2014年09月30日

<集団的自衛権> 本当は“容認”されていない集団的自衛権


20140930.jpg


 朝日新聞から産経新聞まで、そして安倍晋三首相ご自身まで、「7月1日の閣議決定で、日本は集団的自衛権を行使できる国になったんだ!」と、さも当たり前の事実であるかのように主張しています。しかし、本当にあの閣議決定で日本は集団的自衛権(=他国防衛権)を行使できる国に変貌したのでしょうか。

 お母さんを「我が家の憲法」とみなすとき、子ども(内閣)はお母さんの言うことを聞かなければなりません。それが立憲主義です。東アジア在住の「日本家」では、お母さんが子どもに「お団子なら食べてもいいけど、ソフトクリームは食べちゃダメですよ」と以前から言いつけていました。しかし、ある時、その子どもはどうしてもソフトクリームを食べたくなりました。

 さて、あなたがその子どもだったらどうしますか?
 (A) お母さんの言い付けを無視してソフトクリームを食べる
 (B) お母さんの言い付けを守ってソフトクリームを食べない

 ――7月1日、その子どもは、「『ソフトクリーム』という名前のお団子」を食べることで、「『ソフトクリーム』を食べたい」と「お母さんの言い付けを守りたい」という2つの願いを同時に実現させることに成功しました。本物のソフトクリームを食べたかったわけではなく、「ぼくは『ソフトクリーム』を食べた」という歴史を作りたかっただけだったので、その子はそんな“賢い”ことができたのです。



 7月1日の閣議決定は、これとまったく同様に、あくまでも「集団的自衛権」という名前の「個別的自衛権の一部」の行使を認めたものであって、本物の集団的自衛権(=他国防衛権)の行使を認めたものではありません。これまでも日本では個別的自衛権の行使は認められていましたから、あの閣議決定以前と以後で、日本の国のカタチは何ら変化していません。

 つまり、7月1日の閣議決定は、集団的自衛権反対派にとっては歓迎すべき内容に、賛成派にとっては悲嘆すべき内容になっています。最近、「吉田調書」などをめぐる朝日新聞の誤報が社会問題化しましたが、私には、7月1日の閣議決定を「集団的自衛権の行使を認めた閣議決定」と呼称し続けていることこそ、報道各社の悪質な誤報に思えてなりません。



 閣議決定後、このブログではこれまで3回に渡って、「あの閣議決定は集団的自衛権の行使を認めたものではない」ということを解説してきました。拙い文章ですが、お読みいただければ幸いです。

 Q. あの閣議決定は集団的自衛権を認めたものではないの?
 ⇒『<集団的自衛権> 閣議決定で「集団的自衛権」は容認されたのか
 (「集団的自衛権」をめぐる国際法上の3つの学説を確認することで、今回の閣議決定が、本物の集団的自衛権=他国防衛権を容認したものではないことを解き明かしています。)

 Q. あの閣議決定は違憲ではないの?
 ⇒『
<集団的自衛権> むしろ喜べ反対派!? 閣議決定は違憲ではない
 (国家による武力行使の「目的」と「効果」を考察することで、今回の閣議決定で認められた範囲は、従来通り自国防衛に限定されていることを確認しています。)

 Q. あの閣議決定は日本の国のカタチを変えたものではないの?
 ⇒『
<集団的自衛権> これまでも「集団的自衛権」は認められていた!?
 (新旧政府見解の空白部分を考察することで、今回の閣議決定で「集団的自衛権」と呼ばれているものは、従来認められてきた個別的自衛権の範囲内であることを説明しています。)



 ――実のところ上記の3つのエントリは、それぞれがそれぞれの内容を補完し合っているだけで、すべて同じようなことを言っています。そのため、何の先入観もなく上から順に読めば、「もう言いたいことは分かったから……」「いい加減クドいんだよ!」と感じるのではないでしょうか(そしてあなたは睡魔に襲われる)。

 上記エントリは、どちらかというと集団的自衛権の行使容認に反対する人々に向けて、「あの閣議決定の内容を理解してほしい」という思いを込めて書きました。行使容認に反対するなら、「政府はあの閣議決定を撤回しろ!」ではなく「政府はあの閣議決定を守れ!」と言わなければおかしいのです(個別的自衛権=自国防衛権の行使にすら反対する人は除く)。

 7月1日の閣議決定を受け、国会では来春以降に具体的な法整備が行われます。あの閣議決定が集団的自衛権を認めたものだと国民に勘違いさせ続けたい政治家たちは、かなり前のめりな発言をしてくるでしょう。その時、国民が内容を理解できてさえいれば、あの閣議決定は、集団的自衛権を認めさせないための頼もしい「武器」として機能するはずです。
posted at 23:59 | Comment(2) | TB(1) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年09月26日

