」としてその名を歴史に残すのか。
はたまた、ありふれた「準レギュラー司会者」の一員として終わるのか。
さらには、ジャヴァーバウム&シュレシンジャー組の復活はあるのか。

もはや彼が「典型的コメディアン」かどうかなんて関係ない――
一連のミュージカルナンバーに胸をトキメかせてきた私としては、
クリスタル以上の「ミュージカル司会者」である
ニール・パトリック・ハリスの活躍にさらなる期待を寄せるところです。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2015年02月11日

ジャン・ミッシェルの“背中”に応える時 『ラ・カージュ・オ・フォール』


今日は、日生劇場で ミュージカル
『ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち』を観てきました。

lacage2015_poster.jpg



 <キャスト>
ジョルジュ:鹿賀丈史
アルバン(ザザ):市村正親
ジャン・ミッシェル:相葉裕樹
アンヌ:愛原実花
ジャクリーヌ:香寿たつき
ダンドン議員:今井清隆
ダンドン夫人:森公美子
ハンナ:真島茂樹
シャンタル:新納慎也
ジャコブ:花井貴佑介
ルノー:林アキラ
フランシス:日比野啓一
ルノー夫人:園山晴子

 <スタッフ>
作詞・作曲:ジェリー・ハーマン
脚本:ハーヴェイ・ファイアスティン
原作:ジャン・ポワレ
翻訳:丹野郁弓
訳詞:岩谷時子、滝弘太郎、青井陽治
演出:山田和也
オリジナル振付:スコット・サーモン



ブロードウェイミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』の日本語版は、
今からちょうど30年前の1985年2月、帝国劇場で初演されました。
『ラ・カージュ』は、我が敬愛するジェリー・ハーマンの集大成的作品で、
この作品の発表後、ハーマンは新作ミュージカルを製作していません。
楽観主義的でヒューマニスティックな楽曲はどれもただただ素晴らしく、
今夜の私なんぞは、序曲の段階で胸の高鳴りを抑えるのに必死でした。

前回(2012年)・前々回(2008年)に引き続き、30周年記念の今回も、
鹿賀丈史さん&市村正親さんの名コンビが夫婦役を務めています。
初演時からこの作品に出演し続けている森公美子さんらをはじめ、
主なキャスト陣は前回公演と変わりありませんが(花井さんは改名!)、
今回、新たに相葉裕樹さんがジャン・ミッシェル役で参加しています。
軽やかに踊る相葉さんは、まるでアニメの中のウサギのようでした(笑)。



30周年を迎えた今年の『ラ・カージュ』は、隅から隅まで“完璧”です。
まず、キャストとオーケストラの“息”がピッタリと合っています。
途中、鹿賀さんの歌い出しで始まるナンバーが何曲かあったのですが、
鹿賀さんはかなりマイペースで歌い出しているように見受けられました。
キャストとオーケストラが互いを信頼しているからこそなせる業でしょう。
さらに、場面転換時のセットの移動があまりにもナチュラル。
観客がステージの中央で輝くキャストに目を凝らしているうちに、
いつの間にか、舞台後方のセットや背景が切り替わっているのです。

繊細かつ堂々とした俳優陣の演技にも、触れないわけにはいきません。
ハンナが鞭を使って大暴れする“レビュー”の一場面――
フランシス役:日比野啓一さんは表情と立ち姿で笑いをとりますが、
『ありのままの私』直前の件では、その場に残りつつ存在感を消します。
舞台上がコメディからシリアスに移り変わる一瞬に“魔法”を起こすのです。
もちろん、カジェルたちによる“レビュー”の楽しさは言うまでもないし、
ザザの喋り方に森さんが思わず笑ってしまうハプニング的要素も含めて、
『ラ・カージュ』は、音楽、舞台装置、演技と、何もかもが“完璧”なのです。



(以下、ネタバレを含みます!)

「完璧すぎるのが逆にキズ」と言いたくなるほどの今回の公演ですが、
3年前(2012年)には気付かなかった印象的な演出を発見しました。
それは、終盤におけるジョルジュとジャン・ミッシェルの別れの抱擁です。
同性愛差別派:ダンドン議員の娘アンヌと結婚したからといって
ジャン・ミッシェルは父母と今生の別れとなるわけではないのですが、
ジョルジュとジャン・ミッシェルの抱擁の場面はあまりにも悲しげで、
その後、一人去っていくジャン・ミッシェルの背中はとても寂しげでした。

また、ジョルジュ&ザザ夫妻が、同性愛差別派のダンドン議員を
「パーティーには……来ないで〜」と笑顔で拒絶する場面も特徴的でした。
この場面では、同性愛者と差別派の和解という展開も可能だったはず。
むしろ、物語としては、ジャン・ミッシェルには寂しげな背中を作らせず、
和解したジョルジュ・ダンドン両家の笑顔のうちに大団円を迎えたほうが、
観客を爽涼な心持ちで帰宅の途につかせることができるように思えます。
なぜ脚本のファイアスティンは、あえてダンドンを差別派のままにさせ、
ダンドン家へと一人向かうジャン・ミッシェルに寂しい背中を作らせたのか。



実は、ファイアスティンは過去にも似たようなシーンを執筆していました。
『ラ・カージュ』初演2年前の1981年にファイアスティンが執筆した
舞台劇『トーチソング・トリロジー』(1988年に映画化)のラストです。
同性愛者の主人公と同性愛を嫌悪する母親が一応「和解」するのですが、
その和解は部分的なものに留まり、完全な和解とはなっていません。
当事者と抵抗者の間の「分かり合えぬ一線」を浮き彫りにさせることで、
ファイアスティンは、綺麗事では済まされない苦い現実を示唆したのです。
『ラ・カージュ』での笑えるけど冷たいあしらい、父子の悲しげな抱擁、
息子の寂しげな背中は、『トーチソング――』のラストを彷彿とさせました。

『ラ・カージュ』初演時は同性愛への偏見が根強く、劇中のザザも、
ゲイなのかトランスジェンダーなのかはっきりしない形で描かれています。
当時の客のため、ザザは女性的である必要があったのかもしれません。
普段は寛容なジョルジュ&ザザ夫妻がダンドン議員を冷たくあしらう場面、
ファイアスティンが際立たせた「悲しげな抱擁」と「寂しげな背中」を見ると、
「不寛容に対する寛容」というものがあり得ないことを痛感させられます。
『トーチソング――』の親子同様、「愛がすべて」なのは真実だとしても、
同性愛の寛容と不寛容の間には「分かり合えぬ一線」が存在するのです。



現在の日本でもダンドンのように同性愛に不寛容な政治家はいますし、
残念ながら、性的少数者への差別が少なからず存在するのも事実です。
本公演のパンフレットに掲載されたリー・ロイ・リームズのインタビューは
ハーマンと『ラ・カージュ』を解説する見応えある内容となっていますが、
セクシャリティが「性的嗜好」と誤訳されていることからも窺えるように、
日本で同性愛が正しく理解されているかというと首を傾げざるを得ません。

しかし、渋谷区が「同性パートナー証明書」条例案の提出を決めるなど、
少しずつ、一歩ずつ、時代が明るい方向に動き出しているのも確かです。
寛容と不寛容の狭間で漂流しがちな現代の社会において、
『ラ・カージュ・オ・フォール』という作品は、不寛容でも無関心でもなく
寛容の精神で人間と人間が結び付くことの大切さを力強く訴えています。
私には、この訴えに呼応することこそが、ジャン・ミッシェルが見せた
「寂しげな背中」に対する、せめてもの救済となるように思えてなりません。


lacage2015_program.png
リー・ロイ・リームズへのインタビューなどが収録されたパンフレット。
 「ジェリーの楽曲と言うと、誰もが耳に馴染みやすいメロディーばかりを評するけれど、実は歌詞も素晴らしい。シンプルな一語一語が粒立っていて、明瞭に観客の心に届くんだ。彼と対極にあるのが、スティーヴン・ソンドハイムだよね。 〔中略〕 その点ジェリーの曲は、一度憶えると自然に歌詞が出て来るんだ」(中島薫『観客から貰った一通の手紙』)
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE