2011年02月23日

師匠と、すき焼きの夜


今日は、女子力を高めるために「女子会」へ行ってきました。
メンバーは小太刀さん、ショウちゃん、瑛ちゃん、そして私。

……あ、すいません。
この中に2人、男子が混ざっていましたね!
私と小太刀さんは男子でした。

春休み期間中の今、少しご足労かとは存じましたが
吉祥寺までお越しいただき、小太刀さんおすすめ(?)の『すずめのおやど』へ。

ここで久しぶりに、小太刀さんとゆっくりお話しさせていただきました
(「ゆっくり」とか言いながら、基本的に私は早口のほうかもしれませんが……)。
年寄りらしく部活での思い出話も少ししてしまいましたが、
とても楽しく、とてもストレートに
お互いの「いま、思っていること」をお話しし合うことが出来ました。



私には、「師匠」と呼ぶべき人物が、人生の中で2人います。
そう呼べる方が2人もいるというのは、それだけでとても幸運なことです。
そのうちの1人が小太刀さんですが、
私は小太刀さんとは、ラジオ番組では数えるほどしか関わっておりません。
しかし、茶道部時代を含めて、
やはり最も親身に、私のような人間の話を聞いてくれた先輩の一人であり、
特に番組以外での結びつきで、私は「師匠」と思っています。

正直、私が“弟子入り”してから、話が噛み合わないこともあったのですが
(意見の対立、とかいう意味ではなくて)、
最近になって、ようやく小太刀さんと話が合うようになってきました。
それは私が、小太刀さんのおっしゃっていることを
最近になってようやく理解できるようになってきた、ということなのだと思います。

先述したように、私は小太刀さんからは技術的なことというよりも、
心構えや、パーソナリティ――というより、
人間としてのあるべき姿勢を学ばせていただきました
(もちろん師弟関係は死んでも終わらないので、現在進行中で受講中です)。

「姿勢」は、「技術」にダイレクトに影響を与えます。
そして「技術」を手に入れることが、「姿勢」を強固なものへとしてくれます。
そういった意味で私は、「姿勢」と「技術」、
2つの分野において「師匠」と呼べる存在がいたことを本当に幸運に思うと同時に、
これを単に私の「思い出アルバム」にしまっておくだけでは罰当たりだと感じます。
私が教えてもらったことを、どう自分が表現し、あるいは後の世代に伝えていくか。
これが、小太刀さんの話を、わずかながらもようやく理解できるようになってきた私の、
次にやらなければならないことなのだと思います。



今日の「女子会」では、ショウちゃんや瑛ちゃんも、
思うところを明るく楽しく述べてくれたので、会全体が朗らかでした(笑)。

『すずめのおやど』というお店はたくさんのお客さんで混み合っていて、
料金も手頃で、お料理も美味しく、すき焼き鍋も美味しかったなあ〜。

20110223.JPG



二次会(といっても『ガスト』ですが)からは礼奈ちゃんも乱入し、
山盛りポテトフライをがむしゃらに食べていました。
「ポテトにマヨネーズは合わない」と言いながらも、
ポテトにマヨネーズを大量に付けて食べていました。

乱立する部内カップルの話になると、
私がその話題に興味のないことが、みなさんにすぐにバレましたね〜!
(私は、いかにも自然に聞いているつもりだったのですが…)



私は、小太刀さんの付き人をしたり、家事や雑用をしたりなど、
そういった意味での弟子としての“修業”はしていませんが、
小太刀さんが私のことを弟子だと思ってくれていること、
そしてそのことを嬉しく思ってくれていることは、私にとって励みになります。

師匠がいるということは、本当に精神的に大きな意味を持つと思います。
「小太刀の弟子です」と言っても他人からは嘲笑されることが多いのですが
(小太刀さん、ごめんなさい)、
この人がいるおかげで、私はいつも救われてきたような気がします。
ただ、師匠のクセに私よりしっかりしていない部分が多々あるので、
別にそこを直してもらいたいとは思いませんが、カバーするのは大変です(笑)。
しかし、それも弟子にとっては楽しいことなんですよね。
あんまり普通の人には理解できないかもしれませんが、そういうことでしょう。

今日は、小太刀さんやショウちゃん、
瑛ちゃんとじっくりお話しできて、とても楽しかったです。
女子力が高まりました。



<きょうの党首討論>

さて、菅直人政権が始まってから、2回目の党首討論。

もちろん、私は政治・政局報道が専門分野ですが
(得意分野であるかは別として)、
「ショー」という観点から見ても、党首討論という制度は面白いと感じます。

党首同士の迫力が伝わってきて、国会本会議の代表質問なんかよりよっぽど面白い。
周囲の傍聴議員たちも熱気に満ちていて、まるで古代ローマの「コロシアム」かのよう。

自民党の谷垣禎一総裁も、公明党の山口那津男代表も、
私なんかが言うのはおこがましいですが、「話が上手い」です。
アメリカの政治家のスピーチを連想させるような場面もあり、
日本の議員同士、党首同士の討論にこういった「ショー」の部分が現れてきたことは
決して悪いことではないと思います。



★私のお気に入りシーン
21:42 谷垣総裁
22:33 菅首相
24:22 谷垣総裁
30:10 谷垣総裁
38:30 山口代表
43:41 山口代表

党首討論で、首相に質問できるのは「野党」の党首のみです。
「菅首相VS谷垣総裁」は35分、「菅首相VS山口代表」は10分。
この持ち時間は、その政党の国会議員数によって割り当てられます。
社民党や共産党、みんなの党など他の野党は議員数が少なく、
規定議員数に達していないため、党首討論に参加することができません。

あくまで個人的意見ですが、2回に1回、3回に1回ぐらいは条件を緩和して、
少数政党にも党首討論に参加する機会を持たせてもいいのではないかな、と思います。
posted at 23:59 | Comment(0) | 白黒日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2011年02月18日

「チンマニズム、珍萬、チンマン。」(その2) 『チンマンったー』スタート!! & 『週刊エロノミスト』再スタート!!


本日は、前回大好評をいただいたブログ特別企画
「チンマニズム、珍萬、チンマン。」の第2弾をお送りします。

まずは、私からのとても嬉しいお知らせです。
Twitterユーザーを主なターゲットにしたアプリ
チンマンったー』を開発しました。



もはや言うまでもないことですが、
「珍萬思想」とは、四千年に及ぶ中国の歴史・思想史において
極めて重要な役割を果たした思想哲学であり、
その21世紀における派生新系統として「チンマニズム」が生まれ、
現在、アジア、ヨーロッパを中心に大きな注目を集めています。

「珍萬思想」と「チンマニズム」には若干の思想的な異なりがあるのですが、
詳細は私の過去の論文を読んでいただくとして、
ここでは『チンマンったー』という新しいアプリについてご説明します。
http://shindanmaker.com/89725

この『チンマンったー』は、
先述した「珍萬思想」「チンマニズム」を
初めて学ぶ方のために開発されたもので、
あなたの名前を入力するだけで、あなたにお勧めのチンマニスト
(珍萬思想、ならびにチンマニズムの学術者)をご提案するアプリです。

このアプリは、Twitterユーザーのために、
米国Twitter社からオファーを受けて開発したものですが、
これはTwitterユーザー以外の方も気軽にご利用いただけますので、
インターネットを使える環境にある方はぜひご利用下さい(無料です)。



なお、チンマニストと自称することに資格免許は必要ないので
チンマニストを名乗ることは誰にでも可能であり、
そういった観点から申せば、世界中には数百万、
いや、数千万という単位のチンマニストがいらっしゃるかもしれませんが、
この『チンマンったー』では、
誰もが知る歴史的に偉大なチンマニストのみをご紹介しています。

ぜひ、『チンマンったー』であなたにお勧めだと表示された
チンマニストの著書などを読んでみて、
珍萬思想に対する理解を深めていただければな、と思います。

チンマンったー
http://shindanmaker.com/89725


 ------------------------------------------------


さて、私は以前から『週刊エロノミスト』などから
「日本を代表するチンマニスト」「現代珍萬思想研究の第一人者」などと
光栄にも持ち上げていただいておりますが(笑)、
その『週刊エロノミスト』が、この度、パワーアップして復活します。

私も、本年(2011年)より客員執行役員として編集作業に立ち会い、
一部記事の執筆なども担当しております。
私の微弱なコネクションを活かし、
豪華執筆陣にもコラムなどを担当していただいており、
大変見応えのある形で“再出発”を果たしますので、ぜひお買い求め下さい。

お近くの書店でご予約いただいても嬉しいですし、
『なかだしポルノ・ショップ』渋谷南口店でご予約された場合には
特別企画として「予約特典」が付きます。
「予約特典」が何かは秘密ですが、きっと気に入ってもらえると思います。



それでは、今夜は特別に
『週刊エロノミスト <再出発号>』の主な目次をご覧いただきましょう
(『週刊エロノミスト』有料メールマガジン創刊号からの一部転載です)。

★☆★週刊エロノミスト★☆★
有料メールマガジン
創刊号



〜ご挨拶〜

はじめまして。
『週刊エロノミスト』編集部のタナベです。
この有料メールマガジンでは、深みある経済ニュースを発信し続けている『週刊エロノミスト』の最新情報を配信いたします。



〜今週号の目次〜

@緊急企画『チンマニズムは世界を救えるか』
  男と女のチンマニズム・レッスン/チンマニズムに魅せられた経営者たち/チンマニズム思想の背景にフリーメイソンの陰?

Aバレンタインデー終了記念『ここまで来た!チンマンチョコレート大特集』
  気になる男子にチンマンチョコレートを贈ろう/チンマンチョコレートでアンチ・エイジング/美味かろう、勃ちやすかろう/すぐできる!簡単チンマンチョコレートの作り方

B復活!人気コラム『ゴムは要らへん!ガンジー永田の非装着主義』
  第0721回「挿入に貴錢なし」

C中国四千年…珍萬思想!東京23区チンマン・パワースポット徹底紹介マップ
  御茶ノ水イキまくり神社/下落合の白濁ベンチ/烏山でチンパンジーがチンマン自慰に

Dチン棒・マン公の天気予報〜この先10年編〜
  僕の名前はチン棒/僕の名前はマン公/二人合わせてチンマンだ/君と僕とでマンチンだ

E古典文学への招待
  第12回『真・珍萬滸伝』/誰もが知る名文…「我、珍萬結合嘱望。一転、珍萬快進撃不可。我、不勃起、及、不感。」に隠された意味とは

F北朝鮮拉致実行犯 チン・マンス独占インタビュー1760分
  「私はTENGAイ孤独」/喜び組の手作りバイアグラ/将軍様の愛人・チンモ

Gスクープ!ザ・リビドールズの名作アルバム『イエロー・ヤリマクリン』制作秘話
  今だから言える衝撃告白/チンポール・マンカートニー「僕は間違えてモロ出ししちゃったんだ(笑)」/チンコ・スター「今考えれば、ジョンは早漏がちだった」

H悲しみの訃報 汁男優一筋45年、カウパー岸井さん逝く
  デビュー作では12連射/なかなか出なくて焦った夜/逆に止まらず慌てた昼

I元祖週刊モラシばなし
  皇太子さまが初めて見たAVとは?/高田馬場人気デリヘル嬢が語った!仙谷前官房長官の味/さかなクン、最新ディルドに大興奮/藤井フミヤ夢精

Jエジプト版ボッキリークスで暴露!ムバラク股間ミサイル構想にホワイトハウス騒然
  オバマ、執務室で失禁/ヒラリー・クリントンは濡れまくり/チンコウ妊娠中絶をめぐり揺れる米国

Kベニー・ケーの縁戚、ペニー・スーさんが語る「エロス・ミュージックと世界平和」
  ゴスペル・セックスの歴史的変遷/忘れられない無修正音楽/ニューハンプシャーでペニバンライブ

LWeeklyカラオケ特訓帳
  酷評さゆり『バレンタイン・ペニッス』/しゃぶりましょうか先走り隊/KGB48『ベビー・ローション』

Mついにバレた!大相撲八百長の真実
  ガチムチ力士…裸と裸の絡み合い/主食は「マンチンライフのコンニャク自慰畑」/今夜も親方「ごっつぁんです」

N韓国ドラマ『美棒<チンマン>ですね』が女子高生に人気のワケ
  主演俳優、パクパク・シタイネの全裸シーン/女子高生が喘ぎ録画/韓国芸能界アーッアーッの高視聴率

ほか 独占記事多数!



〜編集後記〜

今週も、『週刊エロノミスト』は定価780円で、高品質な国際経済ニュースをお届けします。
お近くの「なかだしポルノ・ショップ」渋谷南口店にてお買い求め下さい。
今週号も、お楽しみに☆
(※お買い求めいただくためには、事前に『3Peace倶楽部』正会員登録が必要です。今なら登録費30万円キャッシュバックキャンペーン実施中!)



〜メールマガジン発行〜

(有)栗と栗鼠出版
http://www.chinman.com/

ぜひみなさん、新しく生まれ変わった『週刊エロノミスト』、
そして新しく始まった『チンマンったー』をよろしくお願いします。

(※なお、私の過去のツイートまとめは『ゆめブログ』でご覧いただけます。)
posted at 23:59 | Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |

2011年02月16日

バレンタイン思想哲学講座 「チンマニズム、珍萬、チンマン。」(その1)


2011年2月14日から開始した、
バレンタインデーを記念しての「チンマニズム・キャンペーン」。

主に私のTwitterアカウントで展開していますが、
「ブログでまとめを閲覧したい」というみなさまからのご要望にお応えして、
ここで公開いたします。
「Twitterでのツイートを見逃してしまった!」という渡辺信者のみなさんも、
これで時代の流れに乗るのが遅れずに済みますね。

なお、「チンマニズム」「珍萬思想」「チンマン(珍萬)」とは何なのか?
私は「チンマニズム」を通して、世界市民に何を伝えたいのか?
――などは、あえてここでは明記いたしません。
ツイートの文脈から読み取っていただければ幸いです。

それでは、どうぞ。

@nico_lemoned 横から闖入(横チン)失礼します、『週刊エロノミスト』編集部の渡辺です。只今、チンマン自慰プロジェクト進行中です。チンマニズム特集を期間限定で無修正公開しています。人気コラム「ゴムは要らへん!ガンジー永田の非装着主義」も好評連載中。ぜひ一度お覗き下さい。
@nico_lemoned 珍萬謝々!我、珍萬結合嘱望、珍萬爆撃推奨。一転、快進撃成功不可、理由即、我、珍萬不勃起、及 不感。珍萬、希望内包。二十一世紀型珍萬化学、是即、仮性男子也。謝々!珍萬〜♪ http://www.chinman.com/shibata_rie
中国の古典『真 珍萬滸伝』第十三巻の一節、「我、彼方在熱願、珍萬消費、及 結合。」からは、当時の中国(唐)が戦乱状態にあったことが読み取れる。なぜ、芳慶(Hou Kei)は落城に及び腰となり、玩遮(Gan Sya)や黄透(Ki Tou)は一時的にせよ栄光を勝ち得たのか。
@nico_lemoned チンさん、こんにちは!お久しぶりです!昨年は「マンチンライフのコンニャク自慰畑」の件でお世話になりました。お陰様で、1月23日に自己破産致しました!現在、ゲイビデオ販売業で生計を勃てています。すいません、女性にする会話じゃないかもしれません(^^;)
「あれれー?蘭姉ちゃん!こんなところにちぢれ毛が落ちてるよー!おかしいなあー?」
@mitsuyoshi1990さんのフォロワーは「まさかTLが『チンマニズム』『珍萬』『マンチンライフ』『チンマン自慰』なんて単語で埋まるとは思っていなかった。早くリムーブしたい」と思っています。 http://chinmanmaker.com/072 #syabetter
珍萬謝々! RT @obukio: やめてやれwww RT @mitsuyoshi1990: 「あれれー?蘭姉ちゃん!こんなところにちぢれ毛が落ちてるよー!おかしいなあー?」
mitsuyoshi1990のバレンタインデーを漢字二文字で表すと…【 珍 萬 】 http://shindanmaker.com/87588 やったー!ありがとう神様!
@giryooo 今日チンマンチョコレート持って行けずにごめんなさい(><) ここ最近、チンマニズム企画の影響で忙しくて…。珍萬詫々!
おー、チンさんこんにちは!珍萬謝々! RT @hira_hira_s: @mitsuyoshi1990 いえいえどんでもございません。あの夜、大変盛り上がれたのは光義さんが「アナル絶頂冬景色」を歌ってくれたからだと思います。また機会があればよろしくお願いします
チンマン関連で私に絡まれた人のツイートが、みなさんことごとく面倒くさそうなのが可哀想。喜々としてチンマンネタに反応して下さるのはニコさんぐらいか。ニコさんは昔からチンマン大好きだもんなあ。でも、そもそもチンマンって何なんだろうね。
珍萬謝々!いわゆるチンコンデスク・ミルクだね!チン坊とマン坊が連結決算したときに、チンマニズムは昇華するんだと思う。溜めときます! RT @giryooo: @mitsuyoshi1990 ホワイトデーにチンマンによって生まれたなにか白濁したアイテムを期待します!
おー、ソレがよろしい!珍萬謝々! RT @SsatoriK: @mitsuyoshi1990 腰を酷使した結果でへる・にあ子さんとのお付き合いまで発展しましたからね…これからはなるたけ使わないように過ごします…
我、爆笑!珍萬謝々! RT @chubby49: タイムラインがいろんなバレンタインで埋まっていく。くやしいから俺はASIMOの動画を見る、いいからお前らも見てみろよ。ASIMO。10回みたらもう虜だから。



01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg
18.jpg19.jpg
20.jpg
21.jpg
22.jpg
23.jpg
24.jpg
25.jpg
26.jpg
27.jpg
28.jpg
29.jpg
30.jpg
31.jpg
32.jpg
33.jpg
34.jpg
35.jpg
36.jpg
37.jpg
38.jpg
39.jpg
40.jpg
41.jpg
42.jpg
43.jpg
44.jpg
45.jpg
46.jpg
47.jpg
48.jpg
49.jpg
50.jpg
51.jpg
52.jpg
53.jpg
54.jpg
55.jpg
56.jpg


※なお、私のつぶやきまとめは「ゆめブログ」でお読みいただけました。
posted at 23:59 | Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする |
(C) Copyright 2009 - 2017 MITSUYOSHI WATANABE