“笑い”が疲れを吹き飛ばす! 『桂文珍 JAPAN TOUR』


今日は、関内ホールで開かれた
『桂文珍独演会 JAPAN TOUR 〜一期一笑〜』へ行ってきました。

bunchin_japan_tour_2014.png
『桂文珍独演会 JAPAN TOUR 〜一期一笑〜』発表会見(2014年1月)



 <本日の番組>

開口一番:桂楽珍 『権兵衛狸』
落語:桂文珍 『深夜の乗客』
女道楽:内海英華
落語:桂文珍 『萬両』

 〜お仲入り〜

落語:桂文珍 『御血脈』



★楽珍 『権兵衛狸』
開口一番はベテランの楽珍師匠。
出身地・徳之島や孫のエピソードで笑いを掴んでから、
“権兵衛”の温かい人柄を強調した『権兵衛狸』へ。
東京でよく聴く『権兵衛狸』よりも、
“権兵衛”と“仔狸”が意思疎通できていたように思う。

★文珍 『深夜の乗客(迷えるタクシー)
朝日新聞の誤報ネタで客席の心を掌握した後、
今夜の一席目(昼公演もあったらしい)として
タクシー運転手が主人公の新作(原作:百田尚樹氏)を。
怪談話なのかと思わせておきながら、
終盤→サゲでは観客の予想を良い意味で裏切る。
「お茶漬けを……」という光景は想像するだけでおかしい。

★英華
日本唯一(「ということは世界一」)の女道楽師:
英華師匠がお喋りを中心に三味線を弾いていく。
東京の三味線漫談の師匠方とは少し違って、
時事ネタ・芸能ネタがふんだんのお喋りが特徴的。
「聴かせる」以上に「楽しませる」「笑わせる」芸だった。

★文珍 『萬両』
本日の主役による仲入り前の一席は、
上方落語『お文さん』を換骨奪胎した『萬両』。
子のいない若旦那夫婦が“捨て子”を育てることになるが、
実はその子は若旦那と妾との間にできた子で、
すべては、妾を乳母として招き入れるための策略だった――。
若旦那にとって都合よく話が進んでいると思いきや、
最終的には女たちによって若旦那が陥れられる。
なるほど、21世紀の客を心置きなく楽しませるアレンジだ。

★文珍 『御血脈』
冠婚葬祭をめぐる体験談から日本の多宗教性に触れ、
今夜のトリを飾る『御血脈』へ。
東京でよく聴く『お血脈』と筋立ては変わらないが、
途中でハメモノも入り、聴き応えのある一席となっている。
佐村河内氏→STAP細胞→元県議と時事ネタを挟むものの、
あくまでも「文珍目線」でネタにされていくため、
それらは流行言葉以上の意味を担って噺に溶け込んでいた。
最後は下がる緞帳を手で止めて(止め方がユニーク!)、
今夜の感想と客への感謝をシンプル&ユーモラスに伝える。



生で聴いてみたいと思い続けてきた文珍師匠の高座を、
今夜ようやく体験することができました。
予想通り、文珍師匠の落語はエンターテインメント度が高い!
時間の経過を感じさせない、笑いに溢れた高座です。
まるで冒険小説を読んでいる小学生のように、
雑念を忘れて「文珍ワールド」にのめり込んでしまいました。

今夜のマクラで文珍師匠も仰っていたことですが、
落語という芸能は「客を疲れさせない芸能」。
目を酷使させるわけでなし、激しい音響があるわけでなし。
落語家が高座上から提供するヒントによって、
客は脳内でイメージを膨らませ、「画」を創り上げていきます。

決して「重厚」な高座が悪いというわけではありませんが
(そりゃたしかに体力のない時にはあまり楽しめませんが……)、
落語の基本は「人の心を軽くする」というものであってほしい。
今夜の文珍師匠の3席は、「疲れさせない」どころか、
上方落語の底力によって客の「疲れを吹き飛ばす」笑芸でした。


posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年09月15日

キョウアルバム


先日、京都へ行ってきました。



車内にて朝食。
定番のおむすび弁当をいただく。

IMG01456.png



「今日から駅弁ブログを始める!」などとはしゃぎながら、
2人でこれから観光する場所を決めた。

IMG01459.png



名古屋駅に停車中、駿台予備校名古屋校を激写。
少子化に負けずに頑張ってほしい。

IMG01460.png



京都駅から市バスで「四条大宮」へ。
景観を気にしてか、コカ・コーラのロゴが濃紺!

IMG01461.png



嵐電に乗車し、終点・嵐山駅に到着。
早速、抹茶ソフトクリームを食べる(店員愛想◎)。

IMG01463.png



駅から歩いて1〜2分の和カフェで、
同伴者のお土産購入(抹茶ロール的な?)に付き合う。

IMG01464.png



渡月橋へ。
爽快! のびやか! 気が晴れる!

IMG01469.jpg



『サマーウォーズ』を彷彿とさせる光景。
「日本の田舎」をテーマにした写真展があれば投稿したい。

IMG01467.png



同伴者が行きたがっていた「竹林の道」へ。
心地よい風を浴びながら、竹の林の小径を歩く。

IMG01473.jpg



口笛で『Amazing Grace』を歌っているおじさんがいた。
Amazing Grace in Amazing Place!

IMG01471.png



やはりお墓の写真は撮らざるを得ない。
怪しい何かが写っているのがお分かりだろうか……。

IMG01472.png



「嵐山天龍寺前」でバス待ち。
当日は1日乗車券(1,200円)を駆使した。

IMG01475.jpg



地元の方々との交流を経て、金閣寺へ。
バスの旅は想像以上に面白い。

IMG01477.png



金閣接写!
勝ち誇ったように堂々としている。

IMG01480.png



紅葉が始まりかけていた。
プレ紅葉シーズンが楽しめるのは今だけ!

IMG01481.png



市バスの「金閣寺道」まで歩く。
京都は交番も落ち着いた色合いですな。

IMG01485.png



「二条城前」で下車。
市役所周辺、三条会商店街、普通の住宅地などを散策。

IMG01488.jpg



遅い昼食は、千本通のそば屋にて。
店内のテレビからは関西ローカルのワイドショーが流れていた。

IMG01486.png



いざ、二条城内へ!
リアルキャッスルに興奮するの巻。

IMG01490.png



二の丸御殿の中はとにかく広すぎる。
外国人観光客の方も多かった。

IMG01491.png



二条城の歴史をみつめてきた池。
もしかしたらまだ池の中に侍がいるかもしれない。

IMG01494.png



本殿の周りにはあまり人がいなかった。
二の丸御殿の人気に本殿も嫉妬?

IMG01496.png



『ハリー・ポッター』のホグワーツ魔法魔術学校を思い起こさせる。
スリザリンはいやだ……スリザリンはいやだ……。

IMG01498.png



再び市バスに乗って「清水道」で下車、しばらく歩く。
清水寺の存在感に圧倒された。

IMG01499.jpg



田村堂。
清水寺の最重要スポットである(?)。

IMG01500.png



清水の舞台で老若男女の表情を楽しむ。
この日はまだ誰も飛び降りていないようだった。

IMG01505.jpg



括目せよ! 清水の舞台からの風景を!
遠くのほうに京都タワーが見える。

IMG01504.png



高所恐怖症の私としては十分怖ろしい状況。
ピースサインなんかできるはずもない。

IMG01507.jpg



ちょっと歩いて振り返ると、
さっきまで自分たちがどんなところにいたのか分かる。

IMG01508.png



歩きながら撮ったのでブレブレだが、
これを業界では「臨場感のある写真」と呼ぶ。

IMG01510.png



お土産を買ったり、さらに散策したりした後、
市バスの「祇園」で下車し、「祇園京めん」で夕食。

IMG01514.png



肉うどん的なものを注文。
すき焼きみたいで美味しかった〜。

IMG01513.png



「祇園さん」こと八坂神社へ。
妙にアダルティな色気がある。

IMG01515.jpg



境内に入ると、さらにミステリアスな雰囲気。
時間帯が夜だからかもしれない。

IMG01517.png



これまた幻想的な一枚。
藤山直美さんの提灯も発見した。

IMG01519.png



八坂神社はどこを切り取っても画になる。
左側の狛犬は完全にカメラ目線だし。

IMG01522.png



What a fantastic place!
オモテの美しさとウラの妖しさ――。

IMG01527.png



八坂神社から眺める四条通。
まるで蒲田駅東口みたい(←褒めたことになってない)。

IMG01532.png



京都駅行きのバスを待つ。
(ちなみに、202系統は京都駅には向かいません。)

IMG01535.png



バス車内での爆笑?体験を経つつ、京都駅到着。
夜の京都タワーって綺麗ね!

IMG01536.png



帰りの新幹線にギリギリちょうどで乗車し(神業!)、
なんか色々喋りながら東京へ戻りましたとさ。

IMG01538.png



 <まとめ>

楽しかった!
充実していた!
バスの乗り換えも面白かった!
喧嘩的なことは一切しなかった!
京都は楽しみ方が豊富だと感じた!
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE