2014年07月30日

人間の“ちっぽけさ”肯定… 包容力ある小柳枝『大山詣り』


今日も、新宿末廣亭 7月下席 夜の部 へ行ってきました。
主任は、春風亭小柳枝師匠。

20140730__suehirotei.png



 <本日の番組>

(途中から)
落語:三遊亭圓輔 『蛇含草』

 〜お仲入り〜

落語:(交互) 春風亭笑松 『強情灸』
コント:ザ・ニュースペーパー
落語:桂文治 『親子酒』
落語:(交互) 桂米助 『野球寝床』
太神楽曲芸:翁家喜楽・喜乃
落語:(主任) 春風亭小柳枝 『大山詣り』



★圓輔 『蛇含草』
入場すると、“男”が“隠居”に大言壮語しているところ。
今夜、圓輔師匠は餅を食う所作に力を入れていて、
終盤はやはりテンポよくサゲに至った。
相変わらず声も通るし、圓輔師匠は今が聴きどきかも。

★笑松 『強情灸』
大室山の「微かな祟り」のマクラを経て、
江戸っ子の“湯”小噺→白熱の『強情灸』へ。
前日譚を語る場面も、見栄を張る場面も、
そして灸に熱がる場面も、今夜はやけにコンパクトな感じ。

★ザ・ニュースペーパー
桑山先生(キャスター)のUSOヘッドラインニュース
→松下先生(小泉・舛添)&桑山先生の漫才。
直近の時事ネタを次々に挟み込んでくる。
客数の割に静かだった客席もだいぶ盛り上がった。

★文治 『親子酒』
文治師匠の『親子酒』では、親子のやり取りよりも
塩辛を肴にお酒を呑む愉しさが強調されている。
「こぼさないよ、しみったれだからね」。
愉快な都々逸に引きずられ、私もお酒を呑みたくなった。

★米助 『野球寝床』
本日のゲスト真打ち枠には愛しのヨネ様が降臨。
東京五輪が来るがマラソンの観覧客はバカバカしい、
昔ラジオで聴いた重量挙げ実況もくだらなかった
……というマクラから、十八番の『野球寝床』へ。
千葉ロッテマリーンズって、今でも弱小球団なのだろうか?
ぜひヨネスケ師匠には古典の『寝床』もやってほしい。

★喜楽・喜乃
“五階茶碗”→“卵落とし”→“輪の交換採り”。
喜楽先生の“卵落とし”には毎回ドキドキさせられる
(もちろん上手くいくに決まっているのだが)。
太神楽のカッコよさを若い人にも知ってもらいたいなあ……。

★小柳枝 『大山詣り』
若い頃は登山ブームで、山男の歌もよく歌ったが、
いま思えば『いつかある日』は身勝手な男の歌ですね――。
マクラでの述懐に、小柳枝師匠の人生遍歴を感じさせられる。
『大山詣り』は、江戸町人の登山“後”を描いた噺。
喧嘩の仲裁役を期待される“先達”は結構いい加減な人で、
いくら坊主にされたことの仕返しとはいえ
人の生き死にに関する冗談を吐く“熊”はとんでもない奴だ。
まんまと嘘を信じ込む“町内のかみさん衆”も間が抜けている。
そんな、目先のことしか考えられない人間のちっぽけさを、
年長者の“先達”は「おケがなかった」という洒落で受け流す。
自らのちっぽけさをお互いに理解し合うことができれば、
争いごとは「悲劇」として幕を閉じずに済むかもしれないのだ。



――人の生死に関する嘘が出てくる『大山詣り』という噺は、
聴きようによっては不快な物語だと言えるかもしれません。
しかし、小柳枝師匠の『大山詣り』は終始小ざっぱりとしていて、
人間のちっぽけさを受け止めるだけの包容力を持っています。
小柳枝版『大山詣り』は、人間の拙さを肯定してくれているのです。

ちっぽけな存在だからこそ人間は寛容になる必要がありますが、
とはいえ、寛容の精神を発揮してもやはり人間はちっぽけですから、
その寛容さはカギカッコ付きの「寛容さ」に留まります。
人間はどこまでいっても不完全で、聖人君子にはなれないものです。
それゆえ、時に滑稽で、時に残酷なドラマを織り成すものです。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年07月28日

愛すべき逆ギレ若旦那… “江戸の夏”顕す小柳枝『船徳』


今日は、新宿末廣亭 7月下席 夜の部 へ行ってきました。
主任は、春風亭小柳枝師匠。

2014_7shimoseki_suehirotei.png



 <本日の番組>

(途中から)
落語:三遊亭圓輔 『辰巳の辻占』

 〜お仲入り〜

落語:(交互) 三笑亭朝夢 『皿屋敷』
コント:ザ・ニュースペーパー
落語:(代演) 桂米多朗 『たがや』
落語:(交互) 三遊亭小遊三 『鰻の幇間』
太神楽曲芸:翁家喜楽・喜乃
落語:(主任) 春風亭小柳枝 『船徳』



★圓輔 『辰巳の辻占』
“おじさん”が“源ちゃん”に言い聞かせる場面から。
辻占の場面から笑い声が起こり始め、
終盤〜サゲまでテンポよく噺が進んだ。
ちなみに、“源ちゃん”が飲んだのはラムネ。

★朝夢 『皿屋敷』
陰陽のマクラ→ハメモノ入りの『皿屋敷』へ。
男たちは“お菊”の外見目当てではなく、
幽霊への好奇心目当てで“皿屋敷”に通う。
終始明るく、クイツキの手本となるような好演だった。

★ザ・ニュースペーパー
土屋先生(前原→谷垣)&石坂先生(進次郎)。
お二人による漫才も序盤は見応えがあったが、
やはり“土屋谷垣”が何度見ても秀逸。
犯罪をめぐる客席とのやり取りも見逃せない(笑)。

★米太朗 『たがや』
3列目の客が帰ってしまったことを嘆きつつ、
途中で若干漫談を挟むスタイルの『たがや』。
“たがや”の啖呵が洒落ていて小気味よい。
やっぱり江戸っ子は判官贔屓じゃなくっちゃね。

★小遊三 『鰻の幇間』
ゲスト真打ち枠、本日は小遊三師匠。
入門したての頃には幇間から復帰した噺家がいたという。
「相手に合わせる幇間」のマクラを経て、
“一八”のほうから“魚”に近付く型の『鰻の幇間』。
“大将”は「先のところ」の場所をわざと明かさない。
まるで、調子に乗っている間抜けな芸人を
先輩芸人が身をもって窘めているかのようである。
母から貰った十円札と惜別し、汚れた下駄で帰った。

★喜楽・喜乃
小柳枝師匠の膝代りといえば喜楽・喜乃先生。
時間がやや押していたためか、
“五階茶碗”→“輪の投げ合い”で切り上げる。
ある意味、太神楽は寄席(定席)の代名詞だよなあ。

★小柳枝 『船徳』
お馴染みの「すぐに終わりますので……」、
“居候川柳”の紹介を経て、夏の定番『船徳』へ。
小柳枝師匠の『船徳』を聴いていると、
夏の江戸の澄んだ空気を目に、耳に、肌に感じる。
威厳のある親方、いきいきとした若い衆、
可愛らしい舟宿の女将、実は小心者の二人客、
そして、わがままだが憎めない若旦那――。
客に逆ギレする若旦那“徳”を、私は愛してやまない。
噺の中で広がっているのは「うつくしく やさしく おろかなり
(杉浦日向子先生)の世界そのものであった。



――毎年恒例、7月下席、末廣亭、小柳枝主任興行。
昨年に引き続き、今年も日替りゲストが一席勤めます。
本日のゲストは江戸落語の達人:小遊三副会長でした。
小遊三版『鰻の幇間』は、滑稽なだけではなく
蒟蒻問答』同様、人間のダークさを潜ませている高座。
顔は笑っているんだけど目は笑っていない、というような。

そして、主任:小柳枝師匠の『船徳』を聴きながら、
自分は今、夏の江戸にいるのかなと錯覚してしまいました。
ああ、『船徳』の世界にずっとずっと浸っていたい。
私はその時代その世界を生きたことはないし、
小柳枝師匠だってその世界の中で生きたことはないはずだけど、
でも、その世界は何だか懐かしくて、妙に落ち着く世界なのです。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 寄席・演芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年07月23日

92歳のカール・ライナーが発明! 全米で人気の「Selfishie」とは?


クリエイターにとって大事なものは年齢ではありません。
クリエイターにとって大事なもの――それは創造力です。
そして彼の場合、その創造力には柔らかな風刺が込められています。



私が愛してやまないカール・ライナー(92歳のコメディ映画監督)。
そしてこれまた愛してやまないコナン・オブライエン(51歳のTV司会者)。
この2人がタッグ(ってほど大げさなものじゃないが)を組み、
ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグもビックリの
新たなオンライントレンド「Selfishie」を創造してしまったのです!



……ところで、「Selfishie(セルフィシー)」ってなに?
Selfie(セルフィー)」なら知ってるけど……。
……えーと、それを事細かに解説するのは野暮というものです。
まずはカール・ライナーとコナン・オブライエンが
テレビ局の控室で制作した「Selfishie」第1弾をご覧いただきましょう。



……そうです! まさにこれこそが「Selfishie」なのです!
……まだ何のことだかよく分からない?
OK。日本にはこんなことわざがあります。「百聞は一見に如かず」。
米国の素人さんたちが制作した「Selfishie」を続けてご覧ください。







――キリがないのでこの辺でやめておきますが、
勘の鈍さには定評のあるあなたにも、「Selfishie」とは一体何なのか、
よくご理解いただけたのではないかと思います。



ちなみに、この「Selfishie」は、
米TBSの深夜帯トーク&バラエティ番組『Conan』7月21日放送分に
ゲスト出演したカール・ライナーが提案した企画。
たしかに、カール・ライナーらしさを感じるユーモア企画です。

「Vine」みたいに日本の若者の間でも流行したりしないかしら?
『ZIP!』『めざましテレビ』辺りで特集してくれないかしら?
……まあそれはともかく、この「Selfishie」をきっかけに、
映画監督カール・ライナーとその作品が再評価されたら嬉しいなあ……。

(“映画監督”カール・ライナーを知らない若年層でも、
 『オーシャンズ11』シリーズでのソール・ブルーム役、
 あるいはロブ・ライナー監督の実の親と聞けばピンとくるかも。
 関根勤さんというのは関根麻里さんの父親のことです、的な説明ですが。)



カール・ライナー(左)とメル・ブルックス(右)は若き日からの盟友です。
2000歳の男性を演じるコント『2000 Year Old Man』で一世を風靡。


カール・ライナー監督『スティーヴ・マーティンの四つ数えろ』(1982年)。
白黒映画の名場面を継ぎはぎして一本にしたというスゴい映画。
この作品以降、ライナーとマーティンはコンビを組んで映画を制作します。


スティーヴ・マーティン&リリー・トムリン主演の隠れた名作
『オール・オブ・ミー 突然半身が女に!』(1984年)。
邦題とは裏腹に心温まる映画で、ラストシーンには思わず涙しました。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2019 MITSUYOSHI WATANABE