2014年05月30日

大いなる誤解が爆笑を呼ぶ!『錦の袈裟』 @菊丸・福治二人会


今日は、池袋演芸場で開かれた
『落語協会特選会 第12回 菊丸・福治二人会』へ行ってきました。

IMG.jpg



 <本日の番組>

開口一番:(前座) 三遊亭ございます 『寿限無』
落語:柳家福治 『千早振る』
落語:古今亭菊丸 『錦の袈裟』

 〜お仲入り〜

落語;古今亭菊丸 『看板のピン』
落語:柳家福治 『将棋の殿様』



★ございます 『寿限無』
自分の芸名に触れてから『寿限無』。
中盤での命名「高橋ポンポコピー」の強調が独特。
この噺のネックとも言える終盤はテンポよく畳み掛けた。

★福治 『千早振る』
知ったかぶりの元首相ネタや「桂小三治」ネタを経て、
“隠居”の暴走ぶりが見物の『千早振る』を。
自分でも何が何だか分からなくなっている“隠居”と、
次第に冷静になる“八五郎”とのコントラストで笑わせる。

★菊丸 『錦の袈裟』
「広島カープ優勝祝賀会へお越しいただき……」。
毎晩スポーツニュースを見るのが趣味だという菊丸師匠。
絶品の達川光男モノマネを軽く交えながら、
広島カープ初優勝時(1975年)の思い出を語る。
“遊び”に師・圓菊は間に合ったと振ってから『錦の袈裟』。
“与太郎”としっかり者の“女房”の関係性は厳しくも温かい。
舞台が吉原に移ってからは大いなる誤解が超爆笑を呼ぶ。
“花魁”の台詞「下がれ、家来ども!」は爆発力抜群だった。

★菊丸 『看板のピン』
「たっぷり!」と声が掛かるも「簡単に」宣言。
「詳しくはない」と断りつつ博打の種類を解説し、
調子のいい“若者”が主人公の『看板のピン』へ。
威厳ある“親分”の一言一言には人生の重みが感じられ、
この噺を軽妙ながら奥行きある滑稽噺へと深化させていた。

★福治 『将棋の殿様』
古典落語には珍しいワンシチュエーションの密室劇を、
「中間管理職」の苦労にスポットを当てて丁寧に展開。
この噺の主役は“殿様”ではないことを思い知らされる。
決して“殿様”が悪役だというわけではないのだが、
“三太夫”の「将棋は戦」との直言にはスカッとさせられた。



――というわけで、なかなかコアなご贔屓のお客様が多い中、
広島出身コンビの二人会で愉しい時間を過ごしました。
やはり菊丸師匠の落語は軽妙で、それなのに充実感があって、
この師匠の古典落語を聴くことは私にとってこの上ない幸せです。

たとえ同じ噺でも、演者によって噺の「世界」は異なります。
たとえ同じ場所が舞台でも、噺の中の天候や気温は異なります。
それは演者が「本日の天気は……」と説明しているからではなくて、
演者によって「世界」の明るさや暗さまでもが異なってくるからです。

本日の『錦の袈裟』では「錦の褌」がたしかに煌めいていましたし、
朝の吉原では優しい光が差し込み、清々しい空気が流れていました。
私は決してそのような説明ゼリフがあったからそう感じたのではなく、
菊丸師匠の表現する噺の「世界」を勝手に感じ取ったにすぎません。

落語における「世界」とは現実には目に見えない極めて曖昧なもの。
私たち一人ひとりが「あの芸人のあの噺が好きだ」と感じるとき、
私たちはクスグリや所作を根拠に「好きだ」と感じているのではなく
むしろ曖昧な「世界」を評して「好きだ」と感じているように思います。
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 落語・笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年05月22日

「毎日の環境」としての平和を 『ローザ・ルクセンブルク』


先日、下高井戸シネマで
映画『ローザ・ルクセンブルク』を観ました。

film_rosaluxemburg_poster2.jpg


旧西独:マルガレーテ・フォン・トロッタ監督による1986年の作品。
映画の主役=ローザ・ルクセンブルクを演じているのは
後年、『ハンナ・アーレント』でアーレントを演じるバルバラ・スコヴァです。
スコヴァはフォン・トロッタ監督作品で数多く主演を務めています。
フォン・トロッタとスコヴァは「クロサワとミフネ」のような関係なのですね。

物語が進むにつれ第一次世界大戦が近付いてくるので、
この映画は単なるローザ・ルクセンブルクの伝記映画に留まらず、
必然的に「ローザと平和」という裏のテーマを帯びています。
恋人レオ・ヨギヘスとの場面では「女性:ローザ」の姿が浮かび上がり、
演説の場面などでは「革命家:ローザ」の姿が強調される仕組みです。



松元雅和先生の解説によれば、「平和」概念には3タイプがあります。
「事態としての平和」「目標としての平和」「手段としての平和」です。
「目標としての平和」が「平和のための戦争」を許容するのに対して、
「手段としての平和」は人間による暴力自体に憤怒と抵抗を示します。
ちなみに、日本国憲法第9条第2項が謳うのは「手段としての平和」です。


本来、マルクス主義において「反戦」は目的ではありません。
しかし、この映画を通して――実際にはローザの著作をも通して――、
私はローザに「手段としての平和」を追求する姿勢を見出しました。
彼女にとって「平和」は目的でもあり現実的課題でもあったと思うのです。
つまり、彼女にとって「平和」とは通過すべき単なる一里塚ではなく、
現在と未来において“現にあり続けるべき”環境だったのではないか、と。



古今東西、マルクス主義を社会に実現していく過程において、
マルクス主義運動は「個人」の上部に「思想」を設定せざるを得ません。
その結果、人間の解放を実現するためのマルクス主義運動によって
人間としての感情を抑圧される者が生じる、という皮肉な事態が生じます。

ローザのような革命家ならば自らの不幸を耐えることもできるでしょう。
なぜなら、革命家には紅涙を流さぬ決意と自負があるからです。
しかしそうは言っても、革命家とて所詮は一人の人間です。
友と談笑し、恋人と抱擁し、心安らぐ時間を過ごす必要があります
(「必要」というのは、第三者である私の決め付けにすぎませんが……)。

遠く彼方にある「人間らしく生きる」という目的を実現するために、
現実にあってほしい「人間らしく生きる」手立てを自ら抑圧するとすれば、
もはやそれは何のための革命であり、運動であり、総括なのでしょうか。
――マルクス主義革命家たちは、目の前の人間の尊さを想えば想うほど、
この残酷にしてあまりに現実的な問いに翻弄されることになります。
私がかねて深い関心を寄せる奧浩平(1960年代の学生活動家)も同様でした。



映画『ローザ・ルクセンブルク』で、獄中のローザは友人に呟きます。
「自分の不幸は平気だけど、他人の不幸は耐えられない」
彼女が思いを馳せたのは、どこか遠くに望む夢物語ではなくて、
いまこの場所における現実的課題――「人間の解放」――でした。
だからこそ、彼女は身内の社会民主党による暴力的弾圧に反発し、
戦争にも徹底して反対し、自然や動物には愛着の念を抱いたのです。

平和が破壊され「人間」が苦しむという現実と格闘する中で、
ローザは平和を「通過点」ではなく、あるべき「毎日の環境」と捉えます。
「反戦平和」を主張する際、彼女はマルクス主義者である以上に
一人の平和主義者的「人間」として「反戦平和」の精神を訴えたのです。

革命家ローザ・ルクセンブルクは47歳で悲劇の死を迎えましたが、
最後まで革命の美味に酔いしれることはありませんでした。
命を懸けて向き合った対象が「夢想」ではなく「現実」だったためです。
「強さ」と「優しさ」を合致させた思想と人生こそが彼女の魅力であり、
今日の世界がますます彼女のことを“欲している”理由であると感じます。





 <補足>
私はここでマルクス主義を“片付ける”つもりはありません(念のため)。
マルクス主義を今日の社会に活かしたいと願うならば、
人間を解放する作業を「過程」の中で普遍化する必要があるのでしょう。
――とはいえ、私がマルクス主義者でないということもあって、
具体的なアイディアを思い付くことはできない、というのが「現実」です。


film_rosaluxemburg_program.png
200円のプログラム。フォン・トロッタ監督のエッセイに感動した。

posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 映画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2014年05月05日

ナマ憲法&ナマ佐藤日記に感激! こどもの日の“国立公文書館”


今日は、国立公文書館に行ってきました。

IMG01369.png



『平成26年春の特別展
 高度成長の時代へ 1951-1972』。
館内は写真撮影OK(フラッシュ撮影はNG)。

IMG01370.png



1956年に調印された日ソ共同宣言。
鳩山一郎首相(当時、以下同)の署名が見える。

IMG01379.png



1956年12月、日本は国連に加盟した。
写真は、いま話題の国連憲章。

IMG01380.png



日ソ共同宣言調印から1か月後、
鳩山首相は国会で所信演説を行った。
 
……交渉の成果は、必ずしも十分満足すべきものとは思っておりません。

IMG01381.png



1960年に締結された日米安保条約。
岸信介内閣は条約自然承認直後に総辞職する。

IMG01382.png



岸内閣の後を受けて池田勇人内閣が発足。
写真は、池田首相の「国民所得倍増計画」演説原稿。

IMG01383.png



奥浩平が「オレたちが一生乗れそうもない」と皮肉った
「すてきな超一流の夢の超特急」(=東海道新幹線)。
開業時は東京―大阪間を4時間で走ったという。

IMG01384.png



東京オリンピックの1年半前リーフレット。
こういうものも数十年後には歴史的資料になるんだなあ……。

IMG01385.png



当時は「オリンピック10円基金」なるキャンペーンも。
たしかに10円ぐらいなら私も募金できそう!

IMG01386.png



1972年に公布された沖縄返還協定。
昭和天皇と佐藤栄作首相の署名がある。

IMG01371.png



ここからは佐藤栄作コーナー。
1949年、初当選時の当選証書とな!(写真右)

IMG01372.png



アポロ12号が月面着陸した日の佐藤日記(1969年11月19日)。
 沖縄の核問題が主題。案ぜられた議案だが軌道の上を予定通り走り、正午前には妥結。一同によろこんで貰った。大成功。本土なみ核抜きが実現、ほんとに有難う。

IMG01373.png



沖縄復帰記念式典の日の佐藤日記(1972年5月15日)。
 民社や公明党の人達は式典にもレセプションにも出席してくれたが、社会党並に共産党は欠席。又夜おそくまでデモる。困った連中だ。

IMG01374.png



今回の特別展では、日本国憲法原本も展示された。
署名の序列第二位は幣原喜重郎国務相(無任所)。

IMG01376.png



11章103条から成る日本国憲法。
やっぱりこの憲法は読みやすい、分かりやすい。

IMG01377.png



国立公文書館法は1999年6月に公布された。
首相臨時代理:野中広務官房長官が署名。
(この時、小渕恵三首相は外遊中とかだったのかな?)

IMG01378.png



退館後、皇居〜国会議事堂の辺りをお散歩。
同伴者様が「足が疲れた」と仰ったので、国会前庭で休憩。

IMG01389.png



“議会政治の父”尾崎行雄の記念時計塔。
ほとんど誰もいない国会前庭で存在感を発揮していた。

IMG01394.png



近くの憲政記念館にも立ち寄る。
尾崎行雄メモリアルホールって何なんだ……。

IMG01396.png



尾崎行雄先生が私たちに挨拶してくださった。
「人生の本舞台は常に将来に在り」!

IMG01399.png



――ガラッとお話変わって、
その後は渋谷で遊んだりしましたとさ(完)。
(ハローキティってもう40歳だったんですね……。)

IMG01401.png
posted at 23:59 | Comment(0) | TB(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